メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

朝青龍

性格、言動、態度、品格、いずれにおいてもこれまでの横綱、らしからぬことでありましたが、相撲自体は憎らしいほど強く、過去最強の横綱であることは間違いないでしょう。

そんな朝青龍が夏巡業ズル休みでモンゴルでサッカーに興じてたことが発覚→2場所出場停止+減俸、謹慎、という処分を受けた途端、精神不安定になり、2名の精神鑑定医に診断した結果、母国モンゴルで静養する判断が下され、近々帰国療養する方向にある。

これまで甘々処分だった朝青龍に対して相撲協会は急に厳しい処分を横綱に対して行い、賛否両論が起きている。

一相撲ファンとしては朝青龍は好きにはなれない。傍若無人というコトバが当てはまる横綱は横綱らしくなかった。けれども、相撲が強い、身体能力、精神力が高い故にその強さは渋々認めていた。相撲協会としてもひとり横綱の朝青龍は相撲、というスポーツの大看板であったが、今年になり白鵬が横綱になった事で朝青龍の代わりができたわけだ。

で、厳しい、というか甘くない処分を下した。

その処分は私個人は好き嫌い関係なしにペナルティ、として課すには妥当なものだとは思う。

が、当の朝青龍は精神的に参ってしまうまでのダメージを受けているらしい。

なぜだ?

朝青龍ほどのポテンシャル、体力なら2場所ぐらいどうって事ないでしょう。無理だったら、相撲やめてK-1なり、プロレスなりに転身するのも賢い選択でしょう。

が、

精神的不安定になってしまった(らしい)。

テレ朝系の報道番組でスポーツジャーナリストや毒舌コラムニストらがその真相について意見を述べていたが、朝青龍はサイドビジネスをやっているらしい。本来は禁止事項であるが、独り横綱時代でのわがままが国際的サイドビジネスをしている事を相撲協会は黙認していた、というのだ。

そんな憶測があるために、処分後の朝青龍の発言があるのならそれは相撲協会の首を絞めることでもあるので、モンゴルに幽閉して事が収まるのを企てている相撲協会の意図がある、というのだ。

この時点で朝青龍があれこれ暴露してしまうのは相撲人気に影響する、と協会は判断して朝青龍に口封じを行っている、という憶測が生まれる。

あれだけ強い横綱がこれほどまで脆くも精神的に追いやられるのは現役の日本の相撲の横綱だから、副業も順調に行くが、ケチがついてしまうと副業が成り立たないから精神的に脆弱になってしまっているのでしょう。

このままどうにせよ朝青龍には土俵に上がって欲しくない。もし上がったら、この現状のいざこざは何だったの?、となるでしょう。精神的にまいっている、というのが嘘になる気がします。

このまま辞めて暴露本だそうが、相撲協会を非難しようが、それはそれで仕方ない。朝青龍が悪者なのか、相撲協会が悪者、なのかはすべての膿みを出してからだと思います。

今後の朝青龍の横綱、力士としての面を見せるのか、サイドビジネスもするモンゴル人関取としての面を見せるのかで捉え方、認識の仕方は変わって来ることでしょう。
[PR]
by nash5g31. | 2007-08-07 21:06 | ヒトリゴト