メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新IQテストの個人結果

暇だったし、「適職が分かる」、とか番宣していたので、テレビ朝日「テスト・ザ・ネイション」に視聴&参加してみた。

はっきり言って子供だまし、である。

こんな選択問題で自分に適した職業が解かるほど都合のいいことなんてない。でも、結果からすると納得するところもある。

私はIQ98でした。視聴前から日本酒を2合ばかり飲んで気楽に参加した。

ここで出題されたものしメモ用紙と筆記用具を活用すればかなり正解率がアップするだろう、と参加しながら思ってしまった。

脳のタイプは右・右型の人志向タイプだそうです。そこで導き出された適した職業はミュージシャン、映画監督、プロデューサー、デザイナー、お笑い芸人、介護士、保育士、カウンセラー、スタイリストで、同じ右・右型でもモノ志向タイプでも○○家、といった個人業的な職業に向いている感じだ。

↑は細木数子の六星占星術でも似通ったものがあり、個人的にはあまり驚きはなかった。

結果的に想定内の答えだったので、2時間半は有意義とは言えない。点数とかタイプ別でも平凡だったし…。



インターネットとテレビの融合で、アクセス数が100万を超えたそうなのだから番組としてはその時点で成功なのだろう。このシステムにはかなり資金を投入したことなのだろう。それは出演のゲストタレントの質が物語っている。ゴールデンタイムの通常の2時間枠ならばこのメンバーでは決して成立しない、とだけ述べておく。

それにしてもホリエモンは節操がない。テレ朝も視聴率をより稼ごうとするなら、楽天の三木谷社長をゲストに招くべきでしょう。

テレビのデジタル化で双方向でやりとりできる、という事を今晩初めて体験した(←これが唯一の収穫かな?)が、私は一人暮らしなので問題なくできた。けれども家族全員が参加しようとするとテレビのリモコンに1人、PCがあればそれに1人、他は携帯、もしくは筆記用具、と複数人だと各々違う媒体で参加しないといけない。これは果たして便利なのだろうか?

ま、そんな問題点なんて誰かが解決策、というか新たな提案でクリアされることでしょう。



適職を検討すると、一芸に秀でてないと私は一生適職には就けないです。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-27 21:44 | ノンジャンル

未来のために… 〔ジャパンカップ〕篇

当初予想では3歳馬ストーミーカフェが逃げる、とされていたが、内枠のタップダンスシチーが4角までレースを引っ張る展開。

直線でゼンノロブロイが抜け出すのかと思いきや、出てきたのはアルカセット。そして最後に内から追い込んできたのはハーツクライ。ゴール前はこの2頭の叩き合い。勝ったのはデットーリ騎手のアルカセット。

アルカセットはキングマンボ産駒。私としては騎手の力以上に血統が走らせた、と信じたい。

予想もしたが、当日直前になって本命をハーツクライからゼンノロブロイに変更。アルカセットは当初単穴にしていたが、人気しすぎていたのでそんなに買わなかった。

馬券買い下手です。

ゼンノロブロイの敗因は何なのだろう?鞍上がデザーモがよくなかったに違いない(宝塚も3着だったし…)。

〔ジャパンカップ〕はサンデーサイレンスが勝ちきれない!、と位置づけても良さそうだ。

ハーツクライの2着はルメール騎手の手腕?勝ちきれない馬、どこかステイゴールドを感じさせられる。

外枠はやはり割引が必要ですね。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-27 15:46 | ケーバ

悪代官はダレだ!?

姉歯・元?一級建築士の責任感のない表情、どうしても戸塚ヨットスクールの戸塚宏に見えて仕方がないヒューザーの小嶋社長…。

連日報道される、耐震偽造事件。当初、私は静観していた。正直関心がない。しかしながら、ここ最近、政治家の関与がある、と知り俄然興味を持つ始末。なぜなんだろう?自分でもわからない。

責任はだれか?今後の対応はどうするのか?マンションの耐震性とはどういったものか?

以上がおおよその報道内容であるが、有名人を追い詰めるようなごちゃごちゃしたアポなし報道には辟易してしまう。これでジャーナリズムと言えるのだろうか?

きちんと会見の場を設けてインタビューすれば良いではないか!相手側の空いている時間を決めて、それを相手側が拒否すればその旨を報道すれば公正だし、何よりもクール!

社会悪に対するジャーナリズムはクールでなきゃ!

この事件をさかのぼると、そもそもこの事件、偽造していたという事が発覚した原因って何なのだろう?関係者のリーク?政治がらみ?

単純に考えれば、すべきことを省いて見返りを儲ける人間関係の中でのけ者にされた人がいたのだろう。

「おぬしもワルのぉ~」

「いえ、お代官こそ…」

そのような台詞を聞いていたのかもしれない。



考察角度を変えてみると、支柱となる鉄筋を細くしたり、減らしたりしているらしいが、それらのマンションって建設完成までに1年くらいはかかるはず、ですよねぇ。この1年間で関東地方に地震、って結構あったような気がするんですが…。
耐震構造の基準、ってゆるぎない信頼性があるのでしょうか?
実は…姉歯氏は新しい耐震構造の設計をしていたのでは……、そうだとしたら立場逆転でしょうが…。


来いっ!関東地方に震度5強!!(検証のために是非。)


この事件の根はかなり深そうだ。姉歯が手がけた物件は関東地方以外にも三重、愛知でもいくつかあるらしい。

東海道大地震がきたら誰が設計したものでも耐震建造物でも関係なく破壊されるでしょう。それが彼にとっては救いなのだろうか?


来いっ!東海道大震災!!(冗談です。念のため。)
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-26 22:43 | レッドアラート

未来のために… 〔JCダート〕

ダートは実績馬を信じて、先行有利の東京コース、血統は予想での項目をふまえて、ここはカネヒキリを1着固定で馬単ながし。

結果はゴール前にカネヒキリ、スターキングマン、シーキングザダイヤの3頭の競り合い。何とかカネヒキリが辛勝。ひさびさに心臓が震えるレース内容でした。

タイムパラドックスは4着、サンライズバッカスは5着という結果。

カネヒキリは来年以降も楽しみの1頭だが、オッズ的には今回以上にはならないでしょう。
(ちなみに今回、単勝2.1倍の1番人気でした)

2着のシーキングザダイヤは先行力ある馬。横山騎手との相性も良さそうだったので不気味だったのです。母・シーキングザパール、母父・シーキングザゴールド、という血統も注意が必要だった。

3着のスターキングマンの母父はブラッシングルーム。ナスルーラ系ではこの血統が一番信頼性が高いかもしれない。

意外にも2番人気になったサカラート。鞍上がデットーリというだけかどうかはわからない。人気がしたので買わないでおこうと思ったが、先週の事もあったのでとりあえず押さえておきました。でも意味はなかったです。

ロベルト系はあくまで伏兵馬という扱いが妥当なのかもしれませんね。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-26 15:58 | ケーバ

JAPAN CUP 2005 予想

やっつけ仕事になってしまうが、〔ジャパンカップ〕(東京・芝2400m)を予想してみよう。

どうして「やっつけ仕事(予想)」なのか?、基本的には〔ジャパンカップ・ダート〕と近しいものがあるからだ。

外国馬VS日本馬(主に〔天皇賞秋〕組)が毎度言われる事なのだが、外国馬陣営はどこが『勝ちに来ているか?』を見極めないといけない。
そもそも、招待されて参戦しているレースなので、負けたところで言い訳がつく国際レース。

今年は凱旋門賞馬・バゴ、が注目されている。

名前の由来は何なのだろう?強そうな名前でないだけに不気味ではある。

血統的に走りそうなのはアルカセット。

日本馬はゼンノロブロイが人気するだろうが、果たしてサンデーサイレンス産駒は勝てるんだろうか?という疑問がある。確かに昨年の優勝馬ではあるが、連覇する馬なのだろうか?そこの読みが高配当と平穏の分かれ道。

血統的にはノーザンダンサー系が上位を占めている。ナスルーラ系はこの距離なんで走って当たり前。注意したいのはミスプロ系?それともロベルト系?

↑の条件を満たしているのはスズカマンボ、サンライズペガサス、ビックゴールド。でもいまいち調子がよくなさそう。

前走、異様な人気のハーツクライ。この取捨も重要なポイントだが、左回り適性があるのだろうか?
タップダンスシチーはかつてこのレースを制している。が、年齢的な衰えが危惧されますし、東京コース、2400mを逃げ切れるとは到底思えない。叩き2走目の上積みがあったとしても、、、だ。
〔天皇賞・秋〕を制したヘヴンリーロマンスはこのレースはさすがにキツイであろう。これは消せる。
アドマイヤジャパンは左回りの適性なさげなので、これも消し。

案外、こちらも平穏に収まるのだろうか?それとも久々に外国馬優勝(もしくはワン・ツー)、て事になるのかな…?
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-25 19:39 | ケーバ

前日予想・JCダート

〔ジャパンカップ・ダート〕(東京・ダート2100m)。秋のGⅠも後半となるが、正直、この次からのGⅠは予想しにくいレースばかりになる。このレースと〔ジャパンカップ〕には外国からの招待馬の取捨が予想に迷いを生じさせかねない。

日本から海外へ遠征する馬があまり勝てないのに対して、逆もしかり、なのだが、今年は外国馬軽視のトーンではない感じだ。

それでもダート戦は実力馬、コース相性が大きくモノを言う。タイムパラドックスの連覇が人気を呼ぶだろう。鞍上はペリエだし…。

注目はカネヒキリ、サンライズバッカスのダート連対率100%!、の3歳馬だ。カネヒキリは適距離だし、鞍上は武豊なので2人気に支持され、その次がサンライズバッカスだろう。距離が少しばかり長いかもしれないし、かかってしまいそうな予感もする。

次の〔ジャパンカップ〕もそうなのだが、外国馬の調教は軽いので、アテにならない。馬柱(戦績)を見てもどういう位置取りでレースをするのかがはっきりくっきりは見えてこない。参考にできるのは背負ってきた斤量だ。成績上位でも斤量が軽ければ割引してしまうし、多頭数で走っていないのも参考にする。

そんなことを踏まえて今年の外国馬で注目したいのはエキセントリック(イギリス)だ。前走、前々走が8着、というのが気にかかるが、脚質的に好位抜け出しタイプみたいなので穴馬的に押さえておきたい。

日本馬に眼を戻すと、このレースに初ダートの馬がいる。ハイアーゲームだ。『初ダートは気をつけろ!』という格言めいたものが聞こえてきそうな感じだが、どうなんでしょう?血統的にダート適性に秀でているとは思えない。

サカラートは好きな馬だが、控えた競馬をしない限り勝機はないだろう。
シーキングザダイヤも同様かもしれないが、横山が不気味だ。
ジンクライシスも穴馬かな?

結局のところ、何を軸にするべきか?に集約される。斤量的にも2㎏減であればカネヒキリが強い勝ち方をしても不思議ではない。
あれ?、カネヒキリが1番人気かも…?
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-25 16:38 | ケーバ

ALL GOOD THINGS...

スタートレック・ザ・ネクスト・ジェネレーション(略して、TNG)の放映最終日。

今年の春からTNGの再放送を改めて見たり、懐かしんで見たりしていた。それもこの最終話でおしまい…。

テレビ地上波で放送されていたのは10年以上前のことだっただろうか…。そんな時代を感じさせない数々のドラマ構成がTNGにはあった。

最終回は前後編のパターンである。地上波本放送が終わってもそれから数年間は最終エピソードを1年ごとにビデオで再放送していた。

最後の最後の場面、上級士官がポーカーを楽しんでいる。そこへジャン=リュック・ピカード艦長が初参加。

「もっと、早く来ればよかったな…」

と艦長はポツリ、と漏らす。

そこでのセリフであったり、その雰囲気に私は涙ぐんでしまう。今晩もそうなってしまった。

TNGはSFドラマという枠組みを超えて最高のドラマ、最高のエンターテイメントである。

キャラクター間の相互関係が絶妙に絡み合ってドラマは創り上げられ、何よりも親近感が感じられる。

7年間に及ぶテレビシリーズを経て、劇場映画を4本製作されている。

『ジェネレーションズ』『ファースト・コンタクト』『インサレクション-叛乱-』『ネメシス』が劇場映画のタイトルだ。
『ネメシス』でデータ少佐が自己犠牲でピカード艦長を救い、レギュラーメンバーの半数がエンタープライズを去る、という結末で、新たにムーブメントを起したスタートレックも終息を迎えた、のたが、噂の段階で、スタートレックの続編が製作されるそうな。

現在のハリウッド、アメリカ映画制作は脚本不足で低迷している。「スパイターマン」「バットマン」といったアメコミが映画化されるのはCG技術が向上した要因もあるが、ネタ不足なのだ。かつてのヒット作の続編や、日本のホラー映画のリメイクとかも元をただせば映画化する脚本不足なのだ(だから、「24」や「マイアミバイス」といったテレビドラマが映画化される、という方向性がある)。

「ネメシス」においてデータ少佐は死んでしまうが、保険としてB-4というデータのプロトタイプを置き土産がある。脚本に説得力があれば、平行世界のデータを復活させることもできるし、Qがデータを甦らせることだってあり、といえばあり、だろう。他の上級士官がエンタープライズに乗艦していないとしても、ピカード艦長がエンタープライズ艦長である限り、招集は100パーセント可能である。

次回映画が噂される、その題材は24世紀が舞台ではなく、21世紀とからしい。スタートレックにおいては過去のお話らしい。その点が最大に懸念される事柄であるが、「ネメシス」に続くスタートレック劇場映画第11弾が製作されることを切に希望する。

来年から数年は1年おきに最終話を見て涙することになるでしょう。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-23 20:27 | スタートレック

未来のために… ~マイルCS回顧~

「はぁ~~~…」

ブログで予想した組み合わせを買っておけば…、

1着はペリエのハットトリック。2着にダイワメジャー。3着がラインクラフト。デュランダルは追い込み届かず7着でした。

大方の予想ではデュランダル本命でした。ラインクラフトとの2強対決、と予測しましたが、ハットトリックも意外に人気していました。

私は大スポを買っているのですが、今週から爆笑問題・田中が競馬予想コラムを担当しており、そこでの本命がハットトリックでした。他のメディアでもこの馬は人気していたのが、当日の私には影響を及ぼしました。「ハットトリックはよく来て3着ではないか?」と勘繰ってしまい、ならばダイワメジャーが私の中で隠れ本命馬に選出されました。

ダイワメジャーからデュランダル、ラインクラフト、の馬単、3連単、などと結局デュランダルとセットであれこれ買いました。

結果的に分析すれば絞りきれずにあれこれ買った挙句、ブログで予想した分は買い漏れてしまった、という一番後悔してしまう買い方になっちゃいました。

このレース、ビックプラネットは逃げれず、ローエングリンがレースを引っ張る感じのミディアムペース。私は騎手間のしがらみや駆け引きはあまり知らないが(知りたくもないのだが…)、同一レース3連覇がかかった池添(←にとっては2週連続GⅠ勝利がかかっていた)のデュランダルに嫉妬しての横山騎乗のローエングリンのフツーな逃げだったのだろうか?

隠れ本命にダイワメジャーを指名したのは騎手がルメール、だったのもあるが、何となくライスシャワーの匂いを感じたからだ。ハットトリックを押さえきれなかったのは今期のペリエは先週までは重視していたが、いまひとつ調子よくないかも、と判断したところがある。このレースの前のレース〔古都ステークス〕でも本命に予想したのに3着だった、というのもある。

このレースで新たな収穫としてはラインクラフトは最内1枠も影響はしているが、古馬に混じっての3着は騎手が福永、であることは関係なく馬自身が強い、と感じた。来年も順調にマイル路線で戦っていけばこのレース、勝てるこもしれない。2着にダンスインザムード、アズマサンダース、といった牝馬上位独占もアリかもしれない。
デュランダルはまだまだ走っていけるかもしれませんが、スプリント戦オンリーで路線変更するべきかも?
ハットトリックはこの先堅実に勝てるかどうかは怪しいものです。
ダイワメジャーは穴馬、というスタンスで買うべきでしょう。

上記はあくまで個人的将来予想です。それに乗るもよし、乗らざるもよし、でございます。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-21 21:13 | ケーバ

マイルチャンピョンシップ予想

先週、ノースフライトの華麗さをちらっとお伝えしましたが、今回のレースと記憶違いしていました。お詫びする必要はないですが、訂正しておきます。

〔マイルチャンピョンシップ〕(京都芝・1600m)。かつて、京都のマイル戦は得意なレースの一つであった。それが近年はさっぱり、という印象がある。

マイル戦だと先行馬よりも差し馬が有利だから予想も立てやすいはずなのに、近年、〔スプリンターステークス〕の日程が変更になってからはスプリンターがマイルも走る、という路線が定着しつつある。

かつては1600m、時間にして約1分半のレースながらゆったりしたイメージがあった。けれども近年は『せわしい』イメージが残っている。

秋のマイル王を決めるレースなのだが、1600mの勝率で争われるレースの傾向ではなくなってきた、という事です。

さて、予想なのですが、1番人気は3連覇がかかったデュランダルが、2番人気は春のマイルGⅠを制したラインクラフトが支持される2強の図式。
展開はビックプラネット、ローエングリン、タニノマティーニが逃げ、ラインクラフト、ダンスインザムード、ダイワメジャー、が好位、他は結構後方待機が多い。多すぎる。最後方はマイネルハーティか?(その前にアドマイヤマックス、デュランダル、テレグノシス)

2強で決まりそうな感じだが、怖いのはハットトリック、ダイワメジャーといった外国人騎手が鞍上の2頭。早めの仕掛けで2頭仲良く抜け出し、もアリかも?
逃げ馬が競り合ってハイペースになれば、追い込み馬が台頭する。サイドワインダーはそこそこ人気はするだろうが、どうだろう?魅力を感じるのはマイネルハーティ。
大穴としてはアズマサンダース、タニノマティーニ。アズマ…、は3着候補かな。タニノ…、はインスピレーションが大半なのだが、巧く立ち回れて二の足を使えれば2着に食い込むかも?須貝騎手に期待。

今回は3歳馬、牝馬、の取捨が重要だ。
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-19 06:46 | ケーバ

パンデミック!?

ここんところニュースでも取上げられる鳥インフルエンザにタミフル。

世界的に大流行の兆しあり、って事であるそうな。

鳥インフルエンザは近年取上げられているから聞き馴染みがあるが、この病気がこれほど大出世する病原体になるとは思ってなかった。


ネットでさらっと検索してみると、世界的な規模で病気が蔓延するのは今から約90年前の「スペイン風邪」。これは知っている情報だったが、発生源はアメリカ北西部で、第一次世界大戦があったためにヨーロッパに伝染したようです。

今回の発生源はタイ、ベトナム、といった東南アジアです。なんでも、闘鶏の環境が根拠らしい。日本でも養鶏場で鳥インフルエンザ、陽性→処分となった例と大同小異ってところでしょう。

鳥インフルエンザが人体に危険とされるのは鳥のフン、らしい。鶏肉そのものや、鶏卵に関しては特に問題ないらしい。

それに人から人へ感染というのも確認されているわけではない。鳥インフルエンザが変異した場合、人に感染したら大流行して多くの死者を出すでしょう、というのが楽観的見解だが、専門家の中には鳥インフルエンザは人へも感染する、と主張する人もいる。

これまで日本政府(厚生労働省)の見解は↑の楽観的前者だったが、先日、後者の方へシフトチェンジした。感染→死亡の予測を最大64万人、と発表。

「スペイン風邪」大流行で世界の50%が感染し、25%が発症した、とされる事例から政府は投薬のタミフルを日本の総人口の約4分の1にあたる2500万個備蓄するように務める、とも発表していた。

そのタミフルだが、テレビ報道ではその副作用による変死を報じられている。ネットサーフするとラムズフェルド米国防長官が大儲け、という記事があったりする。

『インフルエンザで投薬』、というよりかは『インフルエンザには注射』、のほうがイメージとしてはしっくりくるのだが…。そんな中、過熱報道されるとネットでタミフルを購入する人がコエンザイムQ10の如く増加し、ダミフル、タミワル、タミフノレ、といった偽物が売買されるかもしれない。

厚生労働大臣は非常事態宣言を発令する可能性も示唆した。まるで「24」シーズン3と似通った状況になるのだろうか?
コンサートの中止や映画館の閉鎖、といった不特定多数が集まることを禁じる措置をとるのがその具体例だ。年末恒例となりつつある格闘技番組も無観客試合、なんてこともありえる。
それ以上に経済的に大ダメージは必至だ。格闘技イベントよりこちらの方が何百倍、何千倍も深刻な問題だ。

対策としては人に対する鳥インフルエンザのワクチンはまだ開発されていないらしい。だから、投薬のタミフルなのだろうか?タミフルが鳥インフルエンザ、すなわちH5N1型のウイルスにどれだけ効果的なのかが疑問だ。

そんな中、〔スタートレックTNG〕の再放送を見ていると、シーズン7「恐怖のイントロン・ウイルス(邦題)」が放送されていた。お騒がせ士官バークレー中尉が起因(ホントの原因はDr.クラッシャーの診断ミス?)となって航宙艦エンタープライズのクルーが退化する危機。この危機を救ったのは出産間近だった猫(事実上は同じく妊婦のオガワ中尉)。妊婦の羊水がウイルスから守られていることが判明したからだ。SFと人間の持ち合わせる神秘をTNGのクルー達が巧みに演じていた。

その羊水、現代のパンデミック・インフルエンザに使えないだろうか?
[PR]
by nash5g31. | 2005-11-15 16:23 | レッドアラート