メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北京オリンピック

北京五輪はどーなるんでしょ?

ギクシャクした聖火リレーは私の人生の中では前代未聞。スポーツの祭典が政治的手段、外交問題に発展してしまっている。

ここにきてダライラマ14世が動き活発だ。

このオッサン、…失礼、チベット仏教の長の外見、容姿は生理的に『崇高な人』、と思えない。

チベット問題なんて全く興味なかったし、知らなかったのでネットの百科事典で調べて目を通してみたが、それでもよーわからぬ。

なぜ、オリンピック開催時期に暴動が起きたり、ダライラマが蠢動したりするんだ?

中華人民共和国のひとりよがりな政治手法が発端だったりするらしいが、それでも、どーしてこの時期に?

結果論的に言えば効果的である。五輪開会式に不参加国が増えてきている流れだし…。

けれども、実際チベット自治区、ダライラマ一派が活動するなら、北京に五輪誘致が決まった時でも良かったはず。

だのに、五輪開催直前にアクションを起こすのは計画的な行動に思えてならない。

誘致した当初に活動するよりも、開催直前に行動するほうがインパクト、影響あるのは間違いない。

わかりますよ。

しかしながら、そこまで行動するならば、ダライラマはアメリカに行くよりも、チベットに戻るべきである。

亡命政府などと称されるままじゃなく、チベットを国として独立させる行動をとるべきである。

この騒動を傍観していると「どーして、チベットは独立国家になり得ないのか?」、という疑問がぬぐいきれない。

中国にとってチベットは重要な存在なのだろうか?

漢民族が主要な人種たる中国は古代の頃からその周辺の異民族の侵入を何度となく受けてきた国家である。

チベットなんて別に必要ないんじゃないの?

必要なの?

西方浄土(ヒマラヤ?)の意味合いは日本における富士山並みに「漢民族世界一」、的思考で必要なエリアなのでしょうか?

いずれにおいても、北京オリンピックを目標にして来ている選手が可哀相である。

なんだかんだ書いているうちに諸悪の根源はIOC、オリンピックを北京に、と決めたオリンピック連盟が一番罪が重いのかもしれない。
[PR]
by nash5g31. | 2008-04-11 23:26 | ヒトリゴト

フライトプラン

日曜洋画劇場を久々にオンタイムで観た。

大概は観たい映画であっても録画して観るのが通例だが、HDDの残量の都合もあり、オンタイムで観た。

作品はジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」。

乗客であるはずの娘が突如飛行機内で行方不明。その母がジョディの役どころ。

巻き込まれ型、のヒッチコック的サスペンスであろう、と公開当初は期待していて、機会あらば劇場へ足を運ぼうかと思っていたが、結局叶わず、という映画だっただけにオンタイムで観る決意(言えば大袈裟かもしれないが…)があった。

飛行機での長旅ゆえに、ふと、ウトウトと眠ってしまったことが事の発端に…。

ここで少し興ざめ。

もし、ジョディが眠らなかったらどうしたんだろう?

娘がはしゃいでたらどうだったんだろう?

この映画の本質、本題に辿り着けないことだったでしょう。

………

中盤以降で一番身近にいた人物が犯人と判った時に結末が一気に見えてしまった。

爆弾の起爆装置の存在が軽視されていたことには非常に体たらくなサスペンスものになってしまった。

ヒッチコックならどう脚色しただろう?

主人公は男性で、キャビンアテンダントとのロマンスの一つでも作り出したかもしれない。

サスペンス映画なら後半、スリリングな展開があるのだが、この作品では後半は凄く落ち着いて観ることができた。

すなわち、スリリングでもサスペンスフルでもなく、「結果待ち」、でしかなかった。

グレタ・スカッキはどこで出てたんだろう?

ショーン・ビーンはいつもながら損な役回り。

ジョディ・フォスターは配役としては少し強すぎたかもしれない。

全体としては消化不良。

限定空間過ぎてサスペンス要素が半減してしまった。
[PR]
by nash5g31. | 2008-04-07 00:06 | ムービー

ガソリン値下げ

ガソリンが結局値下げになった。


数ヶ月前、サブプライムローン問題のあおりを受けたり、石油採掘量の問題やらで石油に関連する商品、食品は値上げする方向だと日本国民は誰しも思っていたはずだ。


それが、原材料100パーセント(だよね)のガソリンだけが値下げだなんて…。


原油高云々の事情ではなく、ガソリンに課けられていた暫定税率が失効した故の値下げ。


海外から見れば「原油高なのにガソリン値下げ?」、で日本は改めて不思議の国と認識されていることでしょう。


道路族、と称される政治家や地方知事が暫定税率再開に動いているようだが、道路整備って未だに国家事業なのが問題な気がする。


未だに何年も前からの道路建設中、整備中の風景に出くわすことがある。これまで道路は作るばかりで日本全国道路だらけになっている。


けれども、使われる道路、って限られている。使われる頻度の低い道路でも整備は必要だ。


これでは永続的な資金が必要であるのは明らかでしょう。


暫定税率、道路特定財源の議論の中に不要道路の新たな改革、を加えるべきです。


それとは並行してガソリンに代わる燃料の開発や自動車の優遇的措置を行うことに現状の道路族はその重要性、先見性に気づくべきだ。


日本は資源の少ない国家なのだから…。
[PR]
by nash5g31. | 2008-04-05 11:37