メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コーヒーブレイク

〔あるある大辞典Ⅱ〕で「コーヒー」が取上げられていた。なんでもダイエット効果があるらしい。

この番組を久々に最後まで見た。かつて見ようとしたときにあまりに引っ張りすぎる番組進行に嫌気がさしてからかなりの月日が経っている。

コーヒーはブラック、ホットで1日4、5回に分けて飲むのが効果的で、入浴前に飲むのもいいそうな。

私は20歳過ぎぐらいからブラックコーヒーを好んで飲むようになって現在に至る。子供の頃に口にしたことがあるが、どうも好きなれなかった。飲むとするならUCCの缶コーヒーの印象が強かった。

そんな私がブラックを好むようになったのは飲食店のバイトをしてた頃、淹れたてのブラックコーヒーをY道さんに勧められて飲んでハマってしまった。オトナになって味覚が変わったのかもしれないが、それまではコーヒーに砂糖、フレッシュ、ミルクなどを入れるのが常だったが、この店での味と香りに魅せられてからは何も入れないで飲むことになった。

そのうちに安くておいしいコーヒーを出すセルフの喫茶店が数多く出店する時代にもなり、仕事の合間の休憩時間にそんな喫茶店に足を運ぶ機会も増え、そこで時間を潰すためにタバコを吸う習慣もできたためにブラックコーヒーは生活に欠かせないアイテムになっていった。

現在は残念ながら廃棄処分してしまったが、ミル付きコーヒーメーカーを持っていた。ド○ールで挽いていないコーヒー豆を買って自作コーヒーを飲んだものだ…。

私は夕方以降はコーヒーは飲まない。ただでさえ寝つきが悪いのに夜中までカフェインを摂取したくない。「あるある」でのコーヒーのススメはカフェイン中毒を助長しているように思える。

テレビドラマでコーヒーを連想すると、〔刑事ハンター〕といった刑事もののコーヒーはマズイ味だといのうは定番で、〔マイアミバイス〕では販売機が潰れていたりしてたっけ。〔ツインピークス〕でのコーヒーといえばチェリーパイがセットだった。韓流ドラマでのコーヒーはオトナの象徴だっり、金持ちが飲むものと日本とは扱いが違う。日本だと松田優作の〔探偵物語〕。特にオープニングのシーンでしょう。

日本ほど缶コーヒー産業が栄えている国はないだろう。いろんなメーカーが何種類もの缶コーヒーを販売している。けれども、缶コーヒーとブラックコーヒーは似て非なるものである。


   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    


このブログを始めて約半年。今月は特に意識して極力毎日アップを心がけたが、そう毎日ネタが転がっているわけでもなく、書きたい気分にも高低差がある。他の人はブログを習慣のように毎日書いてる人もいらっしゃるのでしょう。「継続は力なり」なんでしょうが、私にとってはちと苦しいかもしれません。何といっても文章を書きながら考える方式の脳ミソなんで、書きながら『どこで結ぼうか?』、『構成は合ってるだろうか?』などと考えてしまいます。

来月からは少しペース落とすかもしれませんので、覗いてくださる読者さま、これからもよろしくお願いいたします。

最近になってスキンって何かが分かったり、ライフログ掲載したり、編集したり、カテゴリ増やしたり、とたまにブログの設定をいじっている私です。来月からは他の方のブログを閲覧して、トラックバックしたり、してもらったブログにコメントしたりして、枝を増やしていこうと思っております。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-31 02:18 | ヒトリゴト

現代の防人に関して

先日、アメリカ軍の沖縄基地移転、と自民党の憲法改正草案が同時期に報道されるのは日本において内外ともに不安をかきたてられる。

が、それぞれ別の問題だと認識しないといけない。

米軍基地移転はアメリカの軍再編成で、これまではほぼ全面的に米軍に守って貰っていたのを自衛隊との共同で、というのがタテマエだ。ホンネはアメリカの内政問題だったりする。

憲法改正問題の焦点は「9条」。これに尽きる。
憲法改正、となると私個人としては皇室典範の如く、国内の知識人、有識者が集まって議論されるべき問題だと思うのだが、委員長(発起人?)が森善朗・元総理で、原案が中曽根康弘のじっちゃん(…失礼)、と今回は自民党(与党)内での案だからそのメンバーなのだろうが、なんかまかせきれない気がする。

方向性としては共産党や福島瑞穂が反対しようとも草案に則した改正になるのでしょう。ようやく自衛隊を軍隊として法律で認められた組織になるわけだ。

20代の若い人や30代以上の政治にあまり関心のない人は知らないだろうが、自衛隊違憲論争は自衛隊発足当初から常に国会につきまとっていた。それがPKO法案が可決した頃からどんどん議論されなくなって今日に至っている。

そもそも「自衛隊」、というネーミングがよくない。改正するなら「国防軍」とか「防衛軍」とかに組織名も変えてしまえばいいのに…。

そんな自衛隊の「全指揮権を総理大臣にする」という前述の草案はきっと対中などの外交問題の火種となるでしょう。そんなことなら日本も内閣制やめて大統領制にしてしまって数年に1回、国民が政治についてとことん考える、とかの方がこれからの日本にとっては良いのではないだろうか…?

↑の根拠となるかどうか分からないが、橋本龍太郎・元総理が1億円の小切手を「受け取った」、「受け取らなかった」とかの問題が象徴するように内閣制、というのは密室政治を生み出す制度かもしれない。大統領制でも同じかもしれないが、国民が直接決定権を持って選考する点は内閣制よりも上回っている、と思うからだ。

自衛隊から自衛軍へ…、にと集約される日本の将来の分岐点にさしかかろる手前の現在、最近気になるのが自衛隊機の墜落や自衛隊員の覚せい剤所持、とかの事件事故。これが多発しているように思う。教師が暴力振るおうが、女子生徒にセクハラしようが、警官が麻薬持とうが、ピストル発砲しようが、これはあくまで国内問題で済んでしまう。しかしながら自衛隊に関する不祥事は外交問題に発展しかねない。大きく云えば日本の国益を左右しかねない。


今回の記事は以前書いた『メディア雑記』、みたいな形式で最近起きた事件を短く取上げてみようと思って書き出したのですが、「自衛隊」オンリーになっちゃいました。

自衛隊に関してはまた改めて語ってみたいと思います。


アメリカ軍の基地移転、軍再編に関しては関西在住の私にとっては正直ピンとこない問題だ。
沖縄の人にとっては由々しき問題で、軍がらみの問題は「うちなー」と「本土」の温度差が常にある。
解決するには沖縄独立。その周辺の島々とともに『沖縄連邦』とでも名乗って目指すは永世中立国。で、米軍にも自衛隊も出て行ってもらう。

そんな愚にもつかない策はともかく、こればかりはアジア情勢次第だから仕方のないことだが、それをそのまま「仕方ない」、と政治家が言うのはいただけない。大野防衛庁長官だったか…?
国民に理解を求めるために政府見解、展望を丁寧にアピールすべきである。
政治に関してつきつめると必然的に前述の見解となってしまう。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-30 19:08 | マツリゴト

未来のために… 〔天皇賞・秋〕編

ヘブンリーロマンスの粘り差しでゴール前でゼンノロブロイをかわす。3着にはダンスインザムード。

テレビやネットブログの競馬予想を覗いているとリンカーン、ハーツクライ、スイープトウショウ、などが人気してました。

「これだとすんなりすぎる!」という疑問を当然持つ私。

先週の3冠達成の武豊人気も手伝ってのリンカーンはこないだろう、距離実績がいまいちだし、何といってもコース適正がない。

スイープトウショウは〔宝塚記念〕を制しているため人気は当然。でもこの馬も東京の2000mは厳しい。

だからおのずとゼンノロブロイが浮上。少し抜けた1人気にも支持されていたので穴馬相手探しとなる。
鞍上ペリエのハットトリックに期待したが、結果はさっぱり。
逃げ馬のタップダンスシチーやストーミーカフェが連にからむかなぁ、と姑息な考えもしたが、これも東京コースでは沈んでしまった。タップはもう〔有馬記念〕で引退やね。
騎手買いでスズカマンボも抑えたがパドックでの気配も良くは見えず、結果も同様。
あと、好きな馬でテレグノシス、バランスオブゲームとかも手をだすも撃沈。

ヘヴンリーロマンスは臨戦過程が、あのエアグルーヴと同じ〔札幌記念〕から。最内の1番枠も脚を溜められた遠因か…?
ダンスインザムードはよくわからない馬。前走(上がり3ハロン32.7で追い込むも)8着。北村騎手の内を衝く巧い騎乗なのか、馬本来の能力なのか?苦手な馬になりそうだ。

このレースは厳しい流れになりがちなので牝馬は上位に入る確率は低い、とされてきた。ヘヴンリーロマンスは大型馬だけれど、(混合レースの)GⅠクラスではなく、GⅡクラスだろう、とあっさり切り捨てていた。



切れ味ある差し馬は牡馬であれ、牝馬であれ関係なくチェックしないといけないですな。
5ヶ月の休み明けながらアサクサデンエンも上位入線。好位差しの東京巧者も要チェックや!

それにしても前評判高かったルメール騎乗のハーツクライはどないしたんや?母父トニービンだったのでゼンノとの組み合わせで厚めに買ったのに…関西限定かもしれんね。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-30 16:49 | ケーバ

カミーユ、フォーーーー!!

今週末から〔Zガンダム〕、劇場版第2作が上映される。

なぜ今頃〔ゼータ…〕なのか、、、?


このアニメが放映されたのは約20年前。現在、20代で見た人が少ないから新鮮に映るかもしれないが、タイムリーな私らの世代からすれば、『なんでいまさら…』、っていうのが正直な感想です。

〔Zガンダム〕は悲劇です。いろんな意味で。いまさら映画にするくらいなら、当時の放送話数を増やして欲しかった(〔蒼き流星レイズナー〕も同様に…)。

ガンダムシリーズは〔(ファースト・)ガンダム〕、〔Zガンダム〕は好きな作品です。〔ガンダム・ダブルゼータ〕で私の中でのガンダム熱は下がりました。

何年か前に〔ターンA・ガンダム〕を見ましたが、何か異色過ぎました。ガンダム、というより、〔ダンバイン〕っぽかったかな?

先日まで〔ガンダム・シード・デスティニー〕が放映されていましたが、もはやガンダムらしさは外見だけ。モビルスーツなのに火力は戦艦並み。手足があるモビルスーツの形態である必要性が感じられない。モビルアーマーでええやん!声優陣に池田秀一(赤い彗星シャアの声の人)氏がいること自体、ありえなーい!


そんな私の叫びとは反対に世間でのガンダム熱は冷めやらず、きっとその流れで〔ゼータ〕のプチ・リニューアルのダイジェスト3部作が映画となったのだろう。

でも、いまさら焼きまわしの映画なんぞしなくても、アニメ専門チャンネルで再放送が繰り返されているのだがら、なにもわざわざ劇場版にしなくてもいいのに…、って気は変わらない。映画のためにすべて作り直し、とかCG駆使、とかだったらまた話は別だが、、、、。



Ⅰくんは観に行くんだろうか?
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-28 19:30 | ムービー

秋の天皇賞を予想しやす。

〔天皇賞・秋〕(東京・芝2000m)。今週も出馬表のみで予想してみます。

先週までとは打って変わって、混戦の様相です。迷いますなぁ。出走馬の顔ぶれからすると凄く豪華な気がするのが第一印象でした。

数年前までは「雨の天皇賞」、とか言われたりしてたっけ。

それに、1番人気の馬が勝てないレースでしたが、テイエムオペラオーがその呪縛(?)を解いてからは比較的平穏なイメージがあります。あっ、でも去年は人気薄のダンスインザムードが跳んできたんだっけ…。

東京コースは最後の長い坂の直線が見応えあるレースで、私のデータとして400㎏前半の軽量の差し馬がいい足を使う、というのが参考程度にある。近年はあまり当てはまらなくなった感もあるが…。

今回だと、ダンスインザムード、スウィープトウショウあたりか?あと、ストーミーカフェが不気味かもしれない。

人気するのはスズカマンボ、リンカーン、タップダンスシチー、ゼンノロブロイが人気を分け合うだろう。スズカマンボには期待してみたい、リンカーンは?、タップは距離が短いのでは?、となるとゼンノロブロイが本命かな?

あと、1頭注目しているのはハットトリック。今年初めの快進撃は強かった。でもGⅠの壁があるのか春は調子を落としていた。で、今回、人気薄なら狙ってみたい1頭であるが鞍上がペリエなんでそれなりに人気はするでしょう。

本来ならリンカーンは福永、ハットトリックは武豊、ゼンノロブロイにペリエ、というイメージがあるが、今回は乗り替わりになっている。この騎手との相性もポイントになるだろう。

展開としてはタップダンスシチー、ストーミーカフェが逃げるだろう。この2頭の競り合い次第でペースは変わる。波乱があるとするなら本来ならハットトリック、ハーツクライ、テレグノシス、サンライズペガサスなどの追い込み馬が直線を争うパターンだが、ちと後ろの馬が多いので、逃げ馬で決まるパターンも想定した方がいいかもしれないです。

↑の『展開読み』は当日に反映されない確率が多くあるので競馬する方は参考程度に、しない方は…ここまで読まないでしょうね。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-28 19:00 | ケーバ

踊る!踊る!エイリアス

先日、〔エイリアス〕の第2シーズンが終了した。〔24〕の第2シーズン同様、第3シーズンが気になる終わり方となった。

第2シーズンでは早くもSD6が壊滅してしまう(あっ!ネタばれしちゃった!!)。が、アーヴィン・スローンはキーパーソンになっていることは変わらない。

以前にも述べたが、〔エイリアス〕はテンポのいいスパイもののドラマである。ジェニファー・ガーナーはこのドラマで一躍有名になり、映画にも主演、ベン・アフレックをジェニファー・ロペスから略奪愛して、赤ちゃんももうけてしまった。

キャストとドラマの関係としても、巧みに動かしている、というか無駄キャラがいない(マイケル・ボーンの同僚のワイスは段々と影が薄くなりつつあるが…)。

ゲストにクリスチャン・スレーター、カトリーヌ・ドヌーブを出演させるなど話題性に事欠かない。

このドラマに感化されて、キャスティングの巧みなドラマがもっと多くできれば良いのに…。

けれども、日本のドラマ製作だときっと臭い展開になっちゃうんでしょうねぇ。



先日、チャンネルを8にすると、〔踊る大捜査線〕の映画のラスト近くを放映していた。
織田ゆーじが犯人(と思われる)の軽トラを追って、レインボーブリッジをダッシュしているシーンをテレビで見ていたのだが、『走って、追いつくんかい!』とツッコミを入れてしまう。

ストーリーは全く知らないので、そこだけ見ただけで批評(批判?)するのはNGかもしれないが、そのまま見続けると、前を走っていた車はご丁寧に停車して、犯人っぽい連中が織田の前に現れる。『なんで停まんねん!!』、第2のツッコミが入る。

さらに見続けると犯人は捨て台詞を残し逃亡を図るが警察のヘリが登場して犯人逮捕。『(ヘリ接近してるんやったら)わかるやろ!!』、3度目のツッコミである。

ラスト、なぜか報道陣に囲まれた織田ゆーじは献血をアピールする。それまでの話で警察関連の人々に多数の怪我人がいるからなのだろう。『この映画は献血促進PRの作品なのか…』、妙に納得(笑)。


以上の中で、明らかに意識してレインボーブリッジから見える夜景のシーンを入れている。見る人によってはそれが「きれいだ」「気にならない」、という人がいるだろう(←大半でしょう、きっと)。でも私はすごくそれが無駄なシーンで、大変気になる。

日本映画、って無駄なシーンが多いので見る気がしない。どこで覚えたか、模倣したいかは知らないが、変なカメラワークや、そぐわないカットを平気で使っていたりする。
だから邦画は見なくなった。
でも、もっと詳しく解説してみたい考えもある。いかに無意味なシーン、カットがあるかを…。


〔エイリアス〕の第3シーズンはランバルディの完成品にお目にかかれることだろう。私の妄想予想では誰かが1人2役する感じがする(←公式サイトとかは見てませんので勝手な予想です)。
シーズンの終わり、新しいシーズンの始まりで前後編の脚本はアメリカドラマの常套手段です。新しいシーズンの展開を空想するのも、これまたひとつの愉しみであ~る。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-28 01:38 | ドラマ(シリーズ)

少し熱くなったかも?

今年は10年に1度の家電買い替え需要の年だそうで、私もそれに漏れず…、ってところです。

定率減税の廃止、環境税の検討、消費税アップの構想、と年末に向けてこのような報道が取上げられる。

うがった見方をすれば「増税の前に買っちゃえ」ということで買い替えを煽っている気がします。

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、とかが買い替え時期、テレビは2011年デジタル化のために必然的に需要アップ。テレビ同様ビデオデッキもDVDレコーダーに切り替え、パソコンもそのうち、ゲーム機も携帯も次世代、その他諸々…、となると現在使っているもので今後5年先に使っている電化製品って数少ないんじゃないかな?

だからと言って今すぐ買い替え、今すぐ購入、というのは時期尚早。電化製品は安いときに買うべきです。
冷蔵庫、テレビ、エアコンの新製品は秋ごろ、洗濯機は概ね夏の終わり、DVDレコーダーは性能で価格差のひらきがあるので、これはお好みで。PCにしたって同様の事が言えるでしょう。ゲーム機はソフト次第だと思います。

冷蔵庫や洗濯機は壊れてしまったときが買い替えどきだといわれますが、洗濯機はともかく、大きい冷蔵庫を10年以上使っているならば、今後の増税前に8月に稼動していても、9月に買い替えた方がいいかもしれません。

10年以上使っている冷蔵庫は買い換えた方が得策、と申しましたが、正確には消費電力量の少ない冷蔵庫に買い替えましょう、という事です。
冷蔵庫の扉の内側の数値と最新の冷蔵庫の数値を比べることをおすすめします(←誰に勧めてんねん!)

こうしてみると私も買い替えを扇動する者と捉われがちかもしれませんが、要は賢く買いましょう、賢い知識を持ちましょう、という事です。

量販店で安く売られる商品、というのは古い年式の商品だったり、展示品処分だったりします。昔は店に行って購入するしか方法がなかったですが、いまやネットがあります。はっきり言ってこっちの方が安かったりします(若干日数かかりますが…)。
量販店を見回って、ネットで買う。これがすっきりしたスタイルです。

関西だと、「値切りは文化だ」、とかおっしゃる人がいますが、文化、なんていうのは後世の人が使うものであって、現在の人間が口にするならば、「値切り」自体、昔の話になってしまうだろう。
ならば「値切りは伝統だ」の方がいいかもしれない。

本題がいったい何なのかはわからなくなってますが、増税は避けられない現実です。
増税になる前に、お金のかかる家電製品なんかの買い時期(どき)を1年ぐらい時間をかけてゆっくり考えましょう、ってことです。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-26 03:54 | ノンジャンル

祝!三冠馬。

今回は回顧、というより感想、感動が大きい。

マスコミがあおっている、という観は否めないが、21年ぶりの『無敗三冠馬』の誕生がディープインパクトによって成し遂げられた。

競馬に興味ない人にとってはピンとこないかもしれない。これだけ騒がれる馬はナリタブライアン以来だと思う。

私の競馬デビューは1994年の〔菊花賞〕でした。その当時は競馬自体何にも知らず、ナリタブライアンが物凄い馬だとも知らず…。

その当時からすれば、今回のディープインパクトの〔菊花賞〕はそれ以上の盛り上がりを見せていた。

無敗であろうが、なかろうが、三冠馬にそれほどの違いはない、と私は考える。が、メディアはことさらに騒ぎ立てている。これは異様な気がした。

競馬をスポーツに分類する事が私には許容できない。競馬は公営ギャンブルだ!

回顧を少しするならば、今回は実績>血統、って結果でした。
またしても横山騎手、やらかしました。一角くずしの騎手、長丁場に攻めの競馬をする騎手。やはり要注意でした。今回は土曜日から乗り込んでいました。

ディープインパクトは有馬を目指すのだろうか?今年はもうお疲れ様、でいいんじゃないでしょうかねぇ。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-23 23:18 | ケーバ

トーク番組

昨晩の〔キラキラアフロ〕は久々に笑い声が出るほど笑えた。

私はあまり『腹がよじれるほど…』、とか『爆笑!』、とかをしない。基本的に喜怒哀楽が表情に出にくい人である。

個人的分析としては「〔笑い〕に関してのレベルが高いため、少々のことでは笑わない」と、うそぶいている。

そんな私がいわゆる『爆笑』したのは〔ガキのつかいやあらへんで〕のスペシャルで、〔湯河原の絶対笑ってはいけない温泉宿〕だった。先日の特番は売れ筋の若手芸人起用がほとんどだったので、本来の〔ガキつか〕の笑いとは若干違うものがあった(それでも随所に”らしさ”がありました)。

冒頭の〔キラキラ〕は番組開始当初から見ている。笑福亭鶴瓶、オセロの松嶋尚美の2人のボケキャラ同士のトーク番組。この番組をキッカケに私はオセロ松嶋の面白さに気づく。番組としてはボケたもの勝ち、鶴瓶のキレキャラ、放送時間として正味30分、とマイナス要素も多々あるが、時々面白かったりする。

鶴瓶の面白さは「どれだけイジられるか?」にあり、鶴瓶のボケを上回る松嶋のボケが鶴瓶自身の処理の仕方で面白さの度合いが違ってくる。是非とも〔キラキラ〕は1時間番組でたっぷり見せて欲しい。

トーク番組というのは基本大好きな私。〔ガキつか〕、〔松本紳助〕でも変に企画したものするのではなく、トークだけで30分見たい人である。
現在のバラエティ番組の作りは司会者含めて10人くらいの出演者がいて、それぞれのコメントをカット割りで見せる、という番組が主流だ。でも個人的には出演者を絞って(←ここの人選は重要、というか絶妙なキャスティングが必要なんですが…)、話題を指定せずに番組にする。異色の組み合わせでのガチンコトーク番組。

変に2時間、3時間、と時間かける番組じゃなく、中身の濃い30分、1時間の番組、というのを渇望します。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-22 20:33 | フェィバリット

菊花賞 データ不足予想

クラシック、ラストを飾るのは〔菊花賞〕(京都・芝3000m)。

競馬知らない人も見聞きしているディープインパクトが無敗の3冠馬に挑みます、ってゆーか出走してきた時点でほぼ9割近い確率でそうなるでしょう。

JRAとしては3冠馬誕生して貰わないことには困りますからねぇ。

鞍上は武豊。当日の単勝オッズは1.1倍、ひょっとしたら1.0倍(笑)?

ディープインパクトの弱点探しをするならば、スタート時に躓(つまづ)いてしまう事がこれまで何度もあったので、今回も高い確率でやっちゃうかもしれませんが、距離が長いですから全体的にスローペースは必至ですから、あまり影響ないかも?
レース中の故障しかないですね。

今回も配当、ギャンブルとしては面白くない競馬です。2着探しです。

穴人気としてはミツワスカイハイかな?


現時点で各出走馬の馬柱(←近走の成績表)を把握してないので、展開とか2、3着探しとかはできません。
私はおそらく今週も観戦に終わるでしょうが、予想の指針だけ書いておくならば…、
①血統的に長距離こなせる馬とその長距離レースの成績を照合。
②騎手買い。横山、安藤、といったGⅠ勝ちの多い騎手を選択。
ありきたりですが、これぐらいしかないです。


3000mはどの馬も未知の距離、そこでモノ言うのが血統(その裏づけが成績)であり、その能力を引き出すのが、騎手。
騎手で↑にあげた実績ある方々は他の予想でもマークはされるでしょう。そこで穴予想騎手として松岡騎手(マルブツライトに騎乗)をあげておこう。(←言ったもん勝ちなんで)
私のイメージとしては長距離レースにおいて好成績なので…。(← 一応の根拠です)
展開無責任予想としては、大逃げをうつ馬が出てきて乱ペースになって先行馬の前残りか、スローペースで2着狙いの差し馬。この2パターンでしょう。

ディーエスハリアーとかも(前走の成績次第では)面白いかもね☆
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-22 00:26 | ケーバ