メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週のキャミィちゃん

今日、21時30分現在、キャミィのバトルポイントは2998、勝率46.7%、ウルコンフィニッシュ58回、スパコンフィニッシュ4回、勝利数196、という戦績です。

ネットワーク対戦をする時間帯がまちまちなので全体的なデータは決してとれないが、私がプレイした中ではここ最近は対戦相手がキャミィ、さくら、のi2人が意外に多かった。印象です。

私の周りには最強のダルシム遣い、狡猾な豪鬼遣い、基本に忠実なさくら、春麗遣い、手強いケン遣い、が重複はするが、結構いらっしゃって、彼らとの対戦で修業させて貰っているので、前述のキャラ相手では相手がよほどのレベルでない限り負けることはない。

ケン、さくらに関しては強い人はそつなく、隙がないので更なる鍛錬が必要だ。

それにしても勝率が5割に回復することができない。

プレーヤーポイントも700、800…と右肩上がりになることはなく、500前後を往来するばかりだ。

キャミィでプレイしていて、一番やりにくいのは「待ち」、で対処されることだ。

上級プレーヤーになるとターゲットコンポ、連続技を確実に決められてしまう。

あと、中級プレーヤーでもザンギエフ、アベルなど掴みキャラに投げを打たれる事があると負けてしまうこともある。

技自体のバリエーションが私のキャミィの場合、キャノンスパイク、スパイラルアローが基本でしかないので相手との距離感を把握、確実に技を決めることが重要なのだ。

戦いの中に答えがある。

また来週!
[PR]
by nash5g31. | 2010-05-28 21:57 | ゲーム

キャミィ対戦報告

ネットワーク対戦は「いつプレイするのか!?」、これが案外重要だったりする。

PS3、スト4、などとなると小学生のお子様から中高生、社会人、ニート、ゲーマー、などプレーヤーの年齢層は曜日、時間帯によって様々だ。

最初にプレイしたゴールデンウィークは発売後そんなに日数たってないのもあるが、祝日ということもあって昼間はさほど負けた気がしなかった。

けれども、1週間あいだをとって久々にプレイしたのは深夜帯だったり、平日の夜だったりでプレイしてみるとさすがに一筋縄では勝てません。

えーーーーーーっと、それって言うのは言い訳かもしれません。

私の主力プレーヤーは『キャミィ』です。

対戦相手云々以前に私の強さの尺度はスト4、というよりか格闘ゲームでは基本である、波動拳コマンド(下→斜め右下→右)が出したいときに出るか否かが勝敗の90%以上を占める。

キャミィで言うところの『スパイラルアロー』、です。

失敗すれば対空技の『キャノンストライク』がポンポン出ます。

接近戦になれば『キャノンストライク』だけで勝てたりすることもできますが、距離をとる相手だと『スパイラルアロー』で飛び込み(もぐりこみ)、『キャノンストライク』などでダメージを与える、飛び道具のないハンデキャップを背負っているキャミィにとってはこの戦法が基本戦術であるのですが、『スパイラルアロー』ができないとなると話にならないのだ。

そんな私のキャミィの対戦成績は現在バトルランクC、バトルポイント1843、勝率47.12%、ウルコンフィニッシュ29回、スパコンフィニッシュ3回、勝利回数93回、という感じです。


春麗、ダルシム、ぺガ、ルーファス、ディージェイ、アドンには100%勝てて、剛拳、キャミィ、T.ホーク、まこと、リュウ、いぶき、豪鬼、ガイ、さくら、ダッドリーには50%以上の勝率。

ジュリ、ザンギエフ、アベル、ケン、ブランカ、パルログ、フェイロン、コーディー、エル・フォルテ、などは対戦回数が少ないこともあるが、苦手なキャラも存在しつつあります。

最高に勝利してもオフェンスA、ディフェンスC、テクニカルA、がほとんどです。

キャミィの醍醐味は「攻めて!攻めて!攻めて!」こそのキャラ。接戦の中に勝機を見出してナンボ、なのだが、中には勝負の駆け引きで『待ち』、の戦いをしてくる方もいらっしゃいます。

そんな方相手に不用意に『スパイラルアロー』、のところを『キャノンストライク』を出してしまうと、さァ大変。投げられたり、逆に技決められたりしてしまいます。

私自身のキー入力(コマンド入力)の甘さがあるものの、キャミィ自体のスピードある動きで相手に的を絞らせずに仕合を有利に進めることも多々あります。

相手が焦って、近接戦となるとこちらに勝機が転がり込むこともあるのです。

今回の「スーパースト4」はスピード勝負なところも要素としてあると思われます。

今の私のキャミィに対する課題は相手の防御を破る連続技の修得であります。

また機会を設けて「キャミィ対戦報告」を行いたいと思います。
[PR]
by nash5g31. | 2010-05-15 00:13 | ゲーム

沖縄問題と鳩山総理と…

何に対しての「抑止力」なのだろうか?

中国、なんて言ったら非難轟々なんでしょう。

北朝鮮、なんでしょうが、沖縄にあってどこまで抑止力がはたらくのでしょう?

日本においてのアメリカ軍の基地問題は自民党政権時代は棚上げされてた問題でそれを問題提起したことに関しては一定の評価はあるのかもしれないが、「移転する」と明言しときながら結局はできないような雰囲気になっている鳩山総理の発言は引責問題にならざるをえないだろう。

鳩山総理の責任も大きいが、どうしてここ近年の日本の総理大臣には優秀な側近がいないのだろう?

『それは言いすぎですよ』、と諌める人がいないものなのかねぇ。

なにも「3月までに…」やら「5月末までに…」、なんて自ら手カセ、足カセ付けなくても政治なんてコロコロ変わるもの、外交なんて綿密な根回しが必要なもの。

そんなの政治家やってなくても判るでしょうが…。

自らを愚か、というのは構わない。謙遜ともとれるから。しかしながら、総理という立場で自らを愚か、というなかれ。

私は愚かかもしれないが、私は閣僚に恵まれている、リーダーという立場では懸命に努力する、という姿勢を保っていたならば「三国志」の劉備玄徳ばりに人気をキープできたことでしょう。

沖縄の米軍基地問題を「少なくとも県外移設」、と言ったら納得して貰える候補地は北方四島か竹島ぐらいしかないでしょう。

実現はかなり低いですが…。

けれども、それくらいの提案をして日本におけるアメリカ軍の駐留は縮小の方向性を模索すべき時代に入らなければならないように思えるのだ。

アメリカ軍に変わって自衛隊が国防を担う。

これでいいじゃないですか。

自衛隊が軍隊か?否か?、日本が軍拡を始めた、という物議を再燃させてしまうが、日中関係はアメリカ抜きで話し合わなければわならないし、北朝鮮問題もアメリカが絡むからややこしい側面も持ち合わせている。

こんなのやってみないことには『たられば』話に過ぎない。

政権が自民党から民主党に変わって『チェンジ』か?、と思いきや『見直し』、ばかりである。

国家ビジョンがない、と言われるのも道理だ。

このままだ日本の将来は非常に暗い。

どうすれば明るくなるんでしょう?
[PR]
by NASH5G31. | 2010-05-06 15:10 | マツリゴト

スーパーストリートファイターⅣ

「スーパーストリートファイターⅣ」を昨日、一昨日とネットワーク対戦をしてみました。

1日目がサガット、2日目がキャミィでの参戦。

前作の「ストⅣ」でも上記2名が私が操作するメインキャラでありました。

今作はキャラも10人増えて35人、KOF並みの豪華キャストです。

2日間で対戦した中で多く対戦したのが①ガイ②ジュリ③イブキだったように思えます。

◆ガイ
一見するとスピード感溢れるキャラで攻めて良し、守ってよし、と思われるのか、過去のストⅡ時代(私はKOF派でしたので存じ上げませんが…)から人気だったのか、はたまた偶然なのかよく対戦しました。しかし、飛び道具がなく、スライディングさえ気をつければ怖い相手ではなかったです。結構勝たせて戴きました。

◆ジュリ
私も使いたいキャラですが、まだ、技の習得をしていないので、ネットワーク戦では使用していません。見るからに中距離間合いの戦法で接近戦に弱い、というのを弱い対戦相手は露呈してたり、強い人は風破刃を巧く使いこなしていました。キャラ自体は性格がKOFのマチュア、技はB・ジェニー、ジョン・フーンに似てます。

◆イブキ
このキャラとの対戦はほとんど勝てなかったです。攻めては連続技、飛び道具も効果的。対策が必要と感じました。

その他の新キャラとの対戦した感想を述べておくと…

◆ダッドリー
発売日にプレイして比較的使いやすいキャラと感じました。技の出が速く、性能はサガットに通づるものがあり、KOFの山崎竜二ばりのサドマゾを彷彿とさせる当て身系の技。

今作のスーパーストⅣはウルトラコンポが選択制で1つ増えたのだが、当て身系の技が増えている。

ダッドリーの話に戻ると技の強さ、キレ、派手さと申し分ない。使っていても爽快です。彼を極めてバイソンに勝たネバダ!

◆まこと
突進系のパワーファイター。かなり強いし、私の苦手なキャラかもしれません。T永さんは好んで使いそうですが…。丹田錬気・攻め型からウルコンされると大逆転もできてしまう。隙がないのも魅力の一つです。

◆アドン
サガット使用時によく対戦しましたが、全く勝てなかった…。動きについていけない、タイガーニーが当たらない、タイガーアッパーカットが少し効果的?という感じで、翻弄されてしまいました。ジャガー春日…じゃなかった、ジャガートゥースとライジングジャガーの対策が急務だ。

◆コーディ
彼も人気あるキャラで時々対戦しましたが、プレーヤーによって戦法が異なるので、掴みどころの少ない印象を持ちました。KOFだと七枷社に近いのだろうか?

◆T.ホーク
あまり対戦しませんでしたが、掴まれると滅法強い。機動力のあるザンギエフ、ってとこです。こちらから飛び込んでいくことはしたくないですね。向こうからヒョイヒョイやってくるところを対空技を当てていって勝機を見出す感じです。KOFだとクラークを巨大化した感じでしょうかねぇ。

◆ハカン
1回ほどしか対戦してませんが、明らかに上級者向けですね。オイルシャワーをタイミング良く使わないと自分のペースに持っていけません。…その間は無防備な訳ですから。

◆ディージェイ
あまり対戦してませんが、勝った印象はなく、かといって負けた印象もない。コメントは次回に持ち越しですかね…。

以上が新キャラの感想です。KOFのキャラだと近いの誰かを一部記してますが、あくまでイメージです。カプコムさんに抗議するつもりなんてさらさらないです。

むしろ、プレステ3版で「カプコムvsSNK2011」(仮題)とか作って欲しいです。

あと、対戦したところで気になった点としては今作ではしゃがみキック、しゃがみガードが重要だな、と改めて思いました。

思ったものの、ガードはほとんどできない私。

勝利しても「オフェンスA・ディフェンスC・テクニックA」の評価が最高の私。

今回はリュウやケンと対戦する機会がほとんどなかったが、本当に強い人はこの主人公たちや豪鬼、ダルシムを使用してくる(←めっちゃ身内な話)。

今作はラッシュ、連続技を繰り出せるか否かが勝敗を分けるかもしれない。

前作強い相手と思ったことないエル・フォルテ。私がガードしないだけなのか、相手がテクニシャンだったのか、セービングの連続攻撃をなかなか防ぎきれずに、そのあと大技くらってしまった。

とりあえず、まだ戦いは始まったばかり。

またレポートします。
[PR]
by nash5g31. | 2010-05-06 11:36 | ゲーム