メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ヒトリゴト( 72 )

殺人事件を考える

近年、残虐な殺人が増えているような気がする、といいうか増えているはずです。

東京でのマンション隣人殺害バラバラ事件、なんていうのはその最たるもので、加害者である犯人の星島某なんて親族からすれば、「信じられない」、とコメントしていたが、近年の殺人事件、って『まじめな人』、『いい人』、『優秀な人』、が平気で残虐な殺人をしでかしてしまう、というケースが実に多い印象を受ける。

僭越ながら、私自身、知人、友人からすれば上記の人物像にあてはまる率が非常に多いし、私自身もオフィシャルでは否定しない。

故に犯人のある種の狂気、動機、息切れ、眩暈、、、、救心、救心。

失礼。コトバに戯れてしまいました。

なんとなく殺害に至る理由がわかる気もします。

まじめな人ほど「まじめじゃない」、というストレスを持ってますし、いい人、ほど「いい人じゃない」、反覆したものを多かれ少なかれ持ち合わせています。

それらが蓄積されて何かの拍子に『爆発』、するのが『殺人』、につながるのですが、そこは私個人は納得できない、というか完全に理解はできないです。

社会人になると日々、殺したい人って誰かしらいます。

状況判断できない人、都市生活不適合者、不潔な人、無視された人、サルのような知能レベルの輩などなど…。

けれども殺人に至らないのは「殺すほど価値のあるものではない」、という判断がされるからです。

大抵の人はそういうリミッターがあります。当然私にもあります(あるからこうしてブログも書けています)。

そのリミッターがなくなった人が殺人の衝動にかられるのでしょう。

殺人は衝動だけでは成立しません。

あとは状況やタイミングです。

被害者の方は状況、タイミング、運が悪かったとしか言いようがないです。

もはや安心できる場所なんて公共の場所、共有の場所には皆無、と考えるのが良いのかもしれません。

家が我が城、外は敵陣、敵を作るか作らないかはその人次第。周囲には注意、警戒を払うのに損はなし。

こういった残忍な犯行に巻き込まれないためにも普段からすべきことは、毎日の、曜日ごとの生活パターンを一定にしないこと。パターンが一定になってしまう場合はズラすことができない公共、共有のスペースでの行動、状況に細心の注意を払うこと。

このブログ、見て下さっている知人、友人の方は私の事をそれなりに知って頂けているので大体はご理解いただけると信じますが、私の素性、人となり、人格、品格、なんかを知らない方はこの記事の内容でドン引き、なり拒否反応なりされるかもしれませんが、ここでお断りを入れておきますと、私自身は殺人をする人ではないですし、アブナイ素性の人ではございません。精神的に病んでる人でもありませんので、今後とも我がブログを宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-30 23:00 | ヒトリゴト

橋下大阪府知事に物申す

まだ最終決断はしていないが、ここ数ヶ月の橋下大阪府知事の「公人」、としての言動は何となく理解できないことが多い。

大阪府が巨額の負債を抱えていて、夕張市と似たような状況である、危機的状況なのは実感こそはないにしろ、そう言うならそうなんでしょう、という感覚的な事はわかる。

わかる、が夕張市と大阪府の違いもある。

人口、若年層の割合、などは夕張市よりも多いはずだ。

府知事は府政と民間企業の経営を比較して論議を繰り返している。

それは正攻法であるかもしれないが、これまでの公務員業どっぷり、府政の慣例みたいなのに慣れ親しんできた人からすれば急展開すぎるんでしょう。

ある公務員が言っていた「民間と公務員は違う」、これもまた正論である。

それでも、橋下府知事は引き下がらずに「文化は失くして行っても残るのが文化だ」、というニュアンスの発言をした。

ゆえに、府が運営するする施設を廻って廃止するか否かの検討をしているそうな。

廃止前提です。

文化の芽を摘む作業をしている府知事。

気づいてるのでしょうか?

府政を緊縮する結果、残ったのが文化なのかもしれないが、そもそも現代に文化なんてあるんでしょうか?

文化を選別するほど府知事はエライんでしょうか?

疑問ばかりが脳裏を錯綜します。

本当に大阪府政を考えるならば、公務員は借金完済まで一律、最低賃金にすればいい。

公共施設は廃止をする前に値上げをすればいい。

公共事業の見直しを検討すればいい。

大企業の誘致を促進すればいい。

まずは公務員、公人、法人のサイドでやれることをやって欲しい。

それでもダメなら府民に対して説明した上に税金を上げるなりすればいい。

橋下府知事は何となく性急に事を運ぼうとしているように思えてならない。

熟考せずに場当たり的に行動しているように見えてしまっている。

このブログを書くきっかけになったのは数日前の高石市のスケートリンク廃止を検討、という報道を見たときだ。

私自身スケートなんて何の関係も利害もないのだが、「ジャンプのできる数少ないスケートリンク」、として地方からも練習にやってくる、という事を知り、高橋大輔選手もこのリンクの出身だという。

これって生まれてきた文化なような気がしてならない。

それを摘む、可能性があるという。

直感的に非道に思えたのだ。

橋下府知事の行う、施策が完遂すれば府政は良くなるもというか健全にはなるでしょう。

しかし、その反面、これまで培われてきた文化は困窮し、これから芽吹こうとする文化は搾取されて殺伐とした府政になるかもしれません。

もっと良く考えて欲しいです。

まだ考えをまとめる時期であって欲しいです。

文化は政治のやり方ひとつで生かされもするし、殺されもすることを知って欲しいです。
[PR]
by nash5g31. | 2008-05-16 23:43 | ヒトリゴト

自殺&殺人

硫化水素での自殺、女子高生の殺人、いまの日本の事件、犯罪、ってどうしようもない連鎖性がある。無意味な連鎖、不必要な連鎖、くだらない連鎖。

ある薬剤とある薬剤を混ぜて殺傷性あるガスを発生させて人生くだらないことで疲れて自殺を考えた輩が死ぬのは一向に構わないが、周囲の住民を巻き込むのは戴けない。

自殺は推奨しないし、人間としてやってはいけないことだとは思うが、やるんなら他人に、親族に迷惑かけずに『やれ!』、と言いたい。

身勝手に自殺はするな!、するなら10年、20年判らないくらいに墓石、葬式代残して、段取りして自殺しろ!、っと進言したいです。

殺人も近年は愉快犯、というか猟奇殺人が増加傾向にあるように思える。

こういう殺人事件、って必ずしもタイムリーに報道することが犯人逮捕にプラスにはたらくようにはあまり思えない。

ニュースでも、ワイドショーにも取り上げられてしまうのは自己顕示欲の強そうな犯人にとっては思う壺、というか願ったり叶ったり、のように思えてならない。

それよりかは犯人が第二の犯行を促すのを狙って敢えて第一の犯罪を伏せるのが得策のような気がする。

人の命、って奪うものでもないし、自ら絶つものではない、すべての人は生まれながらに天寿を全うすべきナニカを持っているはずです。

『死んだほうがラク』、なんて生きてるときにどれだけ、どれほど苦労、苦難を味わったの言うのだ!?と問いたい。

『自分ひとりが死んだとしても世界は変わらない』、なんて主張する自殺志願者には傲慢な主観を修正、粛清したいですね。

人間の可能性って考え方ひとつで何とでもなるし、いくらでも伸ばしていけるものだが、どこかで安易にあきらめてしまったり、絶望したりする人が死に急いだり、他人に死を課したりするんでしょう。

死を考えてる人、殺人を切望する人は相反するようで共通項も多分にあるように思えます。もっと自身の可能性、を考えたり、変えたりする勇気があれば生きる方向、生かす方向に向かえると私は考えます。

自殺する勇気あるなら、死ぬ気でもっと別のことに打ち込めるはずです。

人を殺す勇気があるなら、女子高生を殺すよりも、老人や日本の国力になってない男性を殺すべきで、女、子供を殺すのは愚の骨頂です。

女、子供殺すんなら自殺しろっ!、と進言致します。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-09 23:46 | ヒトリゴト

北京オリンピック

北京五輪はどーなるんでしょ?

ギクシャクした聖火リレーは私の人生の中では前代未聞。スポーツの祭典が政治的手段、外交問題に発展してしまっている。

ここにきてダライラマ14世が動き活発だ。

このオッサン、…失礼、チベット仏教の長の外見、容姿は生理的に『崇高な人』、と思えない。

チベット問題なんて全く興味なかったし、知らなかったのでネットの百科事典で調べて目を通してみたが、それでもよーわからぬ。

なぜ、オリンピック開催時期に暴動が起きたり、ダライラマが蠢動したりするんだ?

中華人民共和国のひとりよがりな政治手法が発端だったりするらしいが、それでも、どーしてこの時期に?

結果論的に言えば効果的である。五輪開会式に不参加国が増えてきている流れだし…。

けれども、実際チベット自治区、ダライラマ一派が活動するなら、北京に五輪誘致が決まった時でも良かったはず。

だのに、五輪開催直前にアクションを起こすのは計画的な行動に思えてならない。

誘致した当初に活動するよりも、開催直前に行動するほうがインパクト、影響あるのは間違いない。

わかりますよ。

しかしながら、そこまで行動するならば、ダライラマはアメリカに行くよりも、チベットに戻るべきである。

亡命政府などと称されるままじゃなく、チベットを国として独立させる行動をとるべきである。

この騒動を傍観していると「どーして、チベットは独立国家になり得ないのか?」、という疑問がぬぐいきれない。

中国にとってチベットは重要な存在なのだろうか?

漢民族が主要な人種たる中国は古代の頃からその周辺の異民族の侵入を何度となく受けてきた国家である。

チベットなんて別に必要ないんじゃないの?

必要なの?

西方浄土(ヒマラヤ?)の意味合いは日本における富士山並みに「漢民族世界一」、的思考で必要なエリアなのでしょうか?

いずれにおいても、北京オリンピックを目標にして来ている選手が可哀相である。

なんだかんだ書いているうちに諸悪の根源はIOC、オリンピックを北京に、と決めたオリンピック連盟が一番罪が重いのかもしれない。
[PR]
by nash5g31. | 2008-04-11 23:26 | ヒトリゴト

芸能人のためのクイズ番組

代表的なのは「ヘキサゴン」、であるが、最近、クイズ形式の番組が増えているような気がする。

その問題レベルは社会人とすれば常識レベル、番組によっては小学生レベルであったり、要は低次元なクイズ番組が非常に多い気がする。

回答者たる、芸能人の答えは大ボケもいいところ。

それが、番組としての狙いであったりする。

終わってます、、、、。

芸能人、って昔も今もいい意味で『普通の人じゃない』、『一般人の常識が通用しない』、というのがある趣ウリであるはずなのに、クイズ番組にかこつけて常識を求める番組のダシにされている。

おかしいです。

一般人たる多くの視聴者にとって小学6年生の問題を出題されたところで、くだらないんです。回答する芸能人がまともな答え書いたところで面白くないんです。変な答え書いたとしてもしょーもないです。プラスにならないんです。

結局、面白くないんです。不毛なんです。

バカキャラ扱いされているタレントさんは可哀相ですね。賢くなるのがタブーなんですから、、、。

芸能人はバカでもいいですやん。
[PR]
by nash5g31. | 2008-03-30 23:04 | ヒトリゴト

イージス艦が巻き起こした事

「清徳丸」とイージス艦「あたご」の接触事故は人為的なものなのか、避けられなかった事故なのか、となると前者の見解が正しい感じだ。


この事件、事故で、沖縄の米兵による暴行事件は何か霞んでしまっている。


暴行<人命、という図式なのか…。


石破防衛大臣は被害者宅への謝罪ではなく、漁協へ謝罪に赴いている。


それは正しい選択なのだろうか?


今回の事故は、自衛隊の存在意義が問われる事故であるように思われる。


なのに、そこまで言及しているマスコミは皆無だ。


早朝の東京湾近海の漁船を意識してなかった「あたご」の乗組員。意識してないなんてありえない、意識してなかったら彼らは日本人ではないのかもしれない。


きっと、職務怠慢だったに違いない。


それだけだ。


それ以外考えられない。


レーダーと目視なんて、船を生業にしている人なら当然の責務。自衛隊なら普通にしていて当然。


なのにしていない、怠っていたなんて言語道断、である。


いまだ、真相は見えず、被害に遭った乗組員の親子は発見されずにいるが、過失があったのは否めないだろう。


これは法に裁かれるべき事件である。


自衛隊は反省すべきだし、もっと謙虚になるべきである。


なれないのなら自衛隊はやめるべきだ。


全然潔くないのが非常に腹立たしい。
[PR]
by nash5g31. | 2008-02-23 02:06 | ヒトリゴト

ユニバーサルサービス

もう去年から導入されてたんですね。

気づいてはいたけれど、深くは考えなかった、追求しなかった、というのが正直なところです。

携帯電話の利用料金のお知らせで目にしていたが、「なんだろう?」、と思った程度であったのだが、つい先日、プレステ2のインターネット接続料のお知らせハガキにユニバーサル料金についてのくだりがあったのがきっかけだった。

月額6円程度のものに気を揉むのはどうかと思われるだろうが、それは大きな間違いである。

そもそもユニバーサルサービス料とは何なのか?

緊急時の連絡などをする際の料金だそうである。

???

電話、って緊急の時に必要なアイテムですよね。

災害時の連絡をしてくれる、というためなのだとしても、大災害なんかに遭ってしまう時って携帯電話なんて殆ど役に立たない。それを発信する首都圏に大災害が起こったりしたら、そのサービス自体受けれないんじゃないの?

そんな万が一の対策費用として月々6円、って高いのか安いのかと言えば安いんでしょうね。個人単位で考えれば…。

1億人がそのサービスを利用しているとなると1ヶ月6億円、1年で72億円が捻出されることになる。

すごい金額です。

総務省主導の隠れた国家予算なのでしょうか?

「…前略、お客様各位におかれましてはユニバーサル制度についてご理解をいただき、ご協力を賜りたく宜しくお願い申し上げます。」

と、理解を求めていますが、私も含めてこのサービスについては拒否権なく自然と、というか強制的に払ってしまっている。

この国は民主主義国家のはずですよね。

このサービス制度のやり方って凄く共産主義的な感じがします。

払わないでいい方法、ってあるんでしょうか?
[PR]
by nash5g31. | 2008-01-25 22:47 | ヒトリゴト

液晶とプラズマ

年末年始、来年は特に「北京オリンピック」もあるので、テレビ販売業界はアツくなりそうです。

液晶テレビはシャープが王者。東芝がその座を獲ろうと躍進。ソニーも復活を果たしている観あり。

プラズマはパナソニックのシェアが高いが、『薄型テレビ』、として大くくりとすると1位はシャープ、2位パナソニック、となっている。

薄型テレビ、というくくりは個人的に非常に違和感を感じてしまう。

私自身がパナソニック、松下電器にお世話になっているから言うわけではないが、「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の性能は根本的に違うのに大くくりで「薄型テレビ」、というのは結果的に「液晶テレビ」に有効となっている現状がある。



事実を言います。




液晶テレビの映像はバックライト照射のため、映像画面の奥には蛍光灯がある方式での映像です。

プラズマテレビは自然発光式なので従来見ていたブラウン管に近い感じの映像です。

動画での処理能力や色再現力はプラズマが圧倒的に優れています。

ただ、人間の眼は機械よりも優れているため、液晶でも違和感なく見れてしまいます。

それも事実ではあります。

普段眼にするものは液晶画面が圧倒的に多いです。

PCしかり、携帯しかり、、、。

ただし、ドライアイになってしまうのは液晶テレビが原因である可能性は高くなってしまいます。

テレビをじっくりご覧になられる人、ゲームをよくされる人、スポーツをテレビで観戦される人、お子さんの視力を懸念される人は是非ともプラズマテレビを購入してください。

液晶テレビは明るい明るい家電量販店ではくっきりはっきり明るく見えてしまいますが、実際家庭に置いちゃうと白っぽいでしょうし、黒潰れしちゃうところは否めないです。


プラズマ、という響きが「電磁波出てるんちゃうの!」、的な認識があるのかもしれませんが、電磁波なんて言うのは電化製品の全てが出まくってます。プラズマテレビだけが出てるわけではないです。

電磁波を気になさるなら携帯電話はPHS、ピッチにする事をオススメします。

液晶テレビ=アクオス(シャープ)が代名詞となっていますが、CMに代表されるように静止画的な表現、吉永小百合さんによるゆったりしたイメージが『安全、安心』、といったイメージがかなり先行してたり、香取慎吾のアンニュイなイメージが『安堵感』、の評価を得ているのですが、製品の能力とはまた別物なんです。

そんなプラズマ優先のコメントをしている私ですが、住まいのテレビは依然としてブラウン管です。プラズマはまだまだ安くなるので、今すぐに買うべき商品ではない気はします。2011年の段階でプラズマ買うぐらいでも充分だと考えています。

液晶買う人、買いたい人は取り合えず、買えばいいんです。

逆ギレではないです。

テレビをどれだけ見るか、どこまで真剣に見るか、なんて個人差があるでしょうし、、、。

ただ、知って貰いたいです。大くくりの「薄型テレビ」、は大きな、決定的な違いがあることを…。
[PR]
by nash5g31. | 2007-12-20 00:19 | ヒトリゴト

ノイズキャンセリング

先日、P社の携帯音楽プレーヤーを購入した。

それまではド・アナログのカセットテープ・ウォークマンを使用していました。

年代的にカセット式がどっぷりだったし、MDが出てきたときに乗り遅れたのが響いて未だにカセット派だったんです。

CDを買って、自分のお気に入り曲をベスト盤としてカセットに落とすのが趣味となっていました。

いっとき、携帯音楽プレーヤーをあまり聞かなくなった時期もあり、デジタル化に乗り遅れた原因であるかもしれません。

そんなこんなで半ば衝動的に買いましたが、実際使ってみると実に恐ろしい事実が発見されました。

「ノイズキャンセリング」、の機能が搭載されているのですが、先々日使ってみると…まず、イヤホンに違和感を感じるというか、着ける、という感覚ではなく、接着する、入れ込むという感覚で、騒音キラーの機能は実に恐い、機能でした。

それまでは外で聞く音楽はBGMの感覚でしたが、「ノイズキャンセリング」、の機能はほぼ音楽だけしか聞こえない。それしか聴こえないので電車移動だと今どこを通過しているのかが耳では認識できない。絶えず眼で確認せねばならない。

妙な神経を使い、変なストレスが溜まってしまう。

そんな「ノイズキャンセリング」だが、それが全ての騒音をかき消してくれるわけではない。変にオッサンの会話なんかが、微妙に入ってきたりしてギザ鬱陶しい感覚にも陥ってしまった。

騒音は確かになくなって音楽を堪能できるが、社会生活にはミスマッチなノイズキャンセリング機能である。耳は正常に聞こえているのに公共の場においては聴覚障害者になりかねない、生活のニーズに合わせた商品作りが必要だと思います。

AI機能が付いていて、最寄駅、目的地を予め入力することでお知らせ機能が付いている携帯音楽プレーヤーなんかが新たに世に出てくる事を切望、要望致します。
[PR]
by nash5g31. | 2007-11-08 19:58 | ヒトリゴト

今更ながらですが…

今朝の亀田興毅の謝罪会見はついつい見てしまった。


見てしまったおかげで、仕事も遅れてしまったりました(電車も雨で遅れてしまったので言い訳は雨になりましたが…)。


テレビ朝日の芸能リポーターが父・史郎が欠席していることを長男・興毅に執拗に詰問していたが、『いつ(興毅が)キレるんだろう?』、と妙な期待をする反面、『興毅、が可哀想やな~』、と思ってしまった。


2ちゃんねるでこの会見について意見が出ていて、概ね私の感情は多数派な観である気がした。


確かにセコンドについた興毅の言動は悪いのかもしれない。


亀田大毅の試合もライヴ中継で見ていた。


ボクシングはスポーツでもあるが、喧嘩でもあるし、殺し合いでもあるし、ショービジネスでもある。


試合の最終ラウンドでとったプロレスまがいの行為は論外の反則行為だが、対戦相手であるチャンピョンの右目上の古傷が出血していて、ポイントでは亀田側は完全不利の状況であれば目を中心とした顔を狙って攻撃を支持するのはボクシングとしては「あり」、の戦法だし、そこを改めて謝罪会見の場で詰問するのはボクシングを分かってない人が会見場にいて不適切な質問の応酬だったように思えた。


調印式や計量の際での対戦相手に対する(威嚇に類する)パフォーマンスはボクシングを健全なスポーツと捉えてる人にとっては異様に見えるかもしれないが、ショービジネスの観点からすればそんなの当たり前で、亀田史郎氏もマイク・タイソンがボクサーとして順風万帆な頃のファイトスタイルを自らの息子に具現化しただけなのだと私は思うのだ。


勝てば官軍、負ければ賊軍…。


亀田大毅の試合以降、ずーっと賊軍の亀田親子。何を言っても、どんな行動をとっても揚げ足をとられるし、反省、謝罪、説明を要求されてしまう。


これまではおんぶに抱っこ的な感じだったTBSやみのもんたからも冷たく見離されて糾弾する側になっている。


サングラスを着けずに会見に臨んだ亀田興毅の眼が心配だ。あれだけのフラッシュを浴びせられてしまうとケアをしない限り、視力は落ちるだろう。また、メンタル面でも巧くサポートしてあげないと腐ってしまえば成長の芽さえも失ってしまう。


そんなことまで父・史郎は考えていないのであれば、トレーナーとしてはやはり失格、人間としても失格、父親としても失格なのかもしれない。
[PR]
by nash5g31. | 2007-10-26 22:59 | ヒトリゴト