メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:イエローアラート( 25 )

烏合の衆

のたぶたさんのブログを拝見しまして…。

私はAKB48には性的魅力は感じられません。

かつて秋元康がプロデュースした「おニャン子クラブ」も全然ハマらなかった過去を持つ私です。

近頃はAKB意外にもNMBやらSNDやら地域多人数アイドルユニットが乱立している。

ファン心理を刺激するものとしては素人アイドルを応援してメジャーに育て上げる、という風に設定されている。

何か純粋にアイドルを応援する気持ちを作為的に操作されている気がして嫌なんです。

秋元康が嫌いなのも大部分あるのでしょう。

AKB48のギャラって1/48なんでしょうか?

1人、1組のアイドルのギャラが10万円だったとしましょう。

AKBの場合は1人あたり均等割りだとたった2083円です。

この格差は団体アイドルやってるメリットあるのでしょうか?生計立てられるのでしょうか?

好きな人はそんな現実問題突きつけられると、

可哀想!ますます応援してあげよう!と思ってしまうんでしょう。

それですら秋元の思うツボ、と類推すればますます腹立たしい思いがします。

最近、地元だとNMB48のうちの数人が朝の番組に出演してたりしてますが、そのうちの1人は朝が弱いのかむっちゃ眠そうな態度だったりします。

そんなの見たら朝からむかついたりしてしまいます。

流行だからってメディアはこういった多人数アイドル、烏合の衆アイドルを擁護、よいしょ、したらダメです。

芸能界のしきたりは厳然と守ってもらいたいものです。

AKB48も早く解散してソロで頑張ったほうが健全です。
[PR]
by NASH5G31. | 2011-05-19 21:52 | イエローアラート

マグロ

大西洋でのクロマグロ漁の是非が問われている。

日本のメディアはこぞって

「日本の食文化が…」、

「マグロが食べられなくなる!」、

「マグロの価格が上がるかも!?」、

などと擁護姿勢の報道になっている。

私もマグロも含めた刺身や鮨は大好きだ。

けれども、ここ10年ぐらいだろうか、世間というか地域社会に寿司屋が増えたのではなかろうか?

幼児がマグロの鮨を「おいしい」、と食べるシーンを見たりすると、

自分の幼少期と比較してしまう。

私が小さい頃なんて鮨を食べるのは正月に帰省したときか、祖父が地域の寿司屋に連れてって貰ったときぐらいしかなかった。

後者のときは『にぎり』ではなく、『ちらし寿司』がご馳走だった。

昔からすれば現代の食生活は高級志向に安さが大きくかかわっている。

これが健全だろうか?

寿司は『高級な食べ物』、という位置づけがいいと思う。

少なくとも未成年は滅多に食べられないジャンルでいいと思う。

週末ともなれば寿司チェーンの回転寿司に家族連れの行列ができるのを目にすることがある。

それってその家族からすれば当たり前、イベント、だったりするのでしょうけれども、私の目から見れば異様にしか映らない。

家で寿司飯作って、色んな具材で巻きずしなり、ちらし寿司を家族みんなで作る方がどんなに楽しいことか、そういうのをするほうが断然おいしいし、子供への教育、食育にもつながります。

今回のマグロ騒動、一旦考えてみてください。
[PR]
by nash5g31. | 2010-03-18 20:29 | イエローアラート

フィギュアにみる将来の日本

日本のフィギュアスケート界を見ると、女子では浅田真央が調子を落とせば安藤美姫が台頭。


男子でも高橋、織田が凌ぎを削って首位争いをしている。


フィギュアにおけるアジア勢の占める割合は年々大きくなっているような気がする。


日本人として日本の選手が活躍するのは嬉しいが、フィギュアに関してはかつてはヨーロッパ勢、特に東欧や経済国でない国が強かったイメージが勝手にあります。


今の日本は赤字国債返せる目処が立たない、公共事業見直しで(それがあるべき方向性だとしても)、工事そのものの件数は減り、この先数年は経済成長は望めない。


それどころかかつての経済大国からの脱却をせねばならない状況下にある。


そんな日本の状況がかつてのソ連崩壊前の状況と重なって見えてしまいます。


航空業界も空港の国際化以前に、航空会社JALの行く末が危ういかも、という事を最近知る。


観光立国は中途半端で無理な将来の日本。


エコカー、省エネ家電などの製品を輸出して再び経済立国が唯一の道だが、どこまで日本の技術が守っていけるか?、どこまで継承していけるか?地味だけどそれが一番大事なことかもしれません。
[PR]
by nash5g31. | 2009-11-07 22:53 | イエローアラート

忘れっぽい日本人

今年でしたよね、新型インフルエンザが流行ったの…。

どこもかしこもマスクだらけだったのが遠い昔のように思えます。

先週、先々週と電車に乗ってると幼稚園~小学生の団体が乗り込んだりしているシーンを目にした。

秋の遠足シーズンです。

マスクむしている団体を見たのは1組だけ。

幼稚園児にマスクさせるのは長時間堪えれない、と判断しているのだろうか?

再び新型インフルが流行りだして、死者も出ているにも関わらず、感染率の高い若年層が無防備な状態で公共交通機関を利用する。

思い出作りも大切かもしれませんが、風邪予防も大切かと思います。

海外から新型インフルが入ってくる…、

国内で感染者が発生する…、

ワクチン接種の回数やら、範囲、タミフルの備蓄など対策に関する報道は随時されているが、過熱報道ではなくなっている。

今の時期こそインフルエンザ対策、注意喚起を報道メディアは過熱報道すべきなのにそんなはしない。

流行りだして感染者拡大、学級閉鎖、とかになると報道は過熱するのでしょう。

パンデミックになる前に新型インフル対策した方がいいですよ(←誰向けのメッセージやねん!)。
[PR]
by nash5g31. | 2009-10-26 07:49 | イエローアラート

第二次ベビーブーム世代

私らの世代、30歳半ばの世代というのは不運というかそういう境遇なのか、格差社会が必然たるべきなのか、「仕事」、に関する安定感、というのが他の世代に比べて著しく低い気がする。

学生から就職活動する時期はバブルがはじけた就職氷河期、ということが報じられた。

それから十数年、経った本年、アメリカのサブプライムローン破綻だけではないが、それが起因して輸出業としてはトップの自動車メーカーが業績を落とした挙句、派遣労働者、非正規社員の首切りを余儀なくされてしまった。

正社員だけが就職の道ではなくなった現代において最も派遣や契約として働いているのが私ら世代。

かくゆう私も正社員になったことはない。

フリーター⇒契約社員⇒派遣社員⇒プー太郎⇒契約社員、で現在に至る私としては身につまされる思いで最近報じられている急な解雇通告のニュースを見てたりする。

私なんかと違って技術を持っている人が職も、住まいも同時に失ってしまうなんて理不尽すぎる。

無論、契約や派遣は「急なる解雇もよし」、としての契約内容だから雇う側の企業としては間違ったことはしていない。

私も含め平和ボケしているだけなのかもしれない。

私が働く環境も淘汰の時代に入っており、今年は統合、吸収なんかもしている(分かっちゃうかな!?)。吸収した側の社員が生き残れば当然、契約の私なんかは切られる方向に行くかもしれない。

差し迫った危機感はまだない(←平和ボケ)が、来年3月あたりになると感じるかもしれない。

『かもしれない』、3連発。まるでキャプテン・カツーラの運転免許講習内容のようだ…。

業界、業種によっては景気のいいところもある。私が携わっている業界は景気がいいはずなのに、危機感にあおられてたりする。



医師、看護士不足というのが現在、小さく問題になっているが、私ら世代にとっては滅茶苦茶大きい問題であることをこの場で明言しときます。

今現在で、介護や年金やらで何かとゴタゴタしていますが、ツケはすべて私ら世代に還ってくるでしょう。

年金制度は私らが老人世代になると支給されないでしょうし、通院、入院となってもなかなか受け入れられない体制が現在よりもひどくなっているでしょう。

なんてったって私ら世代より下の世代は少子化なんですから…。

自分のことは自分でする、自らコミュニティを作って共同生活する場も自分たちで作る、年金はアテにしない、病院や検査機関は無人でできるようにテクノロジーの進歩に期待する…。

未来は明るいものでないとならないのですが、それは人生設計がしっかりしているかしていないかで、明るくもなり、暗くもなります。

私ら世代のみなさま、私ら世代より下の20歳代のみなさまはどうでしょう?

私は明るくもなく、暗くもなくこの10年グレーゾーンにいてる感じです。

明るい未来は自ら計画、自ら勝ち取る、これしかないです。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-12-05 07:00 | イエローアラート

八百長

相撲界での隠語「八百長」、が表に出てきている。

前・理事長の北の湖、現・貴乃花親方の貴花田時代においての「八百長」疑惑が浮上している。

これまでの朝青龍問題、若乃鵬の大麻問題、かわいがり事件に引き続く大相撲協会に取り巻く事件だが、今回の件は大相撲の将来がかかっている事象かもしれない。

相撲は国技という人もいるが、別に国技として定められたものではない。けれども日本発信のスポーツとしては柔道に並ぶものとしての認知度は世界的に認められている。

相撲の世界は封建的なシステムである。各相撲部屋の勢力争いなどは政治家の派閥争いにも似ているかもしれない。

現役力士当人は八百長している意識はなくとも、親方レベルでその指示は暗に「ここぞ!」、というときにあったとしても、それが相撲界にとってプラスのイメージになるなら、それはそれで容認できるものであったり、それがこれまでの相撲界であったのかもしれない。年間90番取り組みをする力士にとっては詳細なところまで覚えていることなんてありえない。

勝った力士がインタビューに応じても殆どの力士が詳細を「必死だった」、を理由に覚えていない。
負けた方は詳細を覚えているものだ。

スポーツに限らず、負けて知ることが多いのかもしれない。

そういう問題じゃないって!?

「八百長」は演出のうちなら見逃されていたのかもしれない。けれども、朝青龍が横綱になってからというもの相撲界を巻き込む問題は噴出。

朝青龍の相撲に対する取り組み方、人としての生き方、というのが歓迎されなかった故の結果とも言えるかもしれない。

そんな奔放な朝青龍の行動を黙認していた北の湖前・理事長はそんな朝青龍にかつての自分を重ね合わせてたのかもしれない。しかしながら、時代は許してくれなかった。

その結果がいまの状況。

八百長、あってもいいじゃない。それで繁栄できるなら…!!

八百長、あったと肯定したところで、それを告発する人はかつて金品を受け取っておきながら、暴露してしまう。

何のメリットがあるのだろう?

ひょっとして被害妄想?、貰えるものだと思ってたら負けたのに貰えなかったから反発したの?

メディアは訴えられた人ばかりを追っているが、「八百長」、と暴露した側の取材も充分して欲しいものだ。
[PR]
by nash5g31. | 2008-10-19 20:22 | イエローアラート

Panasonic

今月1日に社名を統合した元・松下電器産業株式会社。

テレビやDVD、デジカメ、といったいわゆる黒物家電はパナソニック、冷蔵庫や洗濯機、エアコンといったいわゆる白物家電はナショナル、温水便座や照明器具、シェーバー、ドライヤーもナショナルでしたが、企業的には松下電工、という組織の呼び名がすべてパナソニックに変わった日が2008年10月1日でした。

私はその傘下で職にありついている者です。

変わった、といっても、社名が変わっただけで、大きなうねりがあるわけでもなく、黒物、白物、電工、という縦割り的な役割はそのままだったりします。

世界進出のために国内販売のイメージも統一する、というのが大前提で、この先どうなるかは現場の私でも分かりません。

「ナショナル」ブランドで培ったものをある意味捨てている、と解釈される方もいらっしゃると思います。

しかしながら、現場にいる者とすれば、名称が変わっただけで、中身は基本的に変わってません、という意識が強いです。

当事者と消費者のギャップがどこまであるのかは未知数ですが、この1年で顕著になることでしょう。

基本的に主力機種に関しては製造部門は変わりません。

安価な商品、下位機種に関してはグローバル化という名の下に海外製になってしまいます。

ここは正直言って当たり外れがあるかもしれません。

この辺りは伸びてゆくか、失敗するかの当落線上にあると私個人は解釈しています。

「ナショナル」、はアメリカでの企業で既にあり、商標登録できませんでした。そこで音響関連の商品の輸出で「パナソニック」ブランドで進出したそうです。『パナ』、はすべてを表し、『ソニック』は音として響く、という意味で、すべてに響く、という意味合い、だそうです。

「松下」、は欧米の人には発音しにくいそうで、グローバル化にはマイナスポイントだったそうです。

私個人的には「松下」、言いにくいかもしれませんが、「松下」、で推すべきであるように思えます。

慣れれば発音なんて関係ないし、迎合する必要性なんて全くないと思うからです。

「パナソニック」が既にあったから、それなりに知名度があるから、グローバル化だからそうなった、統一されただけにすぎない。

この先の、というかこの1年の元・ナショナル商品の売れ行きは注目の必要があるでしょう。

国内でこけてしまったら、海外でなんて戦えません。

大変な時期に関わってしまいました…。

今月に入ってからため息が絶えません。
[PR]
by nash5g31. | 2008-10-03 23:05 | イエローアラート

事故米

三笠フーズの資本主義追求しすぎの影響により、取引先、その多くは酒造メーカーは自主回収する結果を招いている。

「事故米」。

ちょっと前はメタミドホスで中国餃子問題になったが、今回も同じような内容。

救いは『健康には影響のないレベル』、ということか…。

そもそも事故米、というのが初耳。政府の管理の甘さのほうが大問題なのだが、マスコミは次期自民党総裁選にシフトしてしまっているので、別個のものという扱い方をしている。

私は酒飲みだが、焼酎はあまり好んで飲まないので、さほど影響もないが、世界に目を向ければ、ウイスキー特にバーボンなんていうのはキレイな水より、多少汚れている、といえば語弊があるが、そこまで「清潔」、なんていうのにこだわっていない。

洋酒なんてどこまで衛生的なのか?、となると非常に疑問です。

でも、私、生きてます。

↑大袈裟でした。

これからの日本人は食べるのも、酒飲むのも命懸けにならないといけません。

なんてったって食料自給率低いんですから…。

低いから多少害があっても食用に使ってしまうのですから…。
[PR]
by nash5g31. | 2008-09-13 21:32 | イエローアラート

シリーズ・北京五輪を考える。

北京五輪を控えて「食の安全」、ってどうなの?、という特集を先日されていた。


で、思ったのは中国の近代、って模倣の文化でしかない、食の安全管理もままならない、ということだ。


オリンピックの施設ではそんなことはないだろうが、中国の庶民は野菜を専用洗剤で洗うという習慣を持っていることだ。


これだけで、「えーーーっ!!!」、と拒否反応を示す人がたくさんいらっしゃるだろう。


けれども、そうした、そうさせたのは日本だったりするのだ。


中国への技術協力(?)、で『農薬使いなさい』、『農薬使えば野菜は育ちます』、と日本が教えた故に中国人は野菜を洗剤で洗っている、という習慣がある。


今ある中国、北京五輪ができるまでになった中国があるのは日本のODA、協力、支援があったのが一因であるとも言える。


一連の聖火リレーの事例は政治的で、五輪にも影響あるかもしれないが、実際始まってしまえば然程影響もないかもしれないが、選手村での食事なんかとなると、五輪開催自体、中国の威信にも大きな影響を及ぼしてしまう。


それは中国政府が一番よく心得ていることであろうが、ここで中国と食について考えてみる。


人間は食文化と医療技術が進んでいれば長寿命、という視点で、中国の平均寿命を調べてみた。2005年のデータでは男女平均72.5歳、で68位。ちなみに日本は82.3歳で1位。しかしながら、ここで面白いデータがある。国別なのに香港、という区分けがあり、順位を見てみると男性79.1歳で2位、女性84.9歳で2位、男女平均81.9歳で2位、という上位にランキング。



商業主義が平均寿命を高める、のでしょうか?



「北京五輪で食中毒」


「北京五輪で環境汚染」


「北京五輪でマラソン中止」


「北京五輪で死者多数」


↑んなことにならないように平和的に、とは言いません、穏便に終わって欲しいものです。
[PR]
by NASH5G31. | 2008-05-02 00:22 | イエローアラート

医薬品

先週から何か風邪気味だったり、周りがそんな雰囲気だったりして私も少なからず影響を受けていた。


で、今週はじめ咳が出るようになり、1日休みを貰う。


元々今週は2連休だったが、風邪の養生に充てることになってしまった…。


病院嫌いの私は風邪といえば、「風邪薬」、である。


その「風邪薬」は先週の段階で予防の為に摂取していたため切らしていた。


予防してたのに風邪にかかったんなら『病院行けよ!』、って話ですが、私は自分で処方箋を出すことを選択しました。


かつて、今と同じような時期に咳と熱と下痢に激しく侵された経験値からすると今回のはさほどでもなかったのでそういう判断を下しました。


で、なけなしの体力を使って近くのドラッグストアへ薬を買いに行ったのですが、小型の液晶テレビから流れてくる2つの宣伝CMは『うるさい!』。風邪で思考能力が低下しているのにここでも低下を助長させるのか!、という状況である。




かつて風邪になったとき同じブランドのカプセルタイプを購入して効果があったため、錠剤タイプの方がお得感があったので購入を決めた。

で、実際服用して治ってる方向なので(※金曜の深夜の状況では完治していない。)、効果はあるのだが、同じ商品名でも錠剤とカプセルでは成分が違っていたりする事に気づいた。


同じ商品名なのに販売元、製造販売元、と全然違うし、そのあたりの詳しい注意書きもなし。


ジェネリック医薬品なのだろうか?


とも思ったりしたが、ジェネリックなら成分は同じはずだろうと思うのは私の勘違いなのだろうか?


薬ひとつとっても日本の製薬会社、海外の製薬会社の関係で商品名が同じでも成分が微妙に違う、とかってあるんでしょうか?


疑問のままです。


もし、薬がそうならば医者、病院だって同じ事が言える。


医者、というひとつの職業で分類されても…、病院、というある意味大雑把なイメージで表現されても、いろいろある。いい医者もいれば…、良い病院もあれば…、という後は言わずもがな、の如く。



商品だけはどこかしら明確な説明が買う段階で欲しいものである。
[PR]
by nash5g31. | 2007-11-17 00:15 | イエローアラート