メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クローザー

「クローザー」第2シーズンが現在LaLaTVでオンエアされているのだが、刑事ドラマのカタチが昔に比べて面白味が薄れてる中、ストーリー、手法に関して魅力あるドラマに仕上がっている。


昔の刑事ドラマ、って犯人の人権無視、主人公の刑事の独断(刑事の直感)で事件を解決する痛快さがウケていた。


それがいつからだろう?「ヒルストリートブルース」「マイアミ・バイス」、あたりから内務監査で警察内部でのもう一つのダークなドラマ展開があったりして、最近では「シールド」、「CSI」シリーズ、といった刑事ドラマはそういう影の部分もドラマの題材として取り上げられている。「24」もそういう部分が往々にして取り沙汰されているが、このドラマシリーズに関しては規定、規格は現在の刑事ドラマの枠を設けているが、結果的にやり方はダーティ・ハリーに匹敵するぐらいの破天荒な活躍を描いているのが主眼となっているので、例外中の例外のドラマである。


さて、「クローザー」はロサンゼルスが舞台で警察組織としてはLAPDという警察組織はある中、特捜班のチーフとして東海岸から招聘されたブレンダ・ジョンソンが主人公でシーズン1ではいきなり特捜班のトップとなった主人公ブレンダと部下との確執があったりしたものの洞察力、尋問スキル、の力量とブレンダ自身の魅力が部下たちに納得、共感を得れてチームとしてまとまったところで終了。今回放映中のシーズン2ではそのチームワークが秀逸となっている。最近の刑事ドラマは犯罪者にもそれなりの権利があり、弁護士がしゃシャリ出てくるなんてザラにあるし、出てくると厄介な場合が多い。それを利用するときもあるし、そこらへんを巧くかわして思わず自供させてしまうブレンダの力量、手腕、すなわち脚本、設定、を上手くドラマ作りをしているのがこの「クローザー」、であるのだ。


かつて「ナッシュ・ブリッジス」、という舞台はサンフランシスコで特捜班の刑事ドラマがあり、これはこれで好きなドラマであったが、こちらは表題の主人公があまりに有能すぎてストーリー性が希薄になってしまっていた。最終シーズンで方向転換を図ったが、お気楽路線→シリアス路線の急激な変化は違和感がありすぎた。


「クローザー」は脇役が数多いだけで、有能なのか無能なのかが判断つかない場合もあったり、単に分担制の配役なのだと言われればそうなのかもしれないが、各々に個性が随所に見られたりする。


兎にも角にも主人公ブレンダ役のキーラ・セルジウィックの魅力が全開しているからこそ、脇も光るのだろうが、落ち着いた大人のドラマ、というのもあるだろう。エンディングのしっとりした曲調もイイ。


御覧頂ける機会があれば一度見てみて下さいませ。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-22 23:43 | ムービー

BORG

もう何年も前から手に入れたい、プレイしてみたい、とマニアックに欲していた「スタートレック・ボーグ アルティメット インタラクティヴ・ムービー」、をついに手に入れる事ができた。

2000年発売のソフトで、DVDであるが、ストーリーの中で選択肢があり、その決断でストーリー展開、結末が変わる(それがインタラクティヴ)というものだ。

題材は「新スタートレック」、マニア向けにはTNGで生み出された新キャラクター、ハイブリッド生命体・ボーグにまつわるものである。

ウルフ359の戦闘で亡くなった父を救うべく、歴史を変える決意をQ、という神のごとき能力を持つQ連続体の彼の手助けを得て過去に戻るのだが、、、。

キャストは「新スタートレック」の準レギュラー「Q役」のジョン・デ・ランシーがストーリーテラーであり、アシスタントであり、妨害者であり、鬱陶しい存在であり、独壇場であり、この傍若無人さを体験したいがために手に入れたかったのです。

主人公が士官候補生であるだけに、Qの対応は〔エンタープライズ号〕艦長のピカードと比べると結構上から目線、口調で、悪態をつくさまは原作を知らない人でもイラッとくること間違いなしでしょう。

少し間違えればすぐにゲームオーバー、若干の再チャレンジの余地はあれども、スタートレックを知ってるものであっても、ゲームオーバーの確率は案外高いゲームソフトとなっています。

こんな方式のゲームってあれに似てます。

『○川君殺人事件』、というある実在するかつての出来事、教師をモチーフにした紙ベースのインタラクティヴ・アドベンチャーゲーム。

めっちゃマニアック!!

知ってる人は10人もいないシロモノ!!

懐かしさが二重にこみ上げてくるソフトです。

年末年始、じっくり楽しんでみたいと思います。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-21 23:45 | スタートレック

液晶とプラズマ

年末年始、来年は特に「北京オリンピック」もあるので、テレビ販売業界はアツくなりそうです。

液晶テレビはシャープが王者。東芝がその座を獲ろうと躍進。ソニーも復活を果たしている観あり。

プラズマはパナソニックのシェアが高いが、『薄型テレビ』、として大くくりとすると1位はシャープ、2位パナソニック、となっている。

薄型テレビ、というくくりは個人的に非常に違和感を感じてしまう。

私自身がパナソニック、松下電器にお世話になっているから言うわけではないが、「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の性能は根本的に違うのに大くくりで「薄型テレビ」、というのは結果的に「液晶テレビ」に有効となっている現状がある。



事実を言います。




液晶テレビの映像はバックライト照射のため、映像画面の奥には蛍光灯がある方式での映像です。

プラズマテレビは自然発光式なので従来見ていたブラウン管に近い感じの映像です。

動画での処理能力や色再現力はプラズマが圧倒的に優れています。

ただ、人間の眼は機械よりも優れているため、液晶でも違和感なく見れてしまいます。

それも事実ではあります。

普段眼にするものは液晶画面が圧倒的に多いです。

PCしかり、携帯しかり、、、。

ただし、ドライアイになってしまうのは液晶テレビが原因である可能性は高くなってしまいます。

テレビをじっくりご覧になられる人、ゲームをよくされる人、スポーツをテレビで観戦される人、お子さんの視力を懸念される人は是非ともプラズマテレビを購入してください。

液晶テレビは明るい明るい家電量販店ではくっきりはっきり明るく見えてしまいますが、実際家庭に置いちゃうと白っぽいでしょうし、黒潰れしちゃうところは否めないです。


プラズマ、という響きが「電磁波出てるんちゃうの!」、的な認識があるのかもしれませんが、電磁波なんて言うのは電化製品の全てが出まくってます。プラズマテレビだけが出てるわけではないです。

電磁波を気になさるなら携帯電話はPHS、ピッチにする事をオススメします。

液晶テレビ=アクオス(シャープ)が代名詞となっていますが、CMに代表されるように静止画的な表現、吉永小百合さんによるゆったりしたイメージが『安全、安心』、といったイメージがかなり先行してたり、香取慎吾のアンニュイなイメージが『安堵感』、の評価を得ているのですが、製品の能力とはまた別物なんです。

そんなプラズマ優先のコメントをしている私ですが、住まいのテレビは依然としてブラウン管です。プラズマはまだまだ安くなるので、今すぐに買うべき商品ではない気はします。2011年の段階でプラズマ買うぐらいでも充分だと考えています。

液晶買う人、買いたい人は取り合えず、買えばいいんです。

逆ギレではないです。

テレビをどれだけ見るか、どこまで真剣に見るか、なんて個人差があるでしょうし、、、。

ただ、知って貰いたいです。大くくりの「薄型テレビ」、は大きな、決定的な違いがあることを…。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-20 00:19 | ヒトリゴト

ココット村

ココット村に凱旋(十兵衛としては初めて。前作[モンハンG]ではDAXとしてプレイしていたため)。


ヒーローブレイドは元あったところに突き刺さってあった。


抜いてみようとしたが、抜けなかった。


またモノプロスを討伐せぬといけないのだろう。


その前にリオレウスなのだが、、、


攻撃力が前作以上に上昇している。


色違いは更に強いのか?、と不安が募る。


行動パターンはや攻撃パターンは変わらないのだが、ちょっとミスると攻撃を連続して喰らってしまい、瀕死になってしまう。


太陽草とアオキノコ、ハチミツなんかを備えて回復の対策をすべきなのか、防御力をアップさせるべきか、龍耐性を高めるべきか、それとも爆弾、罠を駆使するべきか?


まだ3回ほどしかトライしていないので勘が戻ってないだけかもしれないが、今のところいいところなし、である。


ココット村へ行く前にナナ・テスカトリを追撃して〔古塔〕で決戦したのが、こいつは強そうに見えて、長期戦になるな、と思ったが、見掛け倒しでした。


オープニングのラストでシルエットで登場していたのにも関わらず!


〔古塔〕へは上を遮二無二目指す前に虫アミやピッケル持参で採集、発掘したほうがいいです(解毒薬も持ってた方がいいかもね)。


ナナ・テスカトリはドドブランコの火龍版なので、動きはほぼ同じ。ブレスに注意して毒系の武器で左後ろ足を攻撃すれば簡単に倒せるはずです。体力を上げとけば爆風に耐えられます。自信のない方はモドリ玉を持ってた方がいいです。


最上階はコロシアムになってますので後戻りできませんから。


〔森と丘〕では新キャラクターとしてチャチャブーという半獣人が登場します。モンスターリストで擬態する、と知り『攻殻みたいに光学迷彩でも着てるのか!?』、と思いましたが、『これはモンハン、おそらくカメレオンみたいな擬態なんだろう』、と考え直しましたが、まさかあれが擬態だなんて、、、。


動きは攻撃してるのか、攻撃くらってるのかが判別つきにくいヤヤコシイ動きをします。


持ってるものがアレだからあの動きなのでしょうね。


宿泊先は村長の家ではなく、別のハンターと同棲。


十兵衛はゲイではござらぬ。


もし、女性ハンターでプレイしてたら別の宿をあてがわれたのだろうか?


〔砂漠〕や〔沼地〕、〔火山〕などは前作のマップであればより一層ハッピーな気分になれただろう。



以上、十兵衛のつぶやきでした。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-19 00:02 | モンハン

アリシア!

アリシア・キーズの新譜を購入して半月が経つだろうか、、、。

すごくイイです。

それに尽きます。

ファーストシングルカットとなっている「NO ONE」、をフジテレビ「とくダネ」でゲスト出演して生歌を聴いてその日のうちに即買いとなった新譜。

昔に比べて音楽情報のアンテナが錆びてしまっているワタシです。

今回のCDはこれまでのアリシア楽曲の中ではパワフルさを感じてしまう。唄い方を変えているのか、グラディス・ナイト、フィリス・ハイマン、ディオンヌ・ワークイック、という感じの声の調子が全編から伝わってくる。

3曲目の「スーパーウーマン」、なんて題名こそ同じで曲自体は同じではないが、グラディス・ナイトへのオマージュなのかなぁ、と勝手に想いを馳せてしまってたりしてしまう。

このアルバムでアリシアはかなりパワフルな楽曲を作り出している。

元々、ピアノを活用するアーティストには注意、好みを払ってきた私にとって新星として登場してきたアリシアは気になる存在、それ以上でした。けれども、新人でいきなりグラミーを獲得、というところは少し残念でした。メジャー志向ではない私にとっては、、、、。

けれども、才能が開花したセカンド・アルバムは彼女の音楽性の現状、将来、未来、を充分過ぎるほど顕していました。アンプラグドでのCDは最高の出来です。

最高だった故に、新譜は聴く前は不安があったりしましたが、そんな余計な不安を殺いでしまうほど今回の新譜はこれまでのアリシアとは違う魅力溢れたCDに仕上がっています。

日本公演あれば、是非とも生唄聴きたいです。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-18 21:17 | アーティスト

食品の問題あれこれ

食品の賞味期限にまつわるニュースが絶えない。


そんなに目くじら立ててしまうような問題ではない、と個人的には静観していた。


ただ、企業モラルが低下しているんだなぁ~、とニュースを見るたび思ってしまう。


厳密に賞味期限という枠というか設定をするならば、老舗の飲食店なんて『秘伝のタレ』、『創業以来(だいたい江戸時代あたり)から追い足ししている醤油系のソース』、なんかは、おもいっきり賞味期限も消費期限も越えている!!



でも、それらは「(絶妙のコクがあったりして)美味しい~!!」、なんていう理由で許容されてしまう。



ニュースになっているのって内部告発的なものが殆どなのでしょう。元・従業員が何かの理由で解雇させられた腹いせにネットに流したり…、みたいな理由で。


〔赤福〕のように賞味期限改ざんに加えて、期限切れのものを再生産(?)というかリサイクル(?)して利益率ダウンを免れていた、というのはヒドイ話であるが、その後のいろんな食品での賞味期限の改ざんの報道、って今月から小麦粉製品、石油製品の値上げをするある種の布石であるように考えてしまったりする。




かなり飛躍してしまっているね(←自分にツッコミ)。




日本は資源輸入国です。今年になって「原油高で石油製品あがるで!(なぜか関西弁)」、やら、「バイオエタノールの生産で小麦や果物なんかも値上げや!」、などのニュースで心構えはできていたが、対策なんてほとんどの消費者がしていないのが現状。


消費者は(私も含め)資源輸入国、である認識が希薄になっている。


昔より品物が安く買えるようになって、それが普通、それが当たり前、に思っている。


単に値上げをすれば企業イメージが低下してしまう。ならば、一つクッションとして賞味期限改ざん、で値上げをカモフラージュ、ってうがった見方をしてしまう。




賞味期限と消費期限は違います。


賞味期限はおいしく食べられる期日が表示、消費期限は食品の成分が変化しちゃうYO!の期日が表示、です(←私見)。


賞味期限なんてすべてが神経質になって気にすることはない。調理の仕方で解消できてしまう。あくまで家庭、消費者サイドの対策です。

企業側は賞味期限の説明をパッケージに判りやすいように表示するなり、2段階の賞味期限を設けるなりをすればいい。

なんでもかんでも「賞味期限が切れたから、即廃棄!」、では企業理念としてベターなのかもしれないが、資源輸入国、エコロジーを認識していない。


『もったいない精神』を企業は持ち合わせて欲しい。


そうしないとこの先、値上げに拍車がかかってしまいそうな気がする。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-18 04:55 | レッドアラート