メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

24シーズン7と…

昨夜、「24シーズン7」を観終わった。

いつもながらの怒涛の展開。

延べ3日かかってジャック・バウアー7度目の24時間を目撃しました。

ここ近年の「24」は2部構成が多い。

今回の「シーズン7」は大きくは1つだが、3部、というか無理矢理「24」にしている。

今回は23時間30分で事件は解決、収拾していた。

それよりもなによりも、今作は後半ね主人公たるジャック・バウアーはほとんど活躍らしい活躍がない。

ネタバレするかもしれませんので、まだ見てない方、見ようとする方はこの後は御覧にならないほうがいいかもしれません。

























前半の捜査段階のクライマックスの過程でジャックはウイルス兵器にさらされて感染してしまう。

伝染性ではないため、その後も捜査には参加するものの、痛みに耐えかねて肝心なところで寝転がってしまうことが幾度とある。

こんな無力化状態のジャックを見てしまうのは忍びないです、ホント。

今回のエピソード、というのはこれまでずーーーーーーっと暗躍していたアメリカ政府に盾突く組織の中枢まで取り沙汰されてストーリーに深みを持たせているし、今回『いい人』『いい奴』だったトニー・アルメイダが悪者として全編通して登場していた(途中はジャックの相棒的活躍をしていたが…)。

この「シーズン7」はテレビドラマとして始まる前に「24 リデプション」、と題してシーズン6とシーズン7の間を埋める1本の映画的なドラマが存在している。

この伏線的な作品は更なる掘り下げをしているし、「シーズン7」自体を深みある作品にしている。

この「シーズン7」、残念だった内容としては、テロを阻止して政府やその機関に埋伏している反政府の要人リストをスパイがいるかもしれない、と最初の段階で危惧してたからこそ元CTUのメンバーが独自に活動していたのに、そのリストがすべて入ったハードディスクを何の迷いもなくFBIの元へ分析を依頼したこと、この1点に尽きます。

話は全然、別の視点になりますが、「24」と「メタルギア」シリーズ、って凄く似ている。

「24」で反政府の活動する黒幕組織なんて「メタルギア」の『らりるれろ』、と酷似してます。

「シーズン7」で後半、やたら痛み止め注射するジャックと「メタルギアソリッド4」で気力を回復するために注射しまくるソリッド・スネークがダブっちゃいます。

シチュエーションが似てて、どちらも単独隠密行動。潜入捜査。

「24」もPS3とかでゲームとか作ったら大ヒットすること間違いないです。

倫理的な規制がかなりキワドイ感じになるかもしれませんが…。

「シーズン7」で印象的だったのはジャックがこれまでの所業(?)を懺悔したことでしょう。

また、ジャックの行ってきた決断が他の人ならどう感じるのか?『疑似ジャック体験』を特にFBI捜査官ルネ・ウォーカーは体感している風に見えた。

「シーズン8」があるならば、ジャックの近くにルネはきっといるだろう。

「シーズン8」があるならば、トニーは何らかのカタチで脱獄して再びジャックと活動を共にするだろう。

「24」の最大の弱みはシーズンを重ねてきているから仕方ないのだが、ジャックと対決できうる敵役がいないことだ。

いないから、品を変え、人を変えシーズンの中で敵役を次から次へと増やして行っている。

シーズン通してジャックに匹敵する敵役がいないのがこれからの課題である。

ジャックのクローンとかが敵役だったらかなり面白いが、そうなると演者のはキーファー・サザーランドが大変でありましょう。
[PR]
by nash5g31. | 2009-12-25 23:58 | ドラマ(シリーズ)

寒さ対策2009

温暖化、となっているはずなのに年々、寒さが身に沁みるような気がする。

私は盆地地形の奈良育ち。

家は木造一戸建て。

そういうと「お金持ち」、と思われるがそれは大きな誤解であるし、木造家屋はところどころ隙間だらけで、盆地で底冷えする上に、隙間風で冬になるとシモヤケは必須、家の中にあっても凍えてた記憶があります。

十数年前から一人暮らしを始めて大阪に住むが、これまで冬が寒いと感じた事はなかった。

奈良の身体の芯から冷える寒さに比べたら大阪の冬なんてたいしたことない。

そう感じてたのは一昨年までだったのかもしれない。

2年前、引っ越ししてエアコンのない部屋を借りた。

夏場はともかく、冬に暖房を使うのは数回だったので、暖房器具は足元を温めるホットカーペットだけで充分だったが、去年は年末にストーブを急きょ買ってしまった。

今年は12月初旬にして『空気が寒いなぁ~』、と感じてしまう。

ここでエアコンがベストなのだが、こんな冬時期に工事して貰うのは嫌だ、ということでやはりエアコンは却下。

石油ファンヒーターは温いのは評価するが、灯油を買いに寒空の外出をしないといけないのでこれも却下。

ガスファンヒーターならばガス栓もファンヒーター用にあるのでうってつけなのだが、バスガス爆発、よろしくもしものときの不安は否めないのでこれも却下。

本命はオイルヒーターが理想なのだが、これはかなり電気代を食ってしまうのは家電業界に携わっている者としてはNG家電であるのでこれも却下。

省エネオイルヒーター作れないものですかねぇ~。

空間を温める家電は以上に尽きる。加湿器などもあるが、これは湿度の問題。ほんのりです。気持ちの問題です。

敷き毛布を買いましょうかね。

燗酒を飲みましょうかね。

恋人をつくりましょうかね。
[PR]
by NASH5G31. | 2009-12-10 21:38 | ヒトリゴト

メタルギアソリッド4

9月にPS3購入して、少しプレイして、先月後半に再開して、この水曜木曜の連休で何とかクリアできました。

プレステ2にて「メタルギアソリッド2」をプレイして、その世界観にはまってしまい、原点の「メタルギアソリッド」もプレイした。

「メタルギアソリッド3」は途中で滞っている。

やらねば…!!!

今作はストーリーとしては進み、完結している。集大成的な作品に仕上がっている、というのが総評です。

「1」に原点回帰しているところや、「2」で活躍した雷電が超人的なサポートをしてくれるところや、「3」で始まったストーリーの帰結を消化している(であろう)ところの3位一体(さんみいったい)の表現が駆使されている。

駆使されているので、今作が「メタルギア」ヴァージンであっても充分楽しめる作品に仕上がっている。

願わくはプレステ3で過去の「メタルギア」シリーズをプレイできるように焼き直しして貰いたいものです。

今作「4」はこれまでのスニーキング・アクションの要素を持ち合わせているものの、FPSみたく戦いに身を置いても充分楽しめる作品である。

それを可能にしたのは『ドレピンポイント』、に尽きるでしょう。

これまでの「メタルギア」は単身、武器なしで敵地に侵入して使える武器を入手するも、時には弾切れしたりしたものだったが、今作に関してはありあまる武器、ありあまる弾薬がある。

この状況は「メタルギア」シリーズとしては賛否別れるところでしょう。

CQCも使わないといけない必須ポイントは少ないですし、撃ち殺してしまう方が楽ちん、と思うのは今作が最初で最後でしょう。

原点回帰を果たし、ストーリー的には納得するところも多かったが、結局のところソリッド・スネーク、リキッド・スネークの2人の葛藤、生き様は何なのだったのだ!?、という気持ちも生まれてしまう。

リキッドの野心は今作で軌道修正されたせいなのか、妙に丸くなってた感がある。

ソリッドは気力だけのファイターになり下がってしまった。気力のあるなしで「こんなに違うのかーー!!」、と思うことしばしばありました。

今のところストーリーの全体像、判っているようで判ってなかったりします。

語れるようになったら、また記事、アップします。

今宵はこのへんまで、、、、。
[PR]
by nash5g31. | 2009-12-04 23:22 | ゲーム