メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大晦日の格闘番組

大晦日、奇しくもⅠT業界から買収の標的にされた放送局の格闘技特番が恒例になりつつある。

歌が飽きて、ガチンコ格闘技。

男の裸を年の瀬に見る習慣はどうも馴染めない。

〔PRIDE〕なんて寝技で勝負が決まることが多いのにわざわざ会場で見たい人の気がしれない。

〔K-1ダイナマイト〕は「○○と××の対戦、このあとすぐ」、というテロップに反してなかなか目玉の試合が行われない。山本KIDは毎年キン○マを蹴られている気がする(…私だけ?)。

今年に関しては魔沙斗が緊急参戦、というのを聞いて、どこかガチンコなのだろう?エンターテイメント優先なんだ、という気がした。その理由としては対戦相手からすればどういう気持ちで試合に臨むのだろう?ということである。

格闘技観戦は決して嫌いな方ではないが、そのやり口や対戦方式とかがどうも気に入らない。

一発KOが鮮やかに決まることなく、判定が多かったり、TKOが多い傾向ゆえかもしれない。

かつて、マイク・タイソンがボクシング界に登場したときにはテレビを見ていてもその殺気が伝わってきた。

どうせ大晦日に視聴率を争う番組を作るならリングを平凡な四角のもので戦うのではなく、円形リングにしたり、闘技場ぽく広くしたり、舞台演出を変えてもらいたいものです。

戦う相手同士も容赦せずに腕や脚をへし折るぐらいの気概をみせてほしいものです。そういう意味では俳優から格闘家に転身した金子賢は再起不能なくらいボコボコやられてほしいものです。

なんか、なまぬるいんです。

本当のガチンコ勝負なら、もっと激しいファイトをやるべきです。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-31 00:00 | ヒトリゴト

2005年回顧と、これからの日本

2005年もまもなく終わろうとしています。

昨年から今年と不遇の歳月を過ごしている私としてはこの先の大殺界が前倒しであることを祈願するばかりです。

正月はどこへお参りに行こうかな?

世間一般では2005年を漢字一文字で表すと「愛」、だそうな。異論をとなえるなら今年は「発」でしょうか。

JR尼崎脱線事故や中国の反日デモ、スマトラ沖の大津波、ロンドン爆破テロ、といった事件事故の「勃発」、

政界にまで問題が波及しそうな構造設計偽造問題の「発覚」、

幼女誘拐殺人や改造エアガン、放火、通り魔といった事件はインターネットが「誘発」しているのかも?

郵政解散選挙で小泉自民党圧勝での「発展」はあるのでしょうか?

………、

近年は1年が早く思えるので「1年をふりかえって云々…」などで表現しにくいです。「発」は利用価値の高い漢字かもしれませぬ。

2006年以降の日本が目指す国家像、とは何なのでしょう?

先日、日本の人口が減少した、という報道があったように日本は少子高齢化の国となる。これだけでも年金問題、介護問題、先々の経済問題が浮上する。

介護問題なんて、外国(東南アジア)から雇用する動きだってある。発展すれば移民を受け入れることを余儀なくされるのではないだろうか?

年金問題は今に始まったことではないが、問題は悪化している。政府はそんなことは棚に上げて消費税大幅アップに踏み切ることでしょう。

日本は高度成長時代よりアメリカのような国づくりを目標としてきた。だからこそ、狭い国土に高速道路をはりめぐらせたりしてきた。小泉首相が「アメリカ万歳!」という方針(?)なのも致しかたない。結果、最近の経済状況は富豪か貧民という二極化になっている、という報道を耳にする。一昔前までは中流家庭が一般的だったのに…。

そんなお堅い話はきりがないので方向転換すると、日本はアメリカを目指していたのが正しかったのか?という事です。

アメリカという国は政権が民主党か共和党かによって態度が違う気がします。そこを逆手にとって日本政府も対応すべきでしょう。

いま現在、この先の未来において重要な国は中国です。わたしたちの生活に関わる衣類や食物(野菜)や電化製品などは中国製がほとんどです。中国が日本に対して輸出入禁止をすれば日本はたちまち干上がってしまうでしょう。

東シナ海での資源問題に関しては強硬路線をしてほしいですが、それ以外に対してはひたすら穏便に済ませることにして、そのうち中国に民主化運動が起これば旧ソ連のように分裂しそうですから、そうなってから中国とは対話をすれば良いのではなかろうか?

お隣韓国に対しては南北統一してからです。日本が北朝鮮に対話を求めてもどうにもなりません。韓国にその役を任せるべきです。

日本が目指すべき国はイタリアではないでしょうか?イタリアがどんな国ははっきり知りませんが、イメージとしてそんな気がします。

少子高齢化で経済力がだんだんとなくなるでしょうから、日本へ来てくれる観光客(移民はお断りです)誘致が未来の日本の課題かもしれません。

イタリアのローマ、ミラノ、ベネチア、ナポリといった有名都市を日本も量産するべきです。数撃ちゃあ当たるでしょう。

まかり間違っても年金大国スウェーデンを目指すべきではないですし、その国引き合いに出して消費税アップなんていう論理を示して欲しくない。



今年春ごろからこのブログをやりはじめましたが、一般的なブログはごく私的なことだったり、こだわっているものだったりシンプルなものが多い中、拙ブログはテーマがあるようでない、雲のような感じです(←きれいに評しすぎかな)。テーマを絞っていないのにそうそう書き表す事柄がなく、頭でまとめずに文章書きながら、半ば支離滅裂でおわることがほとんどです(昔からそうです)。

今後もこのスタイルで続けることでしょう。これからもよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-30 16:53 | ヒトリゴト

トゥルーコーリング -放映の途中ですが-

今年特に期待していたのがこのドラマ。けれども、てっきりFOXテレビで放送するかと思いきや、いつの間にかBS朝日で放映されていた。

死者の声を聴ける主人公・トゥルーが事件を解決するドラマで、日本での番組宣伝だと、〔ダークエンジェル〕並みの面白さ、だという評判だった。

エピソードを初めて見たあと、それは単に主人公の女優が〔ダークエンジェル〕のジェシカ・アルバ並みに魅力的だ、ということだけで、見事に期待を裏切られた。

死者の声が聞こえる、という着眼点は面白いし、変にSF、オカルト、ホラーという方向性ではなく、探偵や刑事の作り方。映像の質感も悪くない。

死者の声を聴いた途端、トゥルーの生活はリスタートされ、殺される元・死体を救ってエピソードは1話完結がパターンである。

何話か見ていると実にワンパターン。先日のエピソードでは3回リスタートでトゥルーは事件解決に苦心していたが、これでもワンパターンの3乗でしかない。

このドラマを見るまでは1話完結ではなく、続きものだと思っていた。1つの複雑な事件に主人公が巻き込まれて、否応なしに事件を解決していきながら真相が見えてくるストーリーだと想像していた。

ところが、1話完結。エピソードによっては殺された人間が本当に救うべき人間だったのか?、という疑問が残ったりする。犯罪の国アメリカだったら、1人の人間に照準合わせるのも不思議な話だ。一度に2、3人の死体が運ばれてきてもおかしくないのに…。

SF視点で考えると、過去を変えることは絶対にやってはならないことである。過去を変えたことで未来が平穏化どうかなんて保証できないからだ。

トゥルーが過去に戻って事件を未然に防いだことによってトゥルー自身に危害が及ぶことを想定していないし、そういうのを題材にドラマを作っていない、など見れば見るほど不満な点が見受けられる。

要は脚本家の力量不足、ってところです。

打ち切り、なのも理解できます。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-28 23:44 | ドラマ(シリーズ)

NIP/TUCK -放送の途中ですが-

「番組を見てみよう」、と思った動機は、きわどい描写のドラマということを筆頭に舞台がマイアミ、ということがありました。

性描写は確かにきわどいですが、どこかスタイリッシュであり、どこか笑える要素があります。

主人公の2人が死体を沼に沈めたことで完全犯罪を図ろうとするところがパイロット版。もっとおしゃれ度満載のドラマかと思っていたら、人間の欲だらけです。

整形外科医にやってくる人は美しくなりたい女性、事故に遭った人に大別されます。患者を通して人間ドラマ、家族ドラマ、夫婦ドラマが展開されていきます。

Dr.マクナマラとDr.トロイの主人公コンビはソニー・クロケットとリカルド・タブス、リチャード・フィッシュとジョン・ケージの2組のコンビを足して2で割った感じです。

いろんな視点からドラマを楽しめるのも魅力でしょう。

出演者も初お目見えの俳優さんばかりだけれど、なかなかいいです。マクナマラの息子の眉毛が妙に濃いのが気にはなりましたが、シーズン2からは気にならずに見れます。やっぱり!、って展開です。

同じ医療関係で、『ER』という大ヒットドラマがある。残念ながら私は見ていない。本来、手術で血がドピューとか内臓ボロ~ン、とかは好んで見たくない人です。『ER』は人命救助の医者たちの仕事と人生みたいなのを描いているのだろうが、なんか重い印象です。笑える場面て皆無じゃないでしょうか?

『NIP/TUCK』でも勿論手術のシーンは出てきます。見ようによってはこちらの方がオゲレツかもしれませんが、なんか見れちゃいます。

ただし、食事時には見ないほうが賢明です。このドラマは深夜帯に見たほうがよろしいでしょう。。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-27 13:25 | ドラマ(シリーズ)

うらない

占い、というものは基本信じないのだが、この1年余り、不遇の状態なので占いに頼ってしまうもうひとりの私が時々いる。

人間、弱い部分を補うために占いを活用する。調子のいいときは「自分の実力」、悪いときは「自らの星回り」のせいにする。

基本、占いを信じない理由のひとつとして人の性格や運命をグループ分けするのがまず信用できない。

けれども血液型占いで性格の傾向を指摘すると案外外れてないものだし、六星占術だと思っている以上に当たっている気がする、今日この頃である。

私は土星人(-)で、十二年周期だと昨年は〔財成〕、今年は〔安定〕、来年から3年間は『大殺界』なのだが、実感としては前倒しで大殺界に身を置いている気がしてならない。

日本は古代から「亀甲占い」に代表されるように政治に占いが大きく関わっているし(科学的根拠を隠蔽して大衆を治めるために演出されている面も大いに考えられるのだが…)、歴史的に民族や文化の交流、流入が脈々と受け継がれてきた結果なのでしょう。

しかしながら昔の日本は陰暦を使っていました。いまは世界基準の太陽暦。この差は案外大きいように思えます。

話がやはり大きくなって収拾つかないので、このへんでおわります。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-26 00:00 | ヒトリゴト

公務員とお茶の関係

以前から気にはなっていたのですが、なかなかブログに載せる機会に恵まれず、「今年書き忘れたことはないかなぁ~?」という趣旨のもと、思いついたのでアップさせていただきました。

何かの会議のニュース映像で公務員がテーブルを囲み、傍らには500mlのお茶のペットボトルが人数分置かれてある。

このお茶ペット(←ペットと表記したが、ペットボトルの事です。愛玩動物と勘違いしてトラックバックしてこないように)は「お~いお茶」が多い気がする。特定企業のお茶を出しているのだろうか?

そもそもこのお茶、昔は湯呑み茶碗に注がれていたはずだ。

時代も変わってペットボトルになったのだろうが、近年、そのペットボトルの横に紙コップ(もしくはプラスチック製)が置かれてある。

どちらも公費、われわれの税金からまかなわれているはずである。

たかがペットボトル、たかが紙コップ、と見過ごしてしまいがちだが、そもそも会議においてお茶を公費で用意する必要性があるのだろうか?

主婦的感覚で判断すると(とはいっても私は主婦ではないし、女性でもないのだが…)、紙コップを登場させた時点で500mlペットボトルは無駄遣いである。1.8ℓ以上のポットボトルにすべきである。

たいへん些細な事かもしれないが、中央で国会議事堂内で議員が活動している人数×日数×ペットボトルの本数、プラス地方だと地方公務員たちの会議する回数×人数×ペットボトルの本数、で計算すると結構な金額になるんじゃないかな?(←暇で知識ある人は計算してください)

些細な事かもしれませんが、そんな何気ない事でも例えば大きいペットボトルに変えることで支出減、ゴミ排出減になるなら、些細な視覚的効果で『おっ、歳出減らしているな』、と分かるのではないでしょうか?

ねぇ、公務員さんたち。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-25 17:27 | マツリゴト

ジョディ・ワトリー

邦楽のビデオクリップを久々に見ていると映画「NANA」での劇中歌(←たぶん)♪ENDLESS STORYにピン、ときた。

「ジョディ・ワトリーの曲やん!」

もう何年も前、石垣島のレンタカーで持参したテープで聴いた、アルバム「FLOWER」の中の♪IF I’M NOT IN LOVE、とメロディが同じ。

日本語と英語が混在しているこの曲を伊藤由奈は歌い上げている。それに別に構わないが、アマゾンでこのシングルのレビューを検索していると、『この曲はカバーらしいけど…云々』という評がちらほらと見受けられた。

ん?カバー、だって?

曲名も歌詞も違うのにカバー曲だというのは違っているんじゃないかなぁ。これは言うなればやはり、、、

パクリ曲

著作権の問題をクリアしているなら何ら問題ないが、かつて80年代はメジャーだったが、いまや所在不明、どこで活躍しているのか検索してもさっぱりヒットしないジョディ・ワトリーの曲を知っている人は少ないからパクってたって分からないんだろう。

洋邦問わず80~90年代のアーティストの生き残り、って難しい。いまどこでどういう活動しているアーティストなんてわんさかいる。

生き残っているアーティストは元々からメジャーな人たち。最新クリップで半ケツをおしげなく披露しているマドンナ、ヨーロッパで大成功のカイリー・ミノーグ、結局新星現れずに個性光るエアロスミス、音楽よりもゲイで脚光浴びるエルトン・ジョン、ジョージ・マイケル、推定無罪のマイケル・ジャクソンなど、かつてメジャーな活躍したアーティストはかつてのアルバムの印税で、もしくはそのネームバリューで生き残れるのだろう。

ジョディ・ワトリーはかつてシャラマーというグループのメンバーとして活躍し、ソロとなっても脚光を浴びた。アルバム「AFFECTION」ではバックボーカルも自らする曲作りをする職人アーティスト。メジャー→インディーズ系のレーベルに身を置いている故に消息不明なのだが、また新作アルバムを出して貰いたいものである。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-25 16:57 | アーティスト

未来のために… 〔有馬記念〕

ディープインパクトは2着。優勝はルメールのハーツクライ。この追い込み馬がこのレースでは先行して最後の直線抜け出す。そのままゴール。ディープも迫ってはいたが、何か呆気なく終わってしまった。

デルタブルースに期待したが、どこを走っていたのやら。今年のペリエはさっぱりだ。

ディープは単勝130円。ナリタブライアンは120円だったことを考えるとやはり調子なり、コース相性が不利にはたらいたのだろうか?

先日の予想で、「当日の武豊の騎乗ぶりに注目」、と記したが、この日は〔有馬記念〕の9レースまで2レースしか乗っていなかった。大事をとってのことなのだろうか?JRAの思惑か?

やはり武豊騎手は〔有馬記念〕が苦手なようだ。

血統的にはナスルーラ系は侮れない。

中山コースはやはり外枠不利なんでしょう。

ルメール騎手は要注意騎手に格上げです。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-25 15:47 | ケーバ

2005年〔有馬記念〕予想

〔有馬記念〕(中山・芝2500m)、〔宝塚記念〕と共に人気投票によるレース。

今年に関しては、もはや1人気ディープインパクトがどれだけの支持率でどんな勝ち方をするか?にあり、相手探しというものになる。

絶好枠、3歳ゆえに斤量は古馬より2キロ減、前走〔菊花賞〕、鞍上は武豊、とくれば死角がないに等しい。

ん?武豊と〔有馬記念〕の相性はどーなのだろう?私の記憶の中では2着が多かったような気がする。天才ジョッキー・武豊でも不得意なグレードレースの一つではなかったろうか?

ディープインパクトは無敗の三冠馬。この〔有馬記念〕でも優勝すれば、来年以降は春・秋の〔天皇賞〕に向けて『どこまで無敗が続くか?』が注目される。

連勝続きの馬でも負けるときはある。かつて連勝で〔天皇賞・秋〕に臨んだサイレンスズカはレース途中、故障発生。競争中止で東京競馬場で死んだはずだ。

ディープインパクトがそうなってほしいとは絶対に思わないが、負けるとしたらこの〔有馬記念〕ではないだろうか?、という仮説を立ててしまう。とはいってもディープを負かす馬が見当たらない。このレースにラインクラフト、シーザリオ、シックスセンス、がいれば『よもや…!』という場面もあるかもしれない。

負かす馬としてはデルタブルースか?同じ菊花賞馬同士の世代対決。ディープよりも前で競馬できるのは短い直線の中山にも合っているし、鞍上はペリエだ。
他にといえば、人気を落としていて、尚且つディープよりも前で競馬をして、4角で外に持ち出して末脚を披露してくれる前提ならスズカマンボでしょう(←条件多すぎ!!)。
展開の鍵を握るのはタップダンスシチー。全盛期のように自分のペースで逃げる競馬ができるならば…、というところですが、単にペースメーカーに終わる可能性大です。ドラマを見せてくるならこのレースなんですがね…。
ゼンノロブロイは前走でデザーモ騎手が「ゴール前で馬が止まってしまったよ」というコメントが許せない。『おまえが馬を操らんとあかんやろ!』と思ってしまう。前走と同じなら4角まわったところでゼンノロブロイは脱落なのでしょうか?
あと、〔宝塚記念〕の教訓を活かすならば牝馬2頭にも一応の注意は必要かもしれませんね。

このブログを書き出す前は『ディープ、惜敗の2着…』、と予想して最後の直線でデルタブルースとハナ差の争いを想定していたが、ブログを書き進めるうちに『やっぱり、ディープかなぁ?』と方針変更の雰囲気。

当日の武豊騎手の調子を重視して今年最後の競馬に挑みたいです。

カプラ!
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-23 17:38 | ケーバ

★たばこ★

タバコ1本あたり1円の増税。つい数年前にもタバコは値上げをされたときはカートンで買い置きしようと思っているうちに値上がってしまった。

一昔前に比べれば現在は健康ブームで、喫煙率は減少傾向にあるそうな。喫煙できるスペース(空間)が少なくなっているのは実感するが、喫煙率が減っている感じはしない。

タバコを嫌う人、吸わない人にとって喫煙者は文字通り煙たい存在。喫煙する私でも見ず知らずの他人のタバコは嫌です。特に人ごみの中、歩きタバコをする輩。

タバコの増税はその遣い道に異論を唱える人がいたりするが、税金は税金。有効に遣われるのなら大いに結構なことだ。ただ、こうも小刻みに値上げとなると販売元の日本たばこ産業は大変です。自販機のプライスを総とっかえですから…。

けれども、たばこの銘柄って多いです。多すぎます。こんなに多く発売するのは喫煙者をつなぎとめるための戦略なのでしょうが、ちょっと多すぎる気がします。
私は多くの銘柄を吸う方ですが、一般的には限定した銘柄を吸い続ける人が殆どです。JTは多くの喫煙者に多くの銘柄を吸ってもらう努力が必要でしょう。

種類を増やすよりも、愛煙家に喜ばれるサービスを考えて貰いたいものである。タバコが当たるたばこくじ、とかカートン買いすればおまけのタバコがもれなく付く、とか…。

タバコは害あるものです。それは充分認識していますが、何か物事を考えふける時に吸うタバコや、リラックスするために吸うタバコは必要です。害なのは習慣的タバコ。寝起きに一服、食後に一服、トイレで一服、これがいけない。これらは私は好んでしません。年に数回、寝タバコをします。これはいいです(火の始末は忘れずに!)。

あと、吸う煙よりも燃えている紫煙が悪い、とも言われています。タバコに火をつけたままたいして吸わずに消してしまったり、灰皿で灰だらけになったりするのは非経済的です。

喫煙する側とすれば後ろめたく吸うよりも「税金を払ってタバコを吸っている」、ということを吸わない人に理解してもらった上で吸いたいものです(←私自身もそこまで考えてはいませんが、結果的に理屈っぽくなっちゃいました)。

タバコ増税を繰り返すならば、喫煙者には『小額継続納税者』として国は表彰する制度をつくるべきでしょう。
[PR]
by nash5g31. | 2005-12-20 19:10 | ヒトリゴト