メディアに触れてあれこれ気ままに、、、。


by nash5g31.

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
フェィバリット
ドラマ(シリーズ)
ムービー
マツリゴト
ヒトリゴト
アーティスト
モンハン
ゲーム
ヒストリー
ケーバ
イエローアラート
レッドアラート
スタートレック
ノンジャンル
未分類

最新のトラックバック

sakura
from M女 沙智子 奴隷日記
バージニア州、オバマ氏勝..
from お試し19800円オーダース..
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
鍋料理
from あったかお鍋情報
お鍋料理の情報です
from あったかお鍋
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
【期間限定】謝罪会見に興..
from 【期間限定】謝罪会見に興毅が..
美容・美容整形
from きれいになろう!
スパイダーマンのトビー・..
from しょこラ芸能ニュースブログ♪

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

現代の防人に関して

先日、アメリカ軍の沖縄基地移転、と自民党の憲法改正草案が同時期に報道されるのは日本において内外ともに不安をかきたてられる。

が、それぞれ別の問題だと認識しないといけない。

米軍基地移転はアメリカの軍再編成で、これまではほぼ全面的に米軍に守って貰っていたのを自衛隊との共同で、というのがタテマエだ。ホンネはアメリカの内政問題だったりする。

憲法改正問題の焦点は「9条」。これに尽きる。
憲法改正、となると私個人としては皇室典範の如く、国内の知識人、有識者が集まって議論されるべき問題だと思うのだが、委員長(発起人?)が森善朗・元総理で、原案が中曽根康弘のじっちゃん(…失礼)、と今回は自民党(与党)内での案だからそのメンバーなのだろうが、なんかまかせきれない気がする。

方向性としては共産党や福島瑞穂が反対しようとも草案に則した改正になるのでしょう。ようやく自衛隊を軍隊として法律で認められた組織になるわけだ。

20代の若い人や30代以上の政治にあまり関心のない人は知らないだろうが、自衛隊違憲論争は自衛隊発足当初から常に国会につきまとっていた。それがPKO法案が可決した頃からどんどん議論されなくなって今日に至っている。

そもそも「自衛隊」、というネーミングがよくない。改正するなら「国防軍」とか「防衛軍」とかに組織名も変えてしまえばいいのに…。

そんな自衛隊の「全指揮権を総理大臣にする」という前述の草案はきっと対中などの外交問題の火種となるでしょう。そんなことなら日本も内閣制やめて大統領制にしてしまって数年に1回、国民が政治についてとことん考える、とかの方がこれからの日本にとっては良いのではないだろうか…?

↑の根拠となるかどうか分からないが、橋本龍太郎・元総理が1億円の小切手を「受け取った」、「受け取らなかった」とかの問題が象徴するように内閣制、というのは密室政治を生み出す制度かもしれない。大統領制でも同じかもしれないが、国民が直接決定権を持って選考する点は内閣制よりも上回っている、と思うからだ。

自衛隊から自衛軍へ…、にと集約される日本の将来の分岐点にさしかかろる手前の現在、最近気になるのが自衛隊機の墜落や自衛隊員の覚せい剤所持、とかの事件事故。これが多発しているように思う。教師が暴力振るおうが、女子生徒にセクハラしようが、警官が麻薬持とうが、ピストル発砲しようが、これはあくまで国内問題で済んでしまう。しかしながら自衛隊に関する不祥事は外交問題に発展しかねない。大きく云えば日本の国益を左右しかねない。


今回の記事は以前書いた『メディア雑記』、みたいな形式で最近起きた事件を短く取上げてみようと思って書き出したのですが、「自衛隊」オンリーになっちゃいました。

自衛隊に関してはまた改めて語ってみたいと思います。


アメリカ軍の基地移転、軍再編に関しては関西在住の私にとっては正直ピンとこない問題だ。
沖縄の人にとっては由々しき問題で、軍がらみの問題は「うちなー」と「本土」の温度差が常にある。
解決するには沖縄独立。その周辺の島々とともに『沖縄連邦』とでも名乗って目指すは永世中立国。で、米軍にも自衛隊も出て行ってもらう。

そんな愚にもつかない策はともかく、こればかりはアジア情勢次第だから仕方のないことだが、それをそのまま「仕方ない」、と政治家が言うのはいただけない。大野防衛庁長官だったか…?
国民に理解を求めるために政府見解、展望を丁寧にアピールすべきである。
政治に関してつきつめると必然的に前述の見解となってしまう。
[PR]
by nash5g31. | 2005-10-30 19:08 | マツリゴト