メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:レッドアラート( 16 )

YOU TUBE 尖閣流出

今日はこのニュース、話題一色でしたね。


別に見る必要はないかな、と個人的には思ってましたが、なんだかんだで見てしまいましたね。


だれがやったかYOUTUBE。


これで大露出。


事実が明らかになった反面、政府としての危機管理がまるでなってないのを露呈してしまいました。


もはや問題が領土問題、国際問題から一転して国内の危機管理問題に変わってます。


中国側は変わらず自国の正当性を主張しています。


この映像流出は日本の正当性を伝えると同時に日本政府へのテロリズムも持ち合わせています。


だれがやったのか?


民主党寄りなのか、反・民主党なのか、そこが今後の焦点なのかもしれません。


中国、って国は社会主義の国です。


近年こそ経済に関しては資本主義的な対応をしていますが、その歪み、というか弊害が中国国内では噴出しつつある、というのが現状でもあります。
その中国政府対する憤懣(ふんまん)を反日感情を煽っている中国の意図がなにかしらではたらいている中でのこの問題。


分かりあえるきっかけは両国の首脳会談だが、それも出来ずにいる。


日中関係は継続していくべきものかもしれないが、現状のままで日本側が中国に遠慮するカタチを執るのがベストな選択ではないような気がする。


経済、商売の相手は中国は大きくて魅力的ではあるが、東南アジアやインド、西アジア、ヨーロッパで商売しても良いように思えます。


中国なんてそのうち民主運動、革命なんかが起こって社会主義でなくなってからでも充分パートナーシップとっていけると思うんです。


日本の強気外交、オトナの外交を切に願いたいものです。
[PR]
by nash5g31. | 2010-11-05 21:43 | レッドアラート

トリや思たらブタやった

ブタインフルエンザが急遽、世界的に警告が発令された。

日本ではゴールデンウィークの直前に…、である。

これって数年前の「サーズ」、と同じような感じがする。

これまでは「鳥インフルエンザ」、が驚異的な病原菌だったはずなのに、「豚インフルエンザ」、であたふたしてしまっている現実がある。

タミフルで効果があるようなのでどうしようもないものではなく、「鳥インフルエンザ」に比べれば対策、対応のできるパンデミックな事柄であるようだ。

それでも行政側は楽観できていない状況だ。

何か今回の「豚インフルエンザ」の騒動はマスコミも政府も過剰反応している気がする。

ここで一番危惧されるのは「豚インフルエンザ」が発生したからそれに120%対応した影響で、「鳥インフルエンザ」の対策に隙ができてしまうことだ。

豚から人へ、というパターン以外に豚から鳥へ、と感染してそれが人にというケースも考えられる。

今回のブタ騒動は杞憂に終わって欲しいものです。
[PR]
by nash5g31. | 2009-04-28 20:43 | レッドアラート

ゆくえ2

北朝鮮が主張する「人工衛星ロケット」の発射が迫っている。

日本側は「大陸間弾道ミサイル・テポドン」、という見方が強い。

地対空ミサイルPAC3を配備、レーダーや艦船で警戒も怠らない。

分離した『発車物』、の残骸が日本に落下するかもしれない、地域住民は戦々恐々とする人もいるが、大半は何もできないからあっけらかん、ともしている。

平和ボケの極み、かもしれません。

私も含めてこの先、日本列島のどこかに北朝鮮からのミサイルの何かが落下してくる、となっても普段のように生活して、WBCの勝負の様子が仕事中であるにもかかわらず、気になって情報を仕入れたり、中継見たりするのと同じように行動することでしょう。

石原東京都知事はそんな日本人全体として平和ボケが平均以上あるだろうと想定して、憂国の意味を込めて「落ちてみてもいいかもしれない」、的な発言をしている。

たしかにそうかもしれない。

なぜ、いま、どうしてこの時期にミサイル発射なのだろう?

北朝鮮の国威発動なのだろうか?

先日、金正男が海外で直撃インタビューされていて、今回の騒動は「話し合いを持つ絶好のタイミングでは…」、と言ってたが、まさにその通りである気もする。

ならば、この発射騒動はもう少し引き延ばしても全然注目して貰えるでしょう。

結局、北朝鮮の狙いは食糧だったりするので、日本からすると逆にあたふたしないほうがいいのかもしれない。

ミサイル?、発射したらいいじゃない。日本に何か落ちたら、もう話し合う余地もない。

これくらい言う大臣がいてもいいような気がするが、今の日本は失言、暴言があまり言えない状況下にある。

そんなことも鑑みて北朝鮮は発射騒動起こしているならば、ヨミが深いです。北朝鮮の政治家に日本の政治をしてもらってもいいかもしれません。

発射はこの先一週間以内という情報もあるが、今後の外交手段として有利に交渉を進めるにはその発射が失敗に終わったり、日本に被害を被ったりすることなのだから、想定される最終着地点にダミーでもいいから船を出して、日本側が「被害を受けた!」、という図式を作る画策をすべきだと思う。

受身外交はダメ!

ピンチをチャンスに変える外交をすべきです。
[PR]
by nash5g31. | 2009-04-02 21:15 | レッドアラート

飲酒運転

福岡の3児死亡事故の裁判が「危険運転」、とは認められず、「わき見運転」、による結果での事故で、懲役7年6ヶ月、という求刑となってしまった。

この事故、についてはひき逃げをしてしまった被疑者が事故後、大量の水を飲んで、血中アルコール濃度を下げてしまっている。それが事実として分かっている。

そんな悪質な行為をしていながら、現状の法律ではその事についてはノーガード、無防備であるのだ。

経緯はどうあれ、飲酒運転しているのに人を殺して懲役10年未満なんて不条理、理不尽、であるように思える。

殺人を、事故を犯した容疑者はアルコールに強い人物なのだろう。私も平均以上にアルコールには強い人種(?)なのでよく分かります。

判決は事故を起こす前の車幅が狭い場所では事故ってなかったので、危険な酩酊状態ではなかった、と判断しているが、事故を起こした直前は時速100キロ近く出していたそうな。

時速が速くなればシラフであってもその対応力って重要、というか肝要であるはず。

それが今回の裁判では全く反映、考慮、熟慮されていない。

単に法律の網の目をくぐってしまった、という観が否めない。

今回の結果は法治国家だから故の結果になってしまったのでしょうか?

ざっくり飲酒運転での死亡事故、っていうのは理由はどうあれ「殺人罪」、と決め付けるぐらいでもいいのではないだろうか?

アルコール摂取の許容量、って個人差がかなりある、という前提があるため現在の「危険運転致死傷罪」、というのはアルコールに強い人にとっては事後処理次第で求刑が操作できる法律になってしまっている。そんなって人々に平等な法、ではなくなってしまっている。

飲んだら乗るな、なんて基本中の基本。乗るんやったら自転車ぐらいでしょ。そんなのも守れないなら酒飲むな!、と言いたい、訴えたいですね。
[PR]
by nash5g31. | 2008-01-08 22:48 | レッドアラート

食品の問題あれこれ

食品の賞味期限にまつわるニュースが絶えない。


そんなに目くじら立ててしまうような問題ではない、と個人的には静観していた。


ただ、企業モラルが低下しているんだなぁ~、とニュースを見るたび思ってしまう。


厳密に賞味期限という枠というか設定をするならば、老舗の飲食店なんて『秘伝のタレ』、『創業以来(だいたい江戸時代あたり)から追い足ししている醤油系のソース』、なんかは、おもいっきり賞味期限も消費期限も越えている!!



でも、それらは「(絶妙のコクがあったりして)美味しい~!!」、なんていう理由で許容されてしまう。



ニュースになっているのって内部告発的なものが殆どなのでしょう。元・従業員が何かの理由で解雇させられた腹いせにネットに流したり…、みたいな理由で。


〔赤福〕のように賞味期限改ざんに加えて、期限切れのものを再生産(?)というかリサイクル(?)して利益率ダウンを免れていた、というのはヒドイ話であるが、その後のいろんな食品での賞味期限の改ざんの報道、って今月から小麦粉製品、石油製品の値上げをするある種の布石であるように考えてしまったりする。




かなり飛躍してしまっているね(←自分にツッコミ)。




日本は資源輸入国です。今年になって「原油高で石油製品あがるで!(なぜか関西弁)」、やら、「バイオエタノールの生産で小麦や果物なんかも値上げや!」、などのニュースで心構えはできていたが、対策なんてほとんどの消費者がしていないのが現状。


消費者は(私も含め)資源輸入国、である認識が希薄になっている。


昔より品物が安く買えるようになって、それが普通、それが当たり前、に思っている。


単に値上げをすれば企業イメージが低下してしまう。ならば、一つクッションとして賞味期限改ざん、で値上げをカモフラージュ、ってうがった見方をしてしまう。




賞味期限と消費期限は違います。


賞味期限はおいしく食べられる期日が表示、消費期限は食品の成分が変化しちゃうYO!の期日が表示、です(←私見)。


賞味期限なんてすべてが神経質になって気にすることはない。調理の仕方で解消できてしまう。あくまで家庭、消費者サイドの対策です。

企業側は賞味期限の説明をパッケージに判りやすいように表示するなり、2段階の賞味期限を設けるなりをすればいい。

なんでもかんでも「賞味期限が切れたから、即廃棄!」、では企業理念としてベターなのかもしれないが、資源輸入国、エコロジーを認識していない。


『もったいない精神』を企業は持ち合わせて欲しい。


そうしないとこの先、値上げに拍車がかかってしまいそうな気がする。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-18 04:55 | レッドアラート

平成〈プチ〉オイルショック

今月になってガソリン代が高騰、まだまだ値上がりする余地アリ、という状況。


それを受け、石油製品に関わらず、小麦や他の食品なんかも値上がりや内容量削減を行ってたり、今後行う、という告知なんかをしている。


私も含めて一般的には「ああ~、そーなんだぁ~」、という程度の認識でしかない。


(賢い主婦層の方々は買い溜めを始めているのかもしれませんが…。)


私は実体験の世代ではないが、今のこの状況、って『オイル・ショック』、じゃないの?、と思ったりするのは私だけしょうか?


企業はかつての「オイルショック」の教訓があるから段階を踏んだり、見えないようなカタチで微調整を行ってたりするのだろうが、ガソリン代、となると車社会の日本、特に流通業には大ダメージです。


与党はこの問題をどう考えているのだろう?


『ガソリン税削減!』、などを打ち出せば即座に支持率アップだろうに…。


携帯電話に例えると車が電話、ガソリンは通話料。携帯業界も機種値上げで、通話料の安さを打ち出し、顧客確保に躍起になっているのだから、それに倣ってガソリン代下げて、車検料金値上げ、などをするなりすればいいのに…。


ただ、この原油高、というのは「石油産出量が減った」、とかではない、世界レベルでの政治、外交などが要因であるだけに騒ぎ立てるのは愚、でしかない。


個人レベル、コミュニティレベル、企業レベル、国家レベルでできるリサイクル、エコ、(石油に代わる)エネルギー利用法、なんかを考えるべきである。


日本は資源少なき国なんだから、石油に依存しない国家を目指すのが将来有望であるからして、政治家は科学、化学を習得すべし、興味持つべし、公約に脱・石油、を掲げるべし、であろうかと思う。
[PR]
by nash5g31. | 2007-11-17 22:21 | レッドアラート

コムスン

年金の未払い問題に連鎖しているのかどうかは知らないが、コムスンの件がニュースになった。

正直、詳しくは知らない。

コムスンと言えば介護医療の先駆けで、シェアも広げている企業で、CMとか企業イメージとしては私個人は優良な印象を持っていた。

それが親会社を通じて別の子会社に業務を譲渡、などと利潤主義の逃げ道を選択している企業行動をしている。

柳沢厚生労働大臣が不快感を示すコメントをしていたが、それはそれで、、、

「おまえが言うな!!」

という感想です。

年金もそうだが、介護という問題もこれからの高齢化社会の日本においては死活問題である。

けれども、少子化という事もあり、介護する人材というのは絶対数的に少ないのが予想される現状である。

介護、という事から枠を広げて考えてみても医者、看護士といった医療に携わる人、というのは圧倒的に少なくなる、というのが将来的現実問題であります。

今、入院保険とかがCMなどで宣伝されて入会を勧められていますが、実際、働き盛りの30、40代の人が老齢になって病院にお世話になるとき、って看護士や医者、もっと大きなところで言えば病院自体が少なくなっている確率がかなり高い、と私は考えている。

だから保険の掛け損、という思い、考えが強くあります。

現状の奉仕に近い介護、というあり方自体、考え直さないといけないのかもしれない。

将来的には介護サービス、というのはその仕事内容は変わらずとも、もっと横暴に、無頓着になっているかもしれないし、仕事内容は少し変わって自立を余儀なくされるS的な業務が主流になるかもしれないし、国際社会からは奴隷制の復活と非難されるのを承知で第三諸国から召使いの如く働く介護人を雇うのが主流になるかもしれない。

コムスンだけが槍玉に挙げられるのはこれからの介護にはマイナスでしかならないでしょう。
介護全体を考え、コムスンに対立する介護会社が次々と出てきて競争、淘汰されるのが一番であるでしょう。

介護、をお世話する人、される人、というイメージで捉えるのではなく、自立する生き方をサポートする存在、というぐらいに考えを改めた方がこの先は賢明なのかもしれない。
[PR]
by nash5g31. | 2007-06-09 00:03 | レッドアラート

NHKの存在価値

収入減、でも経営が成立してしまうNHK。

「テレビ」を持つ1世帯あたりに1件の〔受信料〕を要求するNHK。

〔視聴料〕ではなく、〔受信料〕、という半強制的な表現は今も昔も変わらない。

NHKという組織は民放局と比べると地上波においても、衛星、ラジオでも複数のチャンネルを保有している。

昔はそれが当たり前だったが、現在では視聴者の選択肢が広がっている。以前にもブログに記したが、NHKは現状に対応した経営をもっと前からすべきだった。

表立っては言ってはいないが、『世帯の数だけ収入が増える』、『核家族万歳!』、ときっとNHKは思っていたに違いない。

近年の不祥事がキッカケで滞納、未払い、の末、今年も緊縮予算。

以上はシステムの問題。

NHKらしさ、ってなに?

現在でも言動には制約がつきまとう。その最たるものは「紅白歌合戦」。

しかしながら、生放送のバラエティがあったり、ミスキャストな出演者が登場してたり、と現在でもNHKらしさのある番組は存在している。

けれども、公共放送と国営放送の違いがわからない、曖昧だ、という結論に達する。
いっそのことチャンネルを1つを公共放送、もう1つを国営放送に、と分割すればいい。
国営放送のニュース読みはその報道に関連、担当の与党議員が行ったら、視聴率もそこそこ獲るかもしれないし、政治がもっと身近になると思うのだが…。

以上は内容の問題。

何にせよ、NHKそのものの価値、というものが昭和時代と比較すると現・平成時代には希薄になっている。

滞納、未払いの人の中には「現行NHK、存続の理由」に大いなる疑問を抱いている人がいることを真剣に考えないといけないだろう。



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by nash5g31. | 2006-01-25 00:00 | レッドアラート

DEAD OR ALIVE

昨夜で〔ホリエモン騒動〕は逮捕というカタチでピークを迎えた。

メディアでは手のひらを返したように〔ホリエモン批判〕一辺倒だ。

そんな堀江貴文容疑者は調書署名を拒否しているという。

彼は社長である故にライブドア・グループが行ったことは全てにおいて責任があるだろうが、傀儡のように思えて仕方がない。会社を大きくしようという方向性を彼は示していたかもしれないが、買収、M&Aといったその手段というのは他の逮捕者が実行し、堀江貴文容疑者は、まかせっきりだったのだと考える。

他に逮捕された宮内某が一番怪しい感じがする。なんてったって人相が政治家タイプ。悪い事して、おいしいもの食ってアゴにたっぷり脂肪分が付いている!

↑↑↑偏見的直感です。↑↑↑

マスメディアでは「IT界の寵児」、とか表されてますが、今回捕まったのは粉飾決算による「偽計取引」、「風説の流布」、という株の売買によるもの。ITでもなんでもない。

このブログではできないため、将来的にアフィリエイトブログをやろうと考え、ライブドアブログも候補に入れていましたが、今回の事件でライブドア関連のインターネットってどうなんでしょう?

ライブドア・グループ自体、他の企業に買収され、どこまでバラバラに、どれだけ消滅するか解かったもんじゃない。今回の事件で経済状況も煽りをくらって直接的にも、間接的にも被害をこうむった人も大勢いるでしょうから、相当の恨みをライブドアは買うはずです。

インターネットの世界だとその報復にウイルスをまくことが考えられます。



堀江貴文容疑者は数ヵ月後に罰金払って拘置所から出てきそうな気がします。メディアでは今後の彼にもお節介に付きまとうことでしょう。



「風説の流布」、って株取引では犯罪というランクですが、元々証券業界ってウワサが渦巻く世界での取引のような感じがします。法律の網の目をかいくぐるという行為は制度に欠陥があるだけで、そこに倫理とかを論じるのは何か違っている気がします。そんなマスコミはウワサは大歓迎の業界です。


ここ数日、テレビを見ていると○○評論家とか、コメンテーターの意見は「これも風説の流布っぽいんじゃなかろうか?」と思える。


そもそも、ライブドアってどこからつまづいたのだろうか?、と考えを巡らすとニッポン放送買収でフジテレビと対峙した時期からのような気がする。

「メディアとネットの融合云々…」、というタテマエだったと思うが、ネット関連の企業がテレビ局買収という事なんて無理があるのでしょう。テレビ自体が自然とネットと融合する方向にあるのだからその流れを待てば良いだけの事だ。

これで行くと、楽天グループも黄信号かもしれない。



出所後のホリエモンはライブドアから離れて、タレント一本で活動するしかない気がしてきた。
[PR]
by nash5g31. | 2006-01-24 18:50 | レッドアラート

牛肉輸入問題

いつのまにやら食文化、社会現象になりつつある「吉野家、牛丼復活の日」。

アメリカから輸入した牛肉に脊椎があったことで、来月の「復活の日」は立ち消えだそうな。

BSE問題は日米の食文化の相異によるものだから「靖国」以上に骨太な姿勢を示すべきなのに、曖昧なまま輸入再開に踏み切ったらこの結果。

アメリカ側は「問題なし」、と開き直りのコメント。

このまま事態をうやむやにしていくと、アメリカ産牛肉は知らない間に食卓に登場してしまうだろう。

対策は薬の開発しかないのでしょうか?

日本政府は食糧問題に関しては弱腰なスタンスだ。それは日本が食糧を輸入に頼っている故に『来るモノ拒めず』、なのでしょう。

いっそのこと牛肉を輸入するのではなく、牛ごと輸入して日本で検査をして解体→販売、をすればいいんじゃないだろうか?

販売価格は割高になるでしょうが…。

一企業のナショナルは不具合のある石油ファンヒーター回収のために億の金を出費している。
(まぁ、ナショナルだからできるのかもしれませんが…)

日本政府は食の安全をしっかりと考えるべきです。

牛肉に関連する企業は政府の対応に関係なく、安全のリサーチを行い、消費者に告知すべきです。

もともと、牛肉なんて高級食材なのですから、消費者は「牛丼復活」に一喜一憂するなんてナンセンス。

牛肉食べられなくたって生きられます。
[PR]
by nash5g31. | 2006-01-21 20:23 | レッドアラート