メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:マツリゴト( 53 )

震災と管政権

東日本大震災から1週間が経過した。

現在の報道は地震や津波の被害よりもそれに誘発されて崩壊しつつある福島県の原発の状況が報じられている。

関東では電力不足を解消するために計画停電を行っている。

電気が使えない3時間、何をするだろう?何が起こっているのだろう?

関西の私からすると少し実感がない。

けれども、仕事には大いに支障がある。

ミクロな視点で見るといろいろと目につくことがある。

先進国の日本に対する対応は日本に対して評価が高かったり、義捐金の動きがあったり、するのだが、中国は冷ややかな感じに受け止められる。他のアジア諸国が毛布万単位の寄付に対して中国は2000枚程度だそうな。国の規模からして少なすぎるような気がする。

修正意見あれば受け入れて記事修正します。

マクロな視点で見ると、民主党管政権は救われた地震だったのかもしれない。

結果的に予算組み直しでマニフェストも無視することができる可能性が出てきた。

小沢一郎の地元での震災で彼の票田が消失して管直人にとっては一安心なのかもしれない。

良いことばかりではない。反面、日本経済は向こう3年は低迷すると思われる。

打開策としては震災の地を経済特区にして色んなインフラの整備をして未来の日本のモデルにするしかないでしょう。

太陽光発電や風力発電など地球に優しい設備、リニアを開通させたり、未来都市を創るべきでしょう。

ここからは別に面白がってません、あくまで可能性の話です。

今回の震災は天災ではなく、人災、宇宙人の仕業かもしれません。

今回、現在の原発の事象は最悪の事態は回避されると思われます。

で、今回の事を踏まえて原子力発電の更なる安全性が問われて改善されるのだろうと考えます。

それができるのが日本人だから…。

少し飛躍してますよね。

私もそう思います。

なぜそう思うのか?

原発の状況が予想外の出来事すぎるのが、少し非現実的な感じがしたので、そう思っただけです。

これを機に日本は世界に対する付き合い方を修正すべきです。

世界にお金を投資するよりも自国に投資すべき時期、時代なんです。

ODAなんてくそくらえ!なんです。

いまこそ強気な外交、姿勢を現政権にはみせて貰いたいものです。
[PR]
by NASH5G31. | 2011-03-18 23:04 | マツリゴト

民主党政権を考える。

柳田、でしたっけ法務大臣が辞任。

法務関係に精通してた訳ではないが、大臣になってしまって地元のパーティでついつい口が滑ってしまった。

それって、その宴席での「冗談」、ですまされなかったのだろうか?

民主党政権になってから逆に政治不信が高まってきている。

本来は長きにわたる自民党政権の腐敗した秩序、物の考え方、などが不評になって民主党政権が生まれた経緯が遠い昔のことに感じられる。

権力を持ってしまうと自覚症状が鈍ってしまうのだろうか?

何とも情けない話である。

庶民派、有権者の目線で、という位置づけで政治を運営してゆくのが民主党の基本方針であるはずなのに、全然そうでない。

今の政権はかつてないほど「かんかんぐだぐだ内閣」である。

民主党議員はそのひとりひとりが危機感と責任感を持つべきです。

それと大臣になる人はもっと勉強すべきです。

できないのなら断るべきです。

現・民主党政権には危機管理能力が欠如しています。

失言、暴言などの対処法は野党時代に培われているはずなのに、用をなしていないのが現状だ。

日本、って民主主義、政党政治、というのが似合わないのかな、って思ってしまう。

封建主義で今の天皇だと国の内外で問題あるかもしれないが、いっそのこと大統領制にしたり、なんだったら征夷大将軍復活で日本も北朝鮮みたいに「将軍様」を国のトップにおいて日本の未来、将来を担わせてみたらいいのかもしれない。

それを選ぶのはあくまで国民総投票の選挙を行って…、ですが。

なんか生ぬるいです。

現状の日本の政治って。

くだらないです。

今の日本の政治って。

革命起こしてほしい、というか革命起こしたいですよ。
[PR]
by nash5g31. | 2010-11-23 22:08 | マツリゴト

TPP

「TPP」。

「と〇ながさん、ピンク、パッション」、の略ではない(なんのこっちゃ)

「環太平洋戦略的経済連携協定」の略だそうだ。

この協定を結べば互いの輸入品にほぼ例外なくこれまで掛けられていた関税が撤廃され、貿易が活発になることとなる。

政府はこの協定の議論に参加する意志がある方向で話を進めているが、農業に携わる人々からは猛反対が起きてきている。

日本は輸出して儲けて財をなす貿易立国。

どうして農家が反対するのか?

この協定で輸入されてくるいろんな食品が格安になり、日本産の食品が売れなくなる、ということが想定されるからだ。

一理あります。

食糧自給率をある程度は維持しないと輸出入が滞ったときに飢えてしまうかもしれないからだ。

白米なんかは減反が更に進むと農業だけでは生活できなくもなるからだ。

ただし、リーマン・ショックや円高など現状の経済状況は底を脱した感はあるにしろ悪いことには変わりない。

管直人がTPPを黒船になぞらえたが、TPPは日本経済にとっての閉塞感の脱却、起爆剤にはならないだろうか?

日本の優良な製品が関税なしに海外在住の各国の人々が購入できるとなれば日本にとっての工業商品の黒字化は更に伸びるような気がする。

「メイドインジャパン」、「メイドインジャパンメーカー」が世界に轟けばいい。

無論、農業全般、全体となると黒字化は厳しいかもしれない。

けれども、ビジネスチャンスと捉えれば、日本の米だったり、日本酒、日本の果物、焼酎、野菜など日本の食ブームを再度世界にアピールできるかもしれない。

「TPP」に参加するなら、日本の農業に更なる支援をすべきなのかもしれない。

その支援というのは政府から直接、ということもありだが、「TPP」によって恩恵をうけるであろう工業商品製造メーカーが農業をカバーする、という間接的な保護政策を行ってみるのも一考ではないだろうか?

例えばテレビ作って売る電機メーカーが〇〇県の△△エリアの農家に売り上げの何%かを還元する、という協約を策定することにより、農家を企業が保護し、共存するというしくみを作れば海外にもひけはとらずに戦えると思う。

フォローする制度を整えた上での「TPP」参加は充分にアリだと考える。
[PR]
by nash5g31. | 2010-11-11 18:40 | マツリゴト

政争の「愚」

民主党の代表選に小沢一郎が名乗りをあげた。

これまで代表ではなく幹事長職にこだわっていた政治家が突如、表舞台に顔を出してきた感じだ。

その真意は当人しかわからないだろうが、ここ一連の動きは小沢一郎のシナリオに沿っているようにしか見えない。

それに呼応するかのように管直人はいつにも増して熱い男を演じている、ように見える。

この結果でもし、小沢一郎が総理大臣になろうものなら、民主党内でも、マスコミでも「納得いかない」、となってあることないこと報道したり、直接インタビューを試みたり、テレビ番組出演を要望したりするでしょう。

はたまた、結果はどーあれ、民主党分裂の可能性もグン、っと増したのかもしれない。

いままで野党として自民党の派閥争いを野次ってた、否定してた民主党がいまや自民党と同じ派閥争いをしている、一年生議員を取り持って票固めに奔走する場面を報道なので目にすると、くだらない。とってもくだらない。

未だ経済状況が良化していない中、円高が進む。ほとんど報じられてないが、輸出産業は大きな損失をしているはずなのに、政府からはこれといって対応していない。

そのことをマスコミもたいしてとりあげない。民主党内の政争を報じるのが国民の関心事が高いと思っている。

政治家のレベルが低いのは仕方ないが、マスコミの報道の取り組み方、というのもNHK、民放各社ともに一様で突出したものがない(すべてのチャンネルのニュースを見てはいませんが…)。

…やっぱ民主党分裂かなぁ~。
[PR]
by nash5g31. | 2010-08-28 12:33 | マツリゴト

沖縄問題と鳩山総理と…

何に対しての「抑止力」なのだろうか?

中国、なんて言ったら非難轟々なんでしょう。

北朝鮮、なんでしょうが、沖縄にあってどこまで抑止力がはたらくのでしょう?

日本においてのアメリカ軍の基地問題は自民党政権時代は棚上げされてた問題でそれを問題提起したことに関しては一定の評価はあるのかもしれないが、「移転する」と明言しときながら結局はできないような雰囲気になっている鳩山総理の発言は引責問題にならざるをえないだろう。

鳩山総理の責任も大きいが、どうしてここ近年の日本の総理大臣には優秀な側近がいないのだろう?

『それは言いすぎですよ』、と諌める人がいないものなのかねぇ。

なにも「3月までに…」やら「5月末までに…」、なんて自ら手カセ、足カセ付けなくても政治なんてコロコロ変わるもの、外交なんて綿密な根回しが必要なもの。

そんなの政治家やってなくても判るでしょうが…。

自らを愚か、というのは構わない。謙遜ともとれるから。しかしながら、総理という立場で自らを愚か、というなかれ。

私は愚かかもしれないが、私は閣僚に恵まれている、リーダーという立場では懸命に努力する、という姿勢を保っていたならば「三国志」の劉備玄徳ばりに人気をキープできたことでしょう。

沖縄の米軍基地問題を「少なくとも県外移設」、と言ったら納得して貰える候補地は北方四島か竹島ぐらいしかないでしょう。

実現はかなり低いですが…。

けれども、それくらいの提案をして日本におけるアメリカ軍の駐留は縮小の方向性を模索すべき時代に入らなければならないように思えるのだ。

アメリカ軍に変わって自衛隊が国防を担う。

これでいいじゃないですか。

自衛隊が軍隊か?否か?、日本が軍拡を始めた、という物議を再燃させてしまうが、日中関係はアメリカ抜きで話し合わなければわならないし、北朝鮮問題もアメリカが絡むからややこしい側面も持ち合わせている。

こんなのやってみないことには『たられば』話に過ぎない。

政権が自民党から民主党に変わって『チェンジ』か?、と思いきや『見直し』、ばかりである。

国家ビジョンがない、と言われるのも道理だ。

このままだ日本の将来は非常に暗い。

どうすれば明るくなるんでしょう?
[PR]
by NASH5G31. | 2010-05-06 15:10 | マツリゴト

小沢一郎元秘書の逮捕

石川某・衆議院議員が逮捕された。

連日報道されていた小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」にまつわる使途不明金4億円の問題で結局は逮捕されてしまった。

正直、この問題、事件というのですかね…、関心自体は全然ないんです。

政治とカネ、なんて根本的なシステムを変えない限り切っても切れない、ってどこかでわかっているし、それ自体は自民党がこれまでやってきた事だし、やってると噂されているのは自民党本流の小沢一郎なのだから、今更…、って感じなんです。

何が気になる、何がおかしい、ってマスコミは不明な4億円の出所やだれが隠匿するよに指示したか?、というありきたりの関心事ばかりだが、肝心要の逮捕された石川議員が「どうして不正な事を行ったのか?」、このことについて言及するマスコミはないことだ。

石川議員は元々議員に、秘書になる前から小沢一郎の書生として住み込んでいた人間なのだから、小沢門下生なんでしょうから、そういう面から今回の問題を追求して行けばいいのにどのメディアもそういった戦略を用いていない。

そういう不甲斐なさは残念でならない。

小沢氏の政治理念、というものには一定の理解、支持はするものの、ここ最近の中国大訪中団、幹事長の立場でありながら、内閣に「国民の意志だから…」、と進言したり、今の民主党政権はいろいろ問題があったな中でも支持されてた、と結果論を強調したり、と潔くないコメント、言動がが増えてきている感じがします。

もうすぐ国会も始まるそうですが、野党となった自民党がどこまで糾弾できるでしょうか?

ここは最初で最後の正念場かもしれません。
[PR]
by NASH5G31. | 2010-01-16 22:43 | マツリゴト

病気の辞任

財務省大臣の藤井氏が健康上の理由で財務大臣を辞任した。

色んな憶測が飛び交っているが、そんなのはどーでもいい。

問題なのは健康上の理由、ということで要職は辞任、国会議員は辞任してないということだ。

そりゃ、重責なのかもしれません、大臣という職は…。

けれども、国会議員というのは国民の意志を代わりになって国政を担っていく、という事自体が重責なはず。

それはやはり77歳の高齢では厳しいのかもしれません。

国会議員になる、ということはすなわち『大臣になるかもしれない』、ということは政治を知ってる人なら、何回も当選している人ほど判っているはずです。

別に藤井氏だけを糾弾するつもりはありません。

こういった健康上を理由に大臣を辞める議員はこれ以前にもいましたし、そのときに過去のブログで触れていたと思います(確認してません)。

メディアの捉え方も「辞める」→「次の大臣は誰だ?!」、に特化していて大臣を辞意した議員の資質を問うことをしない、これが問題かと思います。

こんな国内政治の迷走ぶりはまったくもって日本の議院内閣制は成熟していないんだなぁ、と考えざるを得ない。

こんなことを繰り返すようであれば、さすがに国民は自民党から政権奪取した民主党も結局は自民党政権と何ら変わりない、ということになってしまうんでしょう。

小沢一郎氏は今のこの政権をどう評価しているんでしょうか?
[PR]
by nash5g31. | 2010-01-08 23:36 | マツリゴト

民主党政権に物申す

民主党政権発足から久しいが、鳩山首相は海外の舞台で脚光を浴びるカタチに…。

メディアは幸夫人の「ファーストレディ外交」、を取り上げていたが、滑稽にみえて仕方がない。

やってることは外交じゃない、「おたわむれ」、でしかない。

民主党政権だととある企業が躍進するとかしないとか…。

松下政経塾と民主党は大きな関わりがあるという。

国連の場における鳩山首相のCO2大削減の大目標もあながち空理空論ではないのかもしれない。

民主党政権は良くも悪くも財政、財源をどうするか、が最大のテーマである。

海外で絶賛も。それは指針、目標が絶賛なだけで、具体案はどーなの?、が突っ込みどころで、今週だと前原国土交通大臣と八ツ場ダムの問題が争点になっている。

争点は早急に解決、解消していかないと政権運営は困難になるでしょう。

かたくなな態度、姿勢は国民にとってメディアにとってマイナスに映らないように、映るなら終息させるべきである。

それが分かりやすい政治だし、メディアを敵に回さない施作であったりする。

日本において現在この刻、時代は「革命」、の時だと思うのです。

革命だからこそある種、強引さも必要だし、現代だからこそ説明もまた必要、重要だったりします。

鳩山首相はメディアに主張し続ける首相であってほしい。

そうすることで政権運営は長くできると思う。

自民党政権とはこれが違う、ということを「見える化」、することが重要である。
[PR]
by nash5g31. | 2009-09-25 23:20 | マツリゴト

脱・官僚

民主党政権が始動。

傍から見ると何ら変わらない。でもお遊びな感覚、人事はなかった感じ。

メディアが民主党政権に期待と苦言を提示している。

それを民主党は受けている、そんな構図の数日が続いている。

これまでの長い自民党政権の膿み、派閥政治が官僚にも影響を与えていた。

それを打破なり、改善、改革を行おうと着手しようとしている民主党政権である。

スローガンは「脱・官僚」。

こないだの選挙までは「脱・自民党政権」、だったのにいまや「脱・官僚」。

官僚がすべて悪いのか?

そうじゃないような気がする。

官僚のこれまでの常識、認識を変えてあげる、国民レベルに照準を合わせることを民主党政権は唱える方が政権運営をスムースにゆくと思う。

「脱・官僚」は敵対心丸出しである。

わかりやすいけれど、政権運営が鈍化しそうな危惧もしてしまう。

官僚、ってプライド高いイメージがあるので、否定するよりも、変化、変革を認識して貰うだけで理解してくれそうだから…。
[PR]
by nash5g31. | 2009-09-18 22:49 | マツリゴト

衆議院選挙(3)

やはり民主党の圧勝でした。

圧勝過ぎて逆に怖い気がします。

参議院もかつての野党が議席あって、衆議院も民主党が単独与党ともなれば、独裁政権の道が拓かれてしまうからです。

民主支持<自民にNO!、という結果かもしれない、と言っていた評論家もいますが、そうなのかもしれません。

民主党で当選した候補者は若い人、アラフォー世代の人が多い気がします。

政権交代は政治家の世代交代もかなりの割合で+αの要素がはたらいているのかもしれません。

私は選挙に行きませんでした。

なんか結果見えてたし、何といっても候補者が物足りなかった。

比例区だけでも投票すべきでしたが、行く気にならなかったです。

ただ、心配だったのは幸福実現党の躍進だけでした。

当選者が少なくて安心しました。

政教分離、は国民に浸透していて良かったです。

ただ、民主圧勝はメディアに流されすぎ、日本人的、と評すればそれまでですが、日本の政治であったり、外交であったり、経済のしくみがいいように変わればそれはそれで良いと思いますが、選挙に投票に行った人々、民主党を支持した有権者はこれからの4年間、まずは政治に関心、意見を持つぺきです。

それは義務であると思われます。

自民党を支持した有権者も同じく政治に関わるべきでしょう。

民主党の責任は重い。

国民にとって分かりやすい、納得できる政治姿勢を見せないと即、ソッポを向かれてしまうでしょう。

政治を変える、日本を変えていく、となると4年でできるかというと十分にはできないと思います。

変わっていく、政治姿勢が変わらなければ、国民は支持してゆくと思いますので、ブレない政治、それを民主党政権には唯一無比に求めたいものです。
[PR]
by nash5g31. | 2009-08-30 22:39 | マツリゴト