メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

殺人事件を考える

近年、残虐な殺人が増えているような気がする、といいうか増えているはずです。

東京でのマンション隣人殺害バラバラ事件、なんていうのはその最たるもので、加害者である犯人の星島某なんて親族からすれば、「信じられない」、とコメントしていたが、近年の殺人事件、って『まじめな人』、『いい人』、『優秀な人』、が平気で残虐な殺人をしでかしてしまう、というケースが実に多い印象を受ける。

僭越ながら、私自身、知人、友人からすれば上記の人物像にあてはまる率が非常に多いし、私自身もオフィシャルでは否定しない。

故に犯人のある種の狂気、動機、息切れ、眩暈、、、、救心、救心。

失礼。コトバに戯れてしまいました。

なんとなく殺害に至る理由がわかる気もします。

まじめな人ほど「まじめじゃない」、というストレスを持ってますし、いい人、ほど「いい人じゃない」、反覆したものを多かれ少なかれ持ち合わせています。

それらが蓄積されて何かの拍子に『爆発』、するのが『殺人』、につながるのですが、そこは私個人は納得できない、というか完全に理解はできないです。

社会人になると日々、殺したい人って誰かしらいます。

状況判断できない人、都市生活不適合者、不潔な人、無視された人、サルのような知能レベルの輩などなど…。

けれども殺人に至らないのは「殺すほど価値のあるものではない」、という判断がされるからです。

大抵の人はそういうリミッターがあります。当然私にもあります(あるからこうしてブログも書けています)。

そのリミッターがなくなった人が殺人の衝動にかられるのでしょう。

殺人は衝動だけでは成立しません。

あとは状況やタイミングです。

被害者の方は状況、タイミング、運が悪かったとしか言いようがないです。

もはや安心できる場所なんて公共の場所、共有の場所には皆無、と考えるのが良いのかもしれません。

家が我が城、外は敵陣、敵を作るか作らないかはその人次第。周囲には注意、警戒を払うのに損はなし。

こういった残忍な犯行に巻き込まれないためにも普段からすべきことは、毎日の、曜日ごとの生活パターンを一定にしないこと。パターンが一定になってしまう場合はズラすことができない公共、共有のスペースでの行動、状況に細心の注意を払うこと。

このブログ、見て下さっている知人、友人の方は私の事をそれなりに知って頂けているので大体はご理解いただけると信じますが、私の素性、人となり、人格、品格、なんかを知らない方はこの記事の内容でドン引き、なり拒否反応なりされるかもしれませんが、ここでお断りを入れておきますと、私自身は殺人をする人ではないですし、アブナイ素性の人ではございません。精神的に病んでる人でもありませんので、今後とも我がブログを宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-30 23:00 | ヒトリゴト

老山龍・ラオシャンロン

街でひとりではニッチもサッチも行かず、ジャンボ村へ帰った十兵衛。

竜頭殻もなんとかゲットしたことで工房のレベルアップもできたジャンボ村。

そこに伝説の鍛冶屋がやってきた(ニンジャソード造ってもらいやした)。

またラオです。

テオテスカトルも出現。

とりあえず、村ならモンスターも弱いであろう、という推測の元、もういっぺんラオシャンロンに挑んだ。

防具はディアブロス系。武器は龍属性の大剣・ティルタニア。

食事で攻撃力アップ、大タル爆弾G、大タル爆弾持参で、臨む。

前半は頭中心に攻撃。角は結構簡単に破壊できちゃいます。

爆弾は各エリアの侵入の際に頭を目標にボム!

侵攻する方向にガシガシと斬っては前進、を繰り返す。途中立ち上がったりするときは腹を攻撃。

エリアを抜ける際に注意したいのはラオの尻尾。

体力はほぼ満タンに戻しておき、早めに回避するのが安全ではあるが、最後まで粘って一度攻撃を受けてあとは防御でやりすごすのも一手。

連撃されると死んじゃいます。

書き忘れてましたが、クエスト開始直後のエリアで大剣ではラオの侵攻を眺めてるしかないし、最初に攻撃できるまでは若干タイムラグが発生する。

この間、最終砦に移動するエリアでイーオスが計9匹ほどたむろっている。最終手段として大砲の弾をスムースに運ぶためにも一掃しとくのが得策。

この最終手段を行う場合に備えて、強走薬、モドリ玉も持参しとこう。

最終の砦前で十兵衛は砥石を余分に持っていなかったことに気づく。

「やっちまった~、不覚…」

けれども、この期に及んで引き下がれぬ。ここからは頭より腹をガムシャラに攻撃。龍属性の攻撃力を信じて…。

この砦にやってきたときにバリスタの砲台は予め発射照準をつけとくべし。

残り10分前で焦らずに遮二無二攻撃は継続。

時折、ラオが咆哮したときに砦の防御力を確認。

5分前でバリスタ、大砲撃つために上がるべきか、攻撃を続けるべきかどちらがいいのかは不明。ただ、上がるのなら注意が必要。体当たりをしてくるのでダメージは必至。

村のラオはとりあえず撃退できたらいいや、砥石も持ってなかったんで、大剣攻撃をひたすら続けることにした。これでダメなら次はバリスタ使おう!、そう思った十兵衛だった。

するとどうだろう、撃退どころか倒せてしまいました。

祝、ラオシャンロン単独討伐~!!!!

その次もラオ撃破(砥石もちゃんと持っていきました)。

ジャンボ村では祭りが行われましたとさ。
[PR]
by nash5g31. | 2008-05-23 08:23 | モンハン

ハンターランク22

先日、ようやくハンターランクが22になった。

これでようやく古龍・ラオシャンロンと対戦ができる。

できる、といっても参加できるだけであって一人ではとてもじゃないが、撃退できない。

サブクエスト狙いで向かうも、鱗ぐらいしか獲れない。

ただ、「G」に比べて攻撃はしやすくなっている気がする。

砦が堅牢になっているだけかもしれないが、時間内で砦防御力は0にはならない。ならないが、撃退させるほどダメージは与えられない。

一人では限界を感じてしまう今日このごろ…。

オンでのクエでは未だ、ディアブロス、赤フルフル、グラビモス、が倒せずに負けたり、リタイアしてばかり。

防御力も、攻撃力も現状いっぱいいっぱい。

ランスやハンマー遣いになれば攻撃力は上がるかもしれないが、どうも大剣や片手剣のようには使いこなせない(前作「G」からそうだ)。

オンでは協力者を求めるのが、クエ攻略の近道なのかもしれないが、気心知れたフレンドハンター探しからとなると「ドス」は少々閉鎖的な感じなので、というかこれまで同行を求めることがなかった拙者が閉鎖的なだけなのかもしれない。

ルーキーランドに出没してみようか…。
[PR]
by nash5g31. | 2008-05-22 16:33 | モンハン

橋下大阪府知事に物申す

まだ最終決断はしていないが、ここ数ヶ月の橋下大阪府知事の「公人」、としての言動は何となく理解できないことが多い。

大阪府が巨額の負債を抱えていて、夕張市と似たような状況である、危機的状況なのは実感こそはないにしろ、そう言うならそうなんでしょう、という感覚的な事はわかる。

わかる、が夕張市と大阪府の違いもある。

人口、若年層の割合、などは夕張市よりも多いはずだ。

府知事は府政と民間企業の経営を比較して論議を繰り返している。

それは正攻法であるかもしれないが、これまでの公務員業どっぷり、府政の慣例みたいなのに慣れ親しんできた人からすれば急展開すぎるんでしょう。

ある公務員が言っていた「民間と公務員は違う」、これもまた正論である。

それでも、橋下府知事は引き下がらずに「文化は失くして行っても残るのが文化だ」、というニュアンスの発言をした。

ゆえに、府が運営するする施設を廻って廃止するか否かの検討をしているそうな。

廃止前提です。

文化の芽を摘む作業をしている府知事。

気づいてるのでしょうか?

府政を緊縮する結果、残ったのが文化なのかもしれないが、そもそも現代に文化なんてあるんでしょうか?

文化を選別するほど府知事はエライんでしょうか?

疑問ばかりが脳裏を錯綜します。

本当に大阪府政を考えるならば、公務員は借金完済まで一律、最低賃金にすればいい。

公共施設は廃止をする前に値上げをすればいい。

公共事業の見直しを検討すればいい。

大企業の誘致を促進すればいい。

まずは公務員、公人、法人のサイドでやれることをやって欲しい。

それでもダメなら府民に対して説明した上に税金を上げるなりすればいい。

橋下府知事は何となく性急に事を運ぼうとしているように思えてならない。

熟考せずに場当たり的に行動しているように見えてしまっている。

このブログを書くきっかけになったのは数日前の高石市のスケートリンク廃止を検討、という報道を見たときだ。

私自身スケートなんて何の関係も利害もないのだが、「ジャンプのできる数少ないスケートリンク」、として地方からも練習にやってくる、という事を知り、高橋大輔選手もこのリンクの出身だという。

これって生まれてきた文化なような気がしてならない。

それを摘む、可能性があるという。

直感的に非道に思えたのだ。

橋下府知事の行う、施策が完遂すれば府政は良くなるもというか健全にはなるでしょう。

しかし、その反面、これまで培われてきた文化は困窮し、これから芽吹こうとする文化は搾取されて殺伐とした府政になるかもしれません。

もっと良く考えて欲しいです。

まだ考えをまとめる時期であって欲しいです。

文化は政治のやり方ひとつで生かされもするし、殺されもすることを知って欲しいです。
[PR]
by nash5g31. | 2008-05-16 23:43 | ヒトリゴト

自殺&殺人

硫化水素での自殺、女子高生の殺人、いまの日本の事件、犯罪、ってどうしようもない連鎖性がある。無意味な連鎖、不必要な連鎖、くだらない連鎖。

ある薬剤とある薬剤を混ぜて殺傷性あるガスを発生させて人生くだらないことで疲れて自殺を考えた輩が死ぬのは一向に構わないが、周囲の住民を巻き込むのは戴けない。

自殺は推奨しないし、人間としてやってはいけないことだとは思うが、やるんなら他人に、親族に迷惑かけずに『やれ!』、と言いたい。

身勝手に自殺はするな!、するなら10年、20年判らないくらいに墓石、葬式代残して、段取りして自殺しろ!、っと進言したいです。

殺人も近年は愉快犯、というか猟奇殺人が増加傾向にあるように思える。

こういう殺人事件、って必ずしもタイムリーに報道することが犯人逮捕にプラスにはたらくようにはあまり思えない。

ニュースでも、ワイドショーにも取り上げられてしまうのは自己顕示欲の強そうな犯人にとっては思う壺、というか願ったり叶ったり、のように思えてならない。

それよりかは犯人が第二の犯行を促すのを狙って敢えて第一の犯罪を伏せるのが得策のような気がする。

人の命、って奪うものでもないし、自ら絶つものではない、すべての人は生まれながらに天寿を全うすべきナニカを持っているはずです。

『死んだほうがラク』、なんて生きてるときにどれだけ、どれほど苦労、苦難を味わったの言うのだ!?と問いたい。

『自分ひとりが死んだとしても世界は変わらない』、なんて主張する自殺志願者には傲慢な主観を修正、粛清したいですね。

人間の可能性って考え方ひとつで何とでもなるし、いくらでも伸ばしていけるものだが、どこかで安易にあきらめてしまったり、絶望したりする人が死に急いだり、他人に死を課したりするんでしょう。

死を考えてる人、殺人を切望する人は相反するようで共通項も多分にあるように思えます。もっと自身の可能性、を考えたり、変えたりする勇気があれば生きる方向、生かす方向に向かえると私は考えます。

自殺する勇気あるなら、死ぬ気でもっと別のことに打ち込めるはずです。

人を殺す勇気があるなら、女子高生を殺すよりも、老人や日本の国力になってない男性を殺すべきで、女、子供を殺すのは愚の骨頂です。

女、子供殺すんなら自殺しろっ!、と進言致します。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-09 23:46 | ヒトリゴト

日中関係

もしも、パンダが死んでなかったら、今回の中国首相の訪日での日本にとっての収穫は全くなかったのかもしれない、のでしょうか?

私にはさっぱり解りませぬ。

ガス田やら、チベットやら、毒入り餃子やら日中に関わる問題って案外山積されていますが、政治的、外交的歩み寄りなんてほとんどされていないのが実情でしょう。

ガス田で中国側が譲歩するはずもなく、チベット問題なんて内政干渉だし、毒入り餃子はなんかうやむやにされてる感じで本来ならマスメディアはもっと盛り上げるべきところだが、そういうことはせずに、パンダ死んだ事で中国は日本にパンダをレンタルするという…。

ODAではなく巨額のパンダレンタル料を払う福田内閣。

そんなにパンダ必要ですか?

そんなに中国のご機嫌獲りをしないと経済がうまいこと行かないんでしょうか?

確かにこの先半世紀スパンで、ざっくり展望してみても中国はどんどんと経済が急成長する反面、日本は高齢化社会、が一層促進されてトータルの国力、国民総生産などは下降線の方向なのだし、中国産の食料はどのみち頼らざるを得ない状況であることには変わりがない。

そんな先読みをいまの政治家がしているかどうかはわからないが、日本人特有の『長いものには巻かれろ』、の精神での外交なのかもしれない。

日本共産党は現状の中国のやり方、態度、姿勢、ってどんな評価なんでしょうか?
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-08 22:04 | マツリゴト

シリーズ・北京五輪を考える。

北京五輪を控えて「食の安全」、ってどうなの?、という特集を先日されていた。


で、思ったのは中国の近代、って模倣の文化でしかない、食の安全管理もままならない、ということだ。


オリンピックの施設ではそんなことはないだろうが、中国の庶民は野菜を専用洗剤で洗うという習慣を持っていることだ。


これだけで、「えーーーっ!!!」、と拒否反応を示す人がたくさんいらっしゃるだろう。


けれども、そうした、そうさせたのは日本だったりするのだ。


中国への技術協力(?)、で『農薬使いなさい』、『農薬使えば野菜は育ちます』、と日本が教えた故に中国人は野菜を洗剤で洗っている、という習慣がある。


今ある中国、北京五輪ができるまでになった中国があるのは日本のODA、協力、支援があったのが一因であるとも言える。


一連の聖火リレーの事例は政治的で、五輪にも影響あるかもしれないが、実際始まってしまえば然程影響もないかもしれないが、選手村での食事なんかとなると、五輪開催自体、中国の威信にも大きな影響を及ぼしてしまう。


それは中国政府が一番よく心得ていることであろうが、ここで中国と食について考えてみる。


人間は食文化と医療技術が進んでいれば長寿命、という視点で、中国の平均寿命を調べてみた。2005年のデータでは男女平均72.5歳、で68位。ちなみに日本は82.3歳で1位。しかしながら、ここで面白いデータがある。国別なのに香港、という区分けがあり、順位を見てみると男性79.1歳で2位、女性84.9歳で2位、男女平均81.9歳で2位、という上位にランキング。



商業主義が平均寿命を高める、のでしょうか?



「北京五輪で食中毒」


「北京五輪で環境汚染」


「北京五輪でマラソン中止」


「北京五輪で死者多数」


↑んなことにならないように平和的に、とは言いません、穏便に終わって欲しいものです。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-02 00:22 | イエローアラート

復活

数の論理で「ガソリン税暫定税率」、が復活した。


車を所持していない私にとってはどーでもいい話であるが、日本の将来を憂う者としては残念、というか浅はかな決議だったように思えてならない。


なぜ、福田総理は消費税を上げなかったのだろう?


議論自体がされてなかったから?


暫定税率は充分議論されていたのか?


道路財源なんてあと20年もすればさほど何も言われなくなるだろう。


道路財源なんて道路造ってナンボの短絡的な事をあーだこーだ言ってるから政治が非常に希薄に見えてしまうんでしょう。


地方の道路事情は解る部分もあるが、その地方の道路をその地方の人がどれだけ利用するかとなると30パーセントにも満たない気がする。


それならば現状の道路を利用する人に対して優遇措置を執ることを考えても良いのではないだろうか?


道路なんていろいろ造っても利用するのは1つのルート。「空いてるから遠回りしよう」、と思う人なんてまずいない。


現状は団塊の世代、その子の世代が車を乗り回しているので、どこもかしこも車だらけ、車社会だが、あと10年、20年もすれば車の数は激減してゆく。


医療費、介護費がかさむ状況になってゆく。


道路特定財源の一般財源化はあながち間違ってない。


間違ってないのに元に戻してしまう。


何考えてんの?福田はん!?


今回の一件は政権交代に拍車をかけてしまった。


ただ、民主党も芸がない。


反対の一辺倒で、対案を出していない。


反対だけなら共産党でもできる、っちゅーねん!


どーして福田内閣は消費税を上げることをしなかったのだろうか?


昨日の会見の福田総理の言葉をそのままにしても消費税はすんなり上げることができたような気がするのだが…。


まぁ、5月からも食品関係は値上がりする傾向にあるが、現在の議席数、将来における懸案、を加味して考えるなら消費税とりあえず2%アップでも暫定税率復活より歳入はあるように思えるのだが…。


早ければ秋にも衆議院解散総選挙があるのかもしれないが、仮に民主党が大躍進で政権与党になったところで、いきなり消費税アップはないでしょう。暫定税率撤廃も怪しいもんです。


何を歳入財源にするんでしょ?


福田総理の会見での発言は国民によりというか小沢党首に向けられたもののように思えます。


これで向こう3年は消費税上がらない※、とここで予言しときます。




※注:補償は一切ありません。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-01 00:12 | マツリゴト