メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ゆくえ

およそ1週間前、民主党・小沢代表の第一秘書が逮捕、起訴された事を受けて涙の記者会見。

小沢氏にとっては「秘書がやったこと」、「わたしは知らない」、「陰謀とさえ思える」、という思いがあるかもしれない、本当にそうなのかもしれない。

けれども、現在の政治状況、自民党の政権担当能力の低下、今こそ政権交代の絶好機、小沢氏にとっては長年の望みが実現する一歩手前での冷や水。それをそのまま「政権交代」があたかも半ば現実味をおびたかたちでの会見コメント、というのは全く頂けない。

それは単に驕(おご)っているだけにすぎないと、感じた人も多くいたように思える。

この一件についての鳩山氏や菅氏の小沢擁護のコメントはまるで小沢教祖の信者によるもの、それはオウム真理教の麻原を神格化する感じと酷似しているように見えた。

ここ最近になって民主党も一枚岩ではないところも出て来ているが、こうなればこうなったで、「政権交代」自体、次期衆議院選挙における戦いも党にとってはあやしくなってくる。

ここらあたりで自民からでも、民主からでも新党発足なんかをしてメディアを利用して選挙前活動をすれば新たな潮流が案外容易にできるかもしれない。

小泉元首相や渡辺善美、ちょっとはみ出し者的な人が共同戦線張ってみてくれると日本は新しい方向性というのが示されるような気がする。

日本の政治の歴史はクーデター的な政争で変革してきた(はず)。

明治維新後そういう変革は途絶えている(近年、社会党の躍進で連立政権もできたりしたが…)。

現状の自民、公明の連立政権、というのは安定しているようで、実際の生活レベルや政治レベルでは安定なんて全くしていない。

連立する、ということは互いにどこで妥協なり、折衷するなりするのではっきりしたビジョン、施策というのは希薄になってしまう。

そのいい例が定額給付金支給(支給、という表現は間違った表現かもしれない、と個人的には思うのですが、このほうが解りやすいので今回はあえてそのままで使用します)、地方の高速道路料金の低価格一元化。

景気対策、という観点からの施行ですが、他に必要とする税金の使い道なんて一切見えてこない。

北朝鮮のミサイル発射問題、や海賊対策で自衛隊派遣、ということでは有事的レベルで突発的に税金が使われているはずだ。

税金の使い方、使われ方、というのが民意にそぐわない、反映しない、というのが一番の問題で、現・麻生政権は支出ばかり目立ち、どう収拾するのかが見えてこない。

民主党もここにきて「なんや、自民党とおなじやん」、という風潮に変わっている傾向にある。

ならばどうなろうとも何にも変わらない、そんなイメージがある。

この先の選挙、というのはこの先10年くらいの日本の国としての行方、日本の政界の行方、というのを占うぐらい重要な位置づけであることには変わりない、そんな気がします。
[PR]
by nash5g31. | 2009-03-30 21:50 | マツリゴト